季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

お腹が鳴る原因と防ぐ方法!空腹時でも鳴る理由と対策。

みなさん「お腹のぅ~!」が発動されることってありませんか?

 

静かな環境の中で特大の「ぐぅ~!」を出して、恥ずかしい思いをした経験がある方もいるかもしれませんね。

 

この「お腹のぐぅ~!」をどうにかできないものかと、今回は「お腹のぐぅ~!」にとことん迫ってみました。

 

お腹が鳴る原因や防ぐ方法についていろいろと調べたので、お腹がよく鳴る人や防ぐ方法を探している方は必見ですよ。

 

・「グゥ~!」とお腹が鳴る原因は?空腹時でも鳴るのはなぜ?
・猫背はNG!仕事や授業中にお腹が「ぐ~!」と鳴るのを防ぐ方法は?
・早食いはダメ!お腹が鳴りやすくなる行為は?
・お腹が張るのは病気?空腹は避けたほうがいいの?

 

Sponsored Link

「グゥ~!」とお腹が鳴る原因は?空腹時でも鳴るのはなぜ?

お腹 鳴る 女性

 

「お腹のぐぅ~!」と鳴る原因は、お腹が「元気に動いていますよ~。働いていますよ~。安心してくださいね。」と言うサインなのです。

 

というのも、腸が縮んだり広がったりしながら消化を進める「蠕動(ぜんどう)運動」をしているときに出る音が「ぐぅ~!」で、「ぎゅるる」も「きゅ~」も、同じなのです。

 

蠕動(ぜんどう)運動をしているのは、消化のときだけではなく、空腹のときにも行われているので、どうしても「お腹のぐぅ~!」が発動されます。

 

「お腹のぐぅ~!」は、食事の後でも、空腹のときでもいつでも発動します。

食事のあとの「ぐぅ~!」は、消化していますよのサインです。

 

実は、食事のときに食べ物と一緒に空気も胃腸へと入っていきます。この空気が、蠕動運動によって動かされ「お腹のぐぅ~!」に繋がるのです。

 

空腹で胃腸に消化するものがなくても、空っぽの胃の中の空気が動くので「ぐぅ~!」と鳴るのです。

 

蠕動運動は、体が正常に働いているというサインなので、どうしても「お腹のぐぅ~!」へと繋がってしまうのです。

 

でも安心してください!

「お腹のぐぅ~!」が発動させないよう、大人しくさせるコツがあることが分かりました。さっそくお腹が鳴るのを防ぐためにも、日常で実践しちゃいましょう。

 

猫背はNG!仕事や授業中にお腹が「ぐ~!」と鳴るのを防ぐ方法は?

OL 姿勢が良い

 

お腹がすいたと感じて「ぐぅ~」と鳴るのは、自然なことで、しかも、空腹を実感するとアンチエイジングにも繋がるという嬉しい効果もあるのです。

 

かと言って、特大の「ぐぅ~」も、小さい「ぐぅ~」の音も周りに知られたくないですよね。

 

お腹がすいた時は、上記でも触れたように「胃の中の空気が動いて鳴る」ことが多いのです。「お腹のぐぅ~」を静かにさせたくて体を丸めたり、猫背になってしまいがちですが、これが逆効果なのです。

 

胃の中の空気を少なくすると「お腹のぐぅ~」は大人しくしてくれます。

お腹がすいたときの「お腹のぐぅ~」には、背筋を伸ばすことが効果的に働きます。

 

背筋を伸ばすと、お腹も引っ張られ「横長の胃」から「縦長の胃」へと変わり、空気の量を少なくすることが出来るので「お腹のぐぅ~」の発動を抑えることが出来るのです。

 

さらに、お腹に力が入るので、お腹周りのダイエットにも期待ができちゃうのですよ。

 

お腹の空腹を知ってアンチエイジングに繋げつつ、「お腹のぐぅ~」を防ぐためにも、猫背ではなく、背筋を伸ばしてくださいね。

 


Sponsored Link

早食いはダメ!お腹が鳴りやすくなる行為は?

女性 食事

 

食事の後にお腹がぐぅ~と鳴るのは、食べ方で防ぐことができます。

 

私たちは食事のときに、食べ物だけではなく空気も一緒に取りこんでいます。鼻をつまんで食事をしてみると、苦しくて食べ物も喉を通りません。

 

実際に空気を一緒に取りこまないように、鼻をつまんで試してみるとわかりますが、ちょっときついです(^_^;)。

 

空気を一緒に取りこむのは、消化にも必要なことで胃の中で食べ物が消化されて動くためには、空気が必要なのです。

 

しかし、ここで気をつけたい食べ方があるのです。それが「早食い」です。食事のスピードが人よりも早い方や、丼もの、ラーメンなどの麺類が好きな方は要注意です。

 

麺をすする・ご飯をかきこむ・スープをごくごく飲むなど、次から次へと食べてしまうなどというときには、必要以上に空気を一緒に取りこんでしまうことがあるのです。

 

必要以上に空気を取りこんでしまうのは、特大の「お腹のぐぅ~!」に繋がる可能性が高いので気を付けましょうね。

 

自分が「お腹のぐぅ~!」と仲がいいのはどうしてかを知る

「お腹のぐぅ~!」がよく鳴るのは「早食い」「大食い」が原因の可能性が高いです。

 

「お腹のぐぅ~!」の原因の理由が分かれば、あとはゆっくりとよく噛んで食べるようにすることで防ぐことができます。

 

女性であれば、周りから「女性らしい」「おしとやかに見える」と言われるようになりますし、お腹がぐぅ~!と鳴るのも防ぎつつ、女子力も自然と上がるのでいい事づくし!

