季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

お腹がチクチク痛い原因と対処法。おへそ周りや右左の痛みは?

原因は分からないけど、なんだかお腹がチクチク痛い時ありませんか?

 

女性の場合、それが胃なのか子宮の痛みなのかはっきりしないかもしれません。

 

このチクチクした痛み。

いつも通り過ごしていると、気づけば治まっていたという事もあるかと思います。

 

病院へ行くほどではなければ、原因も分からないままになってしまいますよね。

そのままにしておくのも、少し不安が残るかもしれません。

 

そこで、今回はお腹がチクチク痛い原因について、調べてみました。

 

・お腹がチクチク痛い原因は?
・おへその周りが痛い原因は?
・お腹の左側と右側では、原因が違うの?両方痛い時の原因は?
・お腹がチクチク痛い時の、対処法は?

 

痛い場所によって、原因や対処法も違うと思います。参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored Link

お腹がチクチク痛い原因は?

 

お腹が痛い場所によって、その原因は違ってきます。

お腹の上の方がチクチク痛い時は、胃腸等の内臓系の異常が疑われます。

胃の痛みはストレスが原因とも言われますよね。

 

ストレスを感じることで、胃腸に負担のかかるような生活習慣をしているのかもしれません。

まずは、今の生活を振り返ってみましょう。

 

お腹の下の方にチクチクと痛みがあるときは、虫垂炎・腸炎・潰瘍性大腸炎など大腸系の病気が心配です。

 

どちらも、活を改善することで慢性化するのを防ぐことができます。

痛みが長く続いたり、原因が気になる人は一度きちんと病院で調べてくださいね。

 


Sponsored Link

おへその周りが痛い原因は?

 

おへその内側が痛い時は、ストレスが主な原因といえます。

 

仕事や育児だけでなく、環境の変化や温度差でも知らない間に、体はストレスを溜めてしまいます。

 

なかなかゆっくり休めないのが、現状かと思いますが症状が重くなる前に、プチ断食などで胃腸を休めるのも良いかもしれません(^-^)

 

 

おへその外側が痛い時の原因のほとんどは、おへそに固まったが直接痛みに関係している場合です。

 

自分で見て分かるようなら、コットンや綿棒を湿らせて優しくおへその掃除をしてあげましょう。

 

植物性のオイルを使ってケアすると、垢が取れやすいですよ。

 


Sponsored Link

お腹の左側と右側では、原因が違うの?両方痛い時の原因は?

 

お腹の右側が痛い時の原因は?

 

お腹の右側が痛い時の原因は、いくつかあげられます。

 

もし虫垂炎(盲腸)なら痛みが右側に広がり、吐き気や熱が出ることもあります。

だんだん、痛みが強くなるようならすぐに受診しましょう。

 

クローン病は、右下の痛みで他に熱や下痢、倦怠感などの症状がみられます。

原因は、食物中の物質や微生物といわれますが、はっきりと分かっていないようです。

 

 

空腹時に右上に痛みがあるときは、十二指腸潰瘍かもしれません。

 

お腹の右上の痛みは、にも肝臓や胆嚢の病気が原因となるときもあります。

 

 

なかなか、自分では見分けがつきにくいので自己判断は止めておきましょう。

 

お腹の左側が痛い時の原因は?

 

・胃炎(左上部)・胃潰瘍(左上部)

・急性腸炎(左下部)

・急性・慢性膵炎(左上部)

・潰瘍性大腸炎(左下部) などです。

 

特に大腸が炎症を起こすと、痛みや下痢が続くことがあります。

左側といっても、胃から大腸まで場所は特定しにくいですよね。

 

市販の薬を買うときは、痛みの場所に気をつけて購入してくださいね。

 

両方が痛い時の原因は?

卵巣は左右両方にあるので、どちらに痛みがある場合でも、卵巣出血・嚢腫・卵管炎の可能性があります。

 

病気ではないのですが、排卵時にチクチク痛みを伴う場合もあります。

 

人によっては激痛の時もあるようなので、調べてみても子宮に異常がなかったら、排卵痛かもしれません。

 

 

他に、お腹の全体が痛い場合の原因として便秘があります。

 

便秘に悩まされている人は、多いのではないでしょうか?

慢性化してしまえば、すぐに改善するのは難しいですよね。

 

玉菌がお腹に溜まった状態が続くと痛みの原因になります。

生活のリズムや食事で、腸の中を整えましょう。

 

発酵食材で、便秘解消!

 

痛みの対処だけでなく、腸がきれいになると肌も生き生きしてきます。

無理せず良いリズムを続けて改善しましょうね。

 

お腹がチクチク痛い時の、対処法は?

 

【関連記事】

過呼吸の原因や対処法とは?過呼吸の症状に陥った時にすること

貧血の原因まとめ。男性、女性、高齢者の原因と病気の可能性

寝ちがえの原因と予防法。背中、首、肩の寝ちがえは内臓が原因?

妊娠中にお腹がグルグル鳴るのは病気?原因と赤ちゃんへの影響

 

お腹がチクチク痛い時は、食生活や生活習慣の改善に努めましょう。

 

甘いものや冷たいものを取りすぎてはいませんか?

糖分以外にも、パンや麺類など、小麦粉の取りすぎは体を冷やしてしまいます。

 

普段、料理に白砂糖を使っているなら、オリゴ糖やきび砂糖に変えるだけでも、糖を減らすことはできますよ。

 

 

痛みと共に下痢の症状があるなら、暑い季節ですが痛みがなくなってもジュースやアイスクリームなど、しばらく食べるのは控えましょうね。

 

事も八分目で抑えて、たんぱく質を多く取るように心がけてください。

 

 

冷房で体が冷えると、腸の機能が低下してしまいます。

冷房の効いた部屋で過ごすときも、足首や腰は冷やさないように心がけましょう。

 

普段の過ごし方を改善することで、お腹がチクチク痛むのも予防することができます。

 

それでも痛みが頻繁だったり下痢や熱などの症状があるなら、病院で診察してもらってくださいね。

 

 

少しなら…と、我慢せず一度受診することで、痛みの場所が特定でき予防もしやすくなると思いますよ(^-^)

 

まずは、日の食事で体を整えてみましょうね。


Sponsored Link