季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

ノンカフェインとカフェインレスの違い。おすすめの飲み物は?

カフェインには神経を興奮させるため覚醒効果があり、仕事中や運転中にコーヒーなどのカフェインを含む飲料を好んで飲む人も多いですよね。

 

しかし、寝る前にカフェインを摂取すると質の良い睡眠が取れなかったり、妊娠中に摂取すると胎児の発育の妨げ流産の可能性が高まったりと、近年は妊婦や授乳中の女性はカフェインの摂取は控えるべきと言われています。

 

「今まで大好きだったコーヒーや紅茶をいきなりやめるなんて難しい!」という人も多いですよね。

そこで、最近ではノンカフェイン・カフェインレス飲料が注目されるようになってきました。

 

今回は、ノンカフェインとカフェインレスの違いやおすすめの飲み物についてご紹介します。

・ノンカフェインとカフェインレスの違いは?

・ノンカフェインでおすすめの飲み物は?

・カフェインレスでおすすめの飲み物は?

・妊婦や赤ちゃんでも飲める飲み物は?

 

Sponsored Link

ノンカフェインとカフェインレスの違いは?

コーヒー 手帳

 

ノンカフェインとカフェインレス。

 

どちらもカフェインが含まれていないようなイメージがありますよね。

ですがその2つにはしっかりとした違いがあるんです。

 

ノンカフェインとは、

カフェインが全く含まれていないもののことを指します。

 

それに対してカフェインレスとは、

カフェインがほとんど入っていないもののことを指します。

 

つまりカフェインレスには若干カフェインが含まれているということです。

また、最近ではカフェインの成分を抜き、含有率を下げた「デカフェ」というものも登場しています。

 

ノンカフェインでおすすめの飲み物は?

ハーブティー

 

ルイボスティー

イボスティーは、南アフリカが原産のノンカフェイン飲料です。

 

美容効果も高く、むくみや冷え、便秘解消などにも効果があり、健康や美容に敏感な女性には嬉しい成分がたっぷりです。

渋みもあまりなくおだやかな味が特徴です。

 

たんぽぽコーヒー

んぽぽコーヒーとは、たんぽぽ茶とも呼ばれ、コーヒーに近い風味が楽しめると人気の商品です。

 

たんぽぽの根をコーヒー豆のようにローストして作られます。

多くのビタミンとミネラルが含まれ、身体に良いと評判が高まっています。

 

麦茶

ノンカフェインで有名な麦茶。

 

体のほてりを鎮めてくれるので、夏にはぴったりです。

利尿効果もあるので、むくみや膀胱炎にも効果があります。

 

また、バクテリアなどの微生物がこびりつくのを防いでくれるため、虫歯予防にも効果があるそうですよ。

 


Sponsored Link

カフェインレスでおすすめの飲み物は?

コーヒーカップ

 

「ノンカフェインのお茶も良いけど、やっぱりコーヒーが飲みたい!」

というコーヒー大好きさんにおすすめなのが、

カフェインレスコーヒーデカフェコーヒーです。

 

最近では大手コーヒーメーカーから多くのドリップコーヒーやインスタントコーヒーのアイテムが発売されています。

普通のコーヒーと変わらないコクや味わいが楽しめると幅広い人に人気です。

 

さらに、「スターバックスコーヒー」や「タリーズ」などの大手コーヒーショップでもカフェインの少ないコーヒーが楽しめるようになってきました。

 

妊婦や赤ちゃんでも飲める飲み物は?

ティーポット

 

妊婦におすすめの飲み物

ノンカフェイン飲料として上に挙げた、ルイボスティー、麦茶、たんぽぽコーヒーもおすすめですが、実はハーブティーはノンカフェインのものが多く、体調や気分をリフレッシュさせてくれ、妊婦に嬉しい効果がたくさんあるんですよ。

 

※ただ妊娠中には禁止されている種類もあり、ハーブティーだからといってどれでも飲んでよいというわけではありません。

 

ローズヒップティー

レモンの約60倍のビタミンがCが含まれているローズヒップティー。

むくみの解消や美肌効果もあり、女性が嬉しい成分がたっぷりですよ。

 

ジンジャーティー

しょうがは血液循環を良くし、発汗も促してくれるため、冷え症の人にはおすすめです。

胃もたれや吐き気を抑えてくれるので、つわりの症状も和らげてくれますよ。

 

ラズベリーリーフ

陣痛を和らげ、子宮の動きを滑らかにする効果があり、「安産のお茶」と呼ばれます。

母乳の分泌も活発にしてくれるので、臨月~産後に飲みたいお茶です。

しかし、子宮痙攣効果があるため、まだ子宮が安定していない妊娠初期には禁忌です!

 

赤ちゃんにおすすめの飲み物

赤ちゃんは離乳食が始まると、母乳とミルク以外にも水分補給が必要になってきます。

 

一般的には白湯とベビー飲料は安心ですが、それ以外のおすすめの飲み物といえば、なんといっても麦茶!カフェインも含まれていませんし、血液をサラサラにしてくれるピラジンも含まれています。

 

しかし大人と同じものを飲ませても良いというわけではなく、赤ちゃんに飲ませるときは白湯で2倍ぐらいに薄めてあげるなどして、赤ちゃんの未熟な腎臓に負担をかけないようにしましょう。

 

カフェインレスで楽しいブレイクタイム

本 コーヒー PC

 

【関連記事】

バターコーヒーの効果と作り方。種類やカロリー。ダイエットは?

バターコーヒーダイエットで効果が出るやり方。成功する方法は?

コーン茶(とうもろこし茶)の効果と効能。妊婦が飲んでも大丈夫?

飲みやすい?軟水と硬水の違いと使い分け。お茶に向くのは?

牛乳と生クリームの違い。栄養やカロリーは?作り方や代用は?

 

カフェインを全く含んでいないノンカフェイン飲料

ほんの少しですが、カフェインを含んでいるカフェインレス飲料

 

2つの違いを含め、それぞれおすすめの飲み物をピックアップしてみました。

必要に応じて飲み分けながら楽しいブレイクタイムを過ごしてくださいね!