季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

お年賀の意味。タオルやお菓子は?お歳暮や年賀状との違い。

皆さんは「お年賀」という言葉に聞き覚えがあるでしょうか?

 

お年玉や年賀状は幼い頃から馴染みがあると思いますので、大抵の方はよくご存知だと思いますが、お年賀は大人のマナーなので馴染みが無い方もいらっしゃるかも知れません。

 

よく間違えられるのが「お年始」と「お年賀」。

実はお年始とお年賀はのものなんですよ。

 

うっかり「お年賀の挨拶に伺わせていただきます」と言ったら大恥をかいてしまうかも!?

 

そこで今回は、知っていそうで意外と知らない大人のマナー「お年賀」について、その意味や由来を交えてご紹介したいと思います。

 

・お年賀の意味や由来は?
・タオルやお菓子を贈る理由は?お年賀にふさわしいもの
・お歳暮や年賀状との違いは?
・お歳暮とお年賀。両方贈るのがマナーか?

 

Sponsored Link

お年賀の意味や由来は?

 

お年賀、お年始、お年玉に年賀状。

どれもお正月に使う言葉ですが、全くのものです。

 

特に間違えやすいのが「お年賀」と「お年始」。

そこで先ずはお年賀とお年始についてお話しますね。

 

お年賀の意味は?お年始との違い

 

お年始とは、正月に新年を祝って年頭の挨拶に行く行為を言います。

通常は目下の者が目上の方へ挨拶に伺います。

 

正式には正月の三が日に挨拶に行くことを指しますが、場合によっては三が日以降でも仕事始めや商売始めなどにまわる挨拶を言うこともあります。

 

「お年始」に行けないような遠方の方々に、お年始の代わりに送る挨拶状が年賀状ですね。

 

そして、お年始の際に持参する贈り物が「お年賀です。

 

ですから、事前に電話などで相手先の都合をうかがう時は「お年始に伺わせていただきます」が正解。

 

 

お年賀は本来お年始の際に持って行くものなので、郵送や宅配を使わずに持参するのが礼儀でしたが、近年においてはこのしきたりも崩れつつるのが実情です。

 

止むを得ない場合は郵送や宅配を利用しても不自然ではありません。

 

しかし、お中元やお歳暮ほど郵送・宅配が浸透していないので、可能な限りお年始にお伺いして手渡しする方がベターです。

 

また、郵送・宅配を利用する場合は、お店から直送しないのが大人のマナー。

 

面倒でも1度お店から自宅に引き取って、改めて自宅から郵送・宅配するようにしましょう。

 

お年賀の由来

 

お年賀はもともと、様への献上物として発達してきたものです。

日本人は元々農耕民族なので、五穀豊穣の神様を篤く信仰してきました。

 

毎年新年になると、どの家にもその年の「歳神様」が降臨してくるという歳神信仰があります。

 

歳神様をお迎えするのに失礼がないよう、年末には大掃除をして正月の飾り付けをし、新しい歳神様をお迎えしてきたのです。

 

この歳神様へ献上する供物がお年賀の由来であると言われています。

古く奈良時代には、既にお年始まわりという風習ができあがっていたそうですよ。

 

 

従って、新しい歳神様をお迎えするお祝いをしない、つまり中である相手先へは「お年賀」は持参しません。

 

年賀状を送らないのと同じ理由ですね。

この場合は「お年賀」でなく「寒中見舞い」として贈ります。

 

お年賀を贈る時期

 

お年賀を贈る時期=お年始に伺う時期ととっても良いのですが、近年においては郵送・宅配を利用する場合もあるので、お年賀を贈る時期としておきましょう。

 

これは関東と関西では少し違うと言われています。

関東のお正月(松の内)は1月7日まで、関西の松の内は15日までというのが理由です。

 

本来は正月の三が日(3日まで)にするお年始でしたが、相手先の都合を考慮したり、仕事始めや商売始めを考慮して、松の内にお年始を済ませる場合が多くなりました。

 

これに伴って、お年賀を贈る時期も「松の内」まで、というのが主流です。

 

止むを得ない事情によって、松の内を過ぎてしまった場合は「寒中見舞い」を使用すると良いでしょう。

 


Sponsored Link

タオルやお菓子を贈る理由は?お年賀にふさわしいもの

お年賀にタオルが多用される理由

 

お年賀にタオルをもらう方は多いのではないでしょうか?

様々な小売店やデパート、会社などから年賀タオルが配られますね。

 

年賀タオルにはご贔屓のお客様への感謝と、「今年もご愛顧をお願いします」の意味が込められています。

 

「年賀タオル」という単語ができあがっているほど、お年賀に多用されるタオル。

中にはご丁寧に、送り主の店名や会社名がプリントされているものもありますね。

 

これは宣伝効果も狙ってのことですが、タオルが多用される理由はコスパ的な理由だけでは無いんですよ。

 

ご贔屓のお客様へタオルを配る風習は、江戸時代の歌舞伎役者が手ぬぐいを配ったことに由来するのだとか。

 

時代が変わって手ぬぐいからタオルになったんですね。

 

お年賀にお菓子を贈る理由は?

