季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

お年玉の意味と語源。子供に渡す由来は?新札やポチ袋は?

新年が近づいてきましたね。

お正月の準備は進んでいますでしょうか。

 

年越しそばやおせちの準備など食べものの準備に気持ちがいってしまいがちですが、忘れてはならないのがお年玉の準備

 

もしかして、物心ついた子どもたちにとっては一番うれしいものかもしれませんね。

 

でも、用意する側としては意外とわからないことも多いもの。

 

そもそも、お年玉ってどういう意味なの?

その名前の由来などお年玉のギモンについて調べてみました。

 

・お年玉の意味や語源は?
・お年玉をお正月に子供にあげる由来は?何歳まであげればいいの?
・お年玉には新札が良いとされる理由は?ポチ袋に入れるのはなぜ?
・お年玉の豆知識! ポチ袋の書き方!年齢や価格相場は?

 

Sponsored Link

お年玉の意味や語源は?

 

いただいているときはもちろん、あげる側になってもそもそもお年玉ってどんな意味があるの?

なんてことはあまり考える機会がないものですよね。

 

昔、お正月の歳神様には鏡餅が奉納されており、その鏡餅は参拝者に分け与えられていたのだとか。

 

その鏡餅、もともとは鏡を形どっていて、鏡は人々の魂を映すものとされていました。

 

次第に『魂 → 玉』と変化し、歳神様の鏡餅(魂 → 玉)ということで「歳玉」となりました。

 

また、神様から分け与えられたありがたいものだったため「御」がつけられ、「御歳玉」となりました。

 

古来の神事でお年玉には、神様のパワーを分け与えられたもの”という意味があったのですね。

 


Sponsored Link

お年玉をお正月に子供にあげる由来は?何歳まであげればいいの?

 

お正月にお年玉を子どもにあげる由来は?

もともとは、歳神様から分け与えられたありがたいお餅だったお年玉。

 

今では、すっかり子どもにあげるお正月のおこずかいのような位置づけになっていますよね。

 

では、子どもにあげるようになった由来は何なのでしょう。

 

お年玉の習慣が始まった時期については諸説あり、はっきりとはしていないのですが、どうやら江戸時代の頃にはお餅やほかの品物やお金なども渡されていたようです。

 

そしてもともとは、目上の人から目下の人へと渡されていたものでしたが、次第に大人へのお年玉がなくなっていき、また、内容もお餅や品物からお金になっていきました。

 

そうして今の形へと変化したようです。

目上の人から目下の人へ、という究極の形というわけですね。

 

お年玉をあげるのは何歳まで?

 

また、いったい何歳まであげるの?というのも気になる点だと思います。

 

自分の例でいうと、たいていは18歳までだったように思います。

 

というのも、高校を卒業し進学を機に親元を離れ一人暮らしをした私は、親戚となかなか会う機会がなくなってしまったんですね。

 

一方で祖父や祖母、両親たちは大学を卒業し、社会人として働き出すまで渡してくれていました。

 

感謝感謝ですね!

 


Sponsored Link

お年玉には新札が良いとされる理由は?ポチ袋に入れるのはなぜ?

 

お年玉をあげる際に忘れてはならないのが札とポチ袋の準備。

新札やポチ袋を用意するのも意味があるんですよ。

 

子どもにあげるものといえども、子どものお年玉はたいていご両親が管理するもの。

 

新年早々失礼のないように、マナーは守っておきたいものです。

 

なぜ新札が良いのかというのは、「事前に用意しておきましたよ^^」という心遣いを伝える手段だからなんです

 

結婚や出産のお祝いも事前にわかっているおめでたいことで、新札を用意しますよね。

それと同じなんです。

 

ポチ袋に入れて渡すのも同じような意味があります。

 

お祝い事ではないので、ご祝儀袋より控えめなポチ袋で用意するのが一般的です。

 

お年玉の豆知識! ポチ袋の書き方!年齢や価格相場は?

出典:http://www.hankyu-dept.co.jp/

出典:http://www.hankyu-dept.co.jp/

 

ポチ袋にはぜひ「○○くん(ちゃん)へ」と宛名かいてあげましょうね。

書く場所は表側になります。

 

裏側には、あげる側のことを書きます。

おじいちゃんよりなど、子どもが分かりやすいように表現してあげると良いですね。

 

名前が書いてあると子どもも「自分のために用意してくれたんだ~」と嬉しいものです。

 

 

 

ポチ袋の用意ができたところで、いよいよ中身です。

どれくらいあげたらいいか迷ったりもしますよね。

 

少なすぎてもいけないですし、だからといって多すぎる金額も考え物です。

 

最近の相場とされるものををまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

0~3歳 → 硬貨で用意できる金額

未就学児 → ¥1,000

小学生  → ¥2,000 ~ ¥3,000

中学生  → ¥5,000

高校生  → ¥5,000 ~ ¥10,000

大学生  → ¥10,000 ~

 

せっかくなので気持ちの伝わるお年玉を用意しましょう。

 

【関連記事】

お年玉袋のお札の入れ方や折り方。向きや金額、のり付けは?

お年玉の平均相場一覧(小学生・中学生・高校生・大学生・赤ちゃん)

おみくじの順番と意味。半吉や末吉は?地域別の呼び方は?

絵馬の書き方。恋愛、合格、健康、結婚、安産、就職、商売。

お正月の神棚の飾り方や期間。お供え物やしめ縄はいつまで?

小正月の意味と由来。小豆粥を食べる理由。なぜ餅花を飾るの?

 

お年玉の本来の意味や由来についてご紹介しました。

 

大人になるとちょっと手間だったり痛い出費だったりするお年玉も、子どもにとっては心待ちにしているものであることを、ぜひ忘れないでほしいですね。

 

あげる子どもの喜ぶ姿を想像しながらポチ袋を選んでみるのも楽しいものです。

 

敢えてシンプルなポチ袋を選んでお正月らしいシールを使い、ポチ袋のデコレーションを楽しむのもおすすめですよ。

 

良いお正月をお迎えくださいね!


Sponsored Link