季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

入園式ママバッグおすすめの色デザイン!人気のブランドや選び方。

Sponsored Link

園式は子供の晴れの舞台です。

 

子供が主役ではありますが一緒に入園式に参加するママやパパの服装が場違いだと白い目で見られる事もありますよ。

 

特に服装はきちんとしているのにバックが場違いだとママさんも恥ずかしい思いをします。

 

入園式のママバックのおすすめのデザインや色、人気のブランドについて紹介します。

・入園式のママバッグの選び方やマナーは?
・入園式のママバッグにおすすめの色やデザインは?
・入園式のママバッグおすすめはこちら!
・入園式のママバッグに人気のブランドは?

 

Sponsored Link

入園式のママバッグの選び方やマナーは?

ママバッグ 選び方

 

入園式ではこのバック!

という決まりはありませんが、入園式があれば卒園式も経験します。

 

一つきちんとしたバックを持っていても良さそうですね。
入園式でのバックの選び方やマナーを紹介します。

 

適度な大きさ

入園式のあとには書類や資料を配布されます。

 

「全部バックに入れないと」と大きなバックを選ぶママも多いですが、大きくなくても大丈夫です。

 

適度な大きさのバックを選び配布物はサブバックにいれるスタイルをとるママさんもいます。

 

入園式に大きなバックを持っていくよりも小ぶりなバックの方が上品に見えます。

 

服装にカラーを合わせて

服装 カラー
バックと服装があっていなければ浮いてしまいます。
バックは服装に合わせて色を決めましょう。

 

入園式で選ぶスーツの色は白やベージュ、薄いピンク、クリーム、薄いブルーが多いと思います。

 

華やかで上品なカラーのスーツに原色のバックは似合いません。
入園式のバックは服装に合わせましょうね。

 

あからさまなブランドは避ける!

入園式の場ではきちんとしたバックを選びたいとの事でブランドのバックを選ぶママも多いですね。

 

一流ブランドのバックは華やかで品があるので入園式にはピッタリだと思いがちですが、あからさまにブランドと分かるようなロゴが大きくデザインされているバックは目立ちすぎます。

 

ママによっては良い印象を持たない方も居ます。
悪目立ちしないようにさり気なさを!

 

NGバックを選ばないようにしよう!【マナー】

入園式にふさわしくないバックもあります。

・柄が派手なモノ
・エナメル素材
・動物の皮で出来ているバック
・ブランドのロゴが目立つもの

子供の晴れ舞台に!

と張り切り過ぎて場違いなバックを選ばないようにしましょう。

・カジュアルすぎるバック
・汚れや痛みが酷いバック

また、逆に張り切り感ゼロ!

で服装に合わないカジュアルなバック、汚れが酷いものを選ぶと浮く、浮かないの問題ではなく嫌な印象を植え付けてしまいます。

 

入園式のママバッグにおすすめの色やデザインは?

ママバッグ 色 デザイン
次に入園式に持っていくバックのカラーですが、地味過ぎると暗い印象になるし考えてしまいます。

 

また、バックのデザインも悩みますね。
カラーデザインについて紹介します。

 

入園式におすすめのカラー

入園式 おすすめ
入園式に着るスーツの色によってバックのカラーも考えましょう。

スーツはホワイト、ベージュ、クリームや淡いピンクを選ぶママが多いでしょう。

中には入園式、卒園式に着られるようにと黒やグレーを選ぶママもいますね。

 

スーツが黒系のカラーの時にバックも黒系にすると暗いイメージになってしまいます。

全体的に暗くならないようにベージュやオフホワイトなどの上品なカラーを選ぶと明るくなりますよ。

 

入園式におすすめのバックのデザインは?

入園式に持つバックはママさんの好みで選んでもOKです。

 

ですが、入園式だけじゃなく普段使いしたい~というママもいると思います。

 

入園式にピッタリで使いまわしが可能なおすすめバックを紹介します。

 

ショルダータイプ

入園式でフォーマルに決めたい所ですが、子供は初めての行事でドキドキ、ソワソワです。

 

両手が使えた方が何かと便利なのでショルダータイプは重宝しますよ。

 

ショルダー部分を短くすれば普通にバックとしても使えるタイプなら斜めかけしなくてもきちっとフォーマルスタイルが可能です。

 

スクエア型 フォーマルバック

台形のデザインは荷物がたっぷり入ります。

 

入園式にバックは2つ持ちたくない!