 

お年賀にお菓子を贈ることも多いですね。

これにもいくつか理由があります。

 

1つは昔は甘いものが貴重だったから、という理由。

また、お祝いごとにはお饅頭などの甘いものを配る風習が発達したためだとも言います。

 

どちらにしても、砂糖を多用する甘いお菓子は日持ちがする上、昔は貴重なものだったので喜ばれたのでしょう。

 

また一説によると、お正月のおせちやお雑煮といった食事が続いて、飽きを感じてしまっていることが多いため「お口直しにどうぞ」との気遣いも込められているんだそうですよ。

 

お年賀に他にもふさわしいものは?

 

一般的に、お年賀にはタオルやお菓子などの消耗品を用いることが多いです。

他にはその年の干支をあしらったものや、フルーツ、お酒なんかも多いですね。

 

お酒はお祝いの意味も込められているので、相手がお酒を飲まれる方ならお年賀にふさわしいと言えます。

 

基本的には贈った相手に喜んでいただけるものならOK

相手の家族構成や年齢、季節感を考慮して選んで下さいね。

 


Sponsored Link

お歳暮や年賀状との違いは?

お歳暮とは?

 

お歳暮という言葉もなじみ深いですね。

 

お歳暮とは一年の締めくくりに、今年1年お世話になった方々へ日頃からの感謝を込めて贈る品の事をいいます。

 

通常は目下から目上の方へ贈るもの。

地域によって多少習慣が違いますが、大抵12月の初めから20日頃までに贈るのがマナーです。

 

年賀状とは?

 

年賀状は、平安時代の頃に遠方のためにお年始まわりのできない方へ、年始代わりの挨拶状として出されたのが始まりだと言われています。

 

そのため、お年始まわりをする方(お年賀を贈る方)へは年賀状を出さないのが本来の形なのだとか。

 

しかし近年では旧年中の感謝と新年の厚情を賜るものとして差し出すのが一般的ですね。

 

従って、年賀状を出した相手に改めてお年始に伺っても失礼にはなりません。

 

お歳暮とお年賀。両方贈るのがマナーか?

お歳暮とお年賀の両方を贈るのがマナーか否か?

については、実は賛否両論があります。

 

「お歳暮を贈っていたらお年賀は不要」説

 

お歳暮は一年の締めくくりの挨拶であるとともに

 

先方のお正月の準備に間に合うように」との心遣いから贈られてきたのものなので、お歳暮を贈っていたらお年賀は不要だという説です。

 

お歳暮もお年賀も時期が近いため、挨拶の品を何度も贈るのは、贈られた相手が恐縮してしまう場合もあるし、逆に失礼に当たります。

 

従って、お年賀を持参する場合は「年末の挨拶ができず、申し訳ありません」という意味を込めて、改まった品を贈るのがマナーです、という考え方です。

 

「お歳暮を贈っていてもお年賀必要」説

 

お歳暮は「今年一年お世話になりました」との締めくくりのご挨拶、

お年始は「今年もどうぞよろしくお願い致します」の一年の始まりのご挨拶。

それぞれの時期は近いけれど、挨拶の意味は全く異なるものなのでお歳暮を贈っていてもお年賀は必要です、という説。

 

そもそもお年始に伺うのに手ぶらは失礼です。

 

従って、お歳暮を贈っている相手でもお年賀を持参して年始の挨拶に伺うべきです、という考え方です。

 

結局どちらが正しいの?

 

どちらの説をとるかは、さんのお考え次第でしょう(^^;)。

 

ちなみに私はその中間をとっています。

つまり、付き合いの深さによって区分けしているんですね。

仕事上だけの付き合いの方へはお年賀だけ、
それより少し親しい方へはお歳暮だけ贈り、
とても親密な方へはお歳暮とお年賀の両方を贈る。

といった具合です。

 

他に何か良い案がある方がいらっしゃいましたら、ぜひコメント下さると嬉しいと思います。

 

ちょっと変わった花年賀もおすすめ

 

【関連記事】

お年賀の時期やおすすめは?ビジネスや喪中の時は?

喪中のお年賀の挨拶マナー。手土産の渡し方やのしの書き方。

お歳暮の時期。関東や関西はいつ?過ぎた時のマナーは?

年賀状はいつまでにポストへ投函すれば元旦に届くの?期間は?

寒中見舞いの文例は?時期はいつからいつまで?結婚や出産の場合

しめ飾りの意味。飾る期間は?飾り方の向きや場所は?

お年玉袋のお札の入れ方や折り方。向きや金額、のり付けは?

 

ちょっと変わったお年賀を用意したい方におすすめなのが花年賀

某有名ギフトフラワー店が推しているせいか、近年特に人気が高まりつつあります。

 

実は私、もう10年以上前からお年賀に啓翁桜(けいおうざくら)という桜を利用しているんですよ。

 

啓翁桜は主に山形県で栽培が盛んな桜で、お正月に合わせて開花するよう出荷してくれるんです。

 

年末のうちに啓翁桜を取り寄せておいて自宅のバケツに入れて放置するだけで、お正月には丁度良い咲き具合になってくれるので非常に便利です。

 

早く咲かせたい場合は霧吹きで水を吹いてあげれば開花が早まりますし、遅くまで長持ちさせたい場合は寒い場所に置いておけは2~3週間は開花しています。

 

は「春」を意味するので、新春のお祝いには喜ばれる花ですね。

 

最近はお花屋さんでも見かけることが多くなりましたので、興味がある方は探してみて下さいね。


Sponsored Link