 

お腹が良く“ぐぅ~!”と鳴ってしまう原因を知ることは、今後の生活でお腹が鳴るのをしっかり防ぐためにも、とても大事なことなのです。

 

お腹が張るのは病気?空腹は避けたほうがいいの?

女性 ダイエット中

 

お腹が張って「ぐぅ~!」と鳴るのと、今まで触れてきた「お腹のぐぅ~!」とはちょっと違うことがあります。

 

女性に多い「便秘症」を始めとし、ストレスによって呼吸が浅くなり胃腸の動きが低下することで「胃の中にガスが溜まりやすい」状態だったり、鼻に持病があるため食事のときに必要以上に空気を取りこんでしまうなど、何かしら体に負荷がかかっているときには、お腹が張りやすくなるのです。

 

お腹が張っているときには、腸内でガスが溜まり「ガスを外へ出したい~!」と主張し始めます。これがお腹の張りによってお腹がぐぅ~!と鳴ってしまうのです。

 

ガスが溜まったときの「お腹のぐぅ~!」の解消には、便秘の改善・ストレスの緩和・持病の治療・マッサージとたくさんありますし、様々な情報が多くて迷いますよね。

 

様々な対処法を試す前に、見直したいポイントをチェックしてみましょう。

 

生活リズムが乱れていないか、胃腸に負担をかけていないか見直す

夜更かしすることが多い・食事に偏りがある・睡眠時間が短いなど、生活リズムが乱れると腸内環境のバランスが取りにくく便秘に繋がることがあります。

 

なかなか眠れない・イライラする・暴飲暴食をしてしまう・むくみやすい・お腹いっぱい食べてしまう・ダイエットをしていて食べる量が極端に少ないなど、ストレスがきっかけで負荷がかかるときにも、腸内環境が乱れやすく、お腹の張りに繋がるのです。

 

お腹が張っているときの腸内は?

腸 イラスト

 

腸内環境が乱れてお腹が張っているときの腸内は、悪玉菌が張り切って働き増えていきます。

 

悪玉菌は、腸内でも善玉菌と悪玉菌にも偏らない、中立の立場にある菌を仲間に引き込み「お腹張れ~!」「お腹張れ~!」と指示します。

 

ここで「胃」ではなく「腸」が張っているので「お腹のぐぅ~!」ではなく「腸のぐぅ~!」が鳴るのです。この時の腸内は悪玉菌の「ガス」が溜まり、お腹の張りの原因と繋がるのです。

 

女性と切っても切れない永遠のテーマ「ダイエット」で食事を極端に控えて空腹状態が続くと、体はエネルギーを最小限にしようと働きます。

 

最小限の働きしかしないので、「消化」を十分にするだけのエネルギーが足りなくなります。

 

消化がスムーズに行われないまま腸へと移動するのですが、腸も最小限の働きしかしなくなるので、うまく外へと出せないまま腸内へ溜めこみます。

 

溜めこんだものはそのまま腐敗した状態になりガスを発生して、お腹が張る原因の一つとなるのです。

 

生活リズムの乱れや、胃腸に負担がかかる・胃腸が正常に動きにくいときに、いい薬や運動をしても、なかなか改善されないのは、体そのものの改善をしていないからなのです。

 

生活リズム・食事などを見直し「お腹のぐぅ~!」も「腸のぐぅ~!」も予防!

【関連記事】

お腹がチクチク痛い原因と対処法。おへそ周りや右左の痛みは?

食後の胃痛の原因。みぞおちがキリキリ痛む理由。下痢の時は?

お腹やみぞおちがキリキリと痛い原因と治し方。食後の下痢の原因は?

妊娠中にお腹がグルグル鳴るのは病気?原因と赤ちゃんへの影響

氷を食べたい!止まらない!氷食症の原因と予防改善方法

 

「お腹のぐぅ~!」と仲がいい方は、食事のスピード・食事の内容を見直し、猫背を避けるというポイントを押さえて「ぐぅ~!」の発動を抑えちゃいましょう。

 

「腸のぐぅ~!」と仲がいい方は、生活リズムを整える・ダイエット方法を見直す・ストレスでの暴飲暴食を避けるというポイントを押さえて「ぐぅ~!」の発動を抑えちゃいましょう。

 

「お腹のぐぅ~!」も「腸のぐぅ~!」も、ポイントを押さえて見直すことで「自身の気付き」に繋がります。「気付き」は、体を整えながら「ぐぅ~!」を防ぐことにとても大事です。

 

「ぐぅ~!」と鳴ることは、決して悪いことではないのですが、そのきっかけを作っているのが自分自身だったりするので、まずは自分自身のライフスタイルチェックをして、改善ポイントを見つけて、「ぐぅ~!」と鳴るのを防ぎましょう。

 

あともう一つ!女性はお腹周りを冷やすと、胃腸の動きが落ちて「ぐぅ~!」と鳴る原因となるので、気を付けてくださいね。