って方はスクエア型のバック一つあれば配布物などの荷物もバッチリ入りますよ。

 

2WAY バック

スクエア型は荷物が沢山入り、用途に合わせて肩にもかけられます。

 

書類などの配布物が多い入園式にピッタリです。

 

ミニバック

バックは小ぶりですがデザインによっては荷物もしっかり入ります。

 

フォーマルデザインなので入園式にはピッタリです。

 

必要な物が取り出しやすいので参観日やママ友会にもピッタリですよ。

 


Sponsored Link

入園式のママバッグおすすめはこちら!

入園式におすすめのバックを紹介します。

 

何を選んでいいのかなぁ~と迷ったときには参考にして下さいね。

牛皮素材 上品

www.rakuten.co.jp

 

シンプルなデザインですが牛皮素材なのでとても上品です。

 

大きさも大きすぎず、小さすぎないので入園式の他にも参観日や御呼ばれにも大活用できます。

 

カラーは黒とライトベージュの2色展開なのでスーツの色に合わせて選びましょう。

スクエア型 普段使い

出典:https://www.rakuten.co.jp

 

スクエア型は荷物がたっぷり入ります。

 

ポケットも沢山あるので整理整頓が苦手なママにもおすすめ!

 

「書類はどこにいれたっけ?」とならない為に仕切りの多いバックを活用すると良いですよ。

 

小物でアレンジも可能なので普段使いもOKです。

ベージュ系 キルティング風

www.rakuten.co.jp

 

黒系のスーツの場合にはベージュ系のバックがおすすめ!

 

キルティング風のデザインで地味過ぎず、派手過ぎないのが素敵です!

 

入園式のバックは小さめでサブバックを持参するママにピッタリのサイズです。

小ぶり タッセル

www.rakuten.co.jp

 

小ぶりなバックなので必要な物以外は入れたくないママにピッタリです。

 

入園式以外にもタッセルを付けることで普段使いOKです。

 

カラーの展開も多いので入園式や普段使いOKなカラーを選ぶと経済的ですよ。

シンプル フォーマル

www.rakuten.co.jp

 

シンプルで上品なデザインで荷物も沢山入ります。

 

フォーマルなデザインは若者向きではないものが多いですが、シンプルなこのバックは年代問わずに使う事ができます。

 

入園式だけじゃなく、ちょっとしてお出かけにもぴったりなのでオシャレなママさんにおすすめです。

可愛らしい 丸み

https://www.rakuten.co.jp

 

丸みを帯びたフォルムで可愛らしいイメージに。
シンプルなので上品さもあり入園式にはピッタリです。

 

バックの口が大きく開くので荷物も取り出しやすいですよ。

 

入園式のママバッグに人気のブランドは?

入園式に持っていくバックは品の良いものが良いと思っているママさんもいますよね。

 

でも、ブランドのロゴが大きくあるものや、派手なものはお勧めできません。

 

入園式におすすめしたいブランドバックを紹介します。

 

可愛くてエレガント!「kate spade」

kate spade エレガント
シンプルだけど可愛い~と人気のあるブランドです。

 

ブラックやピンクベージュ系のカラーなら、どのカラーのスーツでも合わせることが出来ます!

 

上品なデザインの「AMBIENT」

AMBIENT 派手過ぎない
デザインとカラーが入園式におすすめです!
上品で派手過ぎないのでスーツにもピッタリですよ。

 

カラーの展開も上品なものが多いのでどのカラーを選んでもバッチリです。

 

上品でシンプルなデザイン「COACH」

COACH 有名
COACHは有名なブランドでロゴの柄のバックが有名ですね。

 

ロゴが少ないデザインのバックもあり、上品なので入園式にもおすすめです。

 

入園式にも使いたいのならブラックやブラウンなど上品なカラーを選びましょう。

 

普段使いもOKなデザイン「LIME made in Japan」

LIME made in Japan ブランド
ブランドにも素材にもこだわりたい方にお勧めのブランドです。

 

本革のしっかりしたバックで荷物も沢山入ります!

 

入園式や卒園式、冠婚葬祭にも使えるので1つあると便利ですよ。

 

入園式用のバックは、1つは持っていると便利です!

入園式 便利

 

【関連記事】
入園式コサージュ人気おすすめ!色や位置は?付け方やマナーは?

入園式ママ(母親)髪型!【ボブ・ミディアム・ショート・ロング】簡単アレンジ。

 

園式のママバックのおすすめのカラーやデザイン、また、人気ブランドから選びたい方におすすめブランドも紹介しました。

 

入学式用のバックは、デザインの選び方を工夫すると卒園式や参観日、普段使いにも活躍します。

 

節約家のママさんならオールマイティーに使えるバックを選びましょう!

Sponsored Link