季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

西宮神社の初詣2018。参拝、屋台時間は?駐車場、混雑状況。

兵庫県西宮市にある西宮神社

祀っている神様は福の神のえびすさんです。

 

その西宮神社の初詣では、よくニュースに取り上げられる【福男選び】をしているんです。

 

大勢の男性が赤い門から一気に飛び出してくる様子は壮観の一言ですよね。

 

そんな西宮神社の初詣、期間や混雑状況、アクセスについてまとめてみました。

・西宮神社の初詣2018の期間や時間帯は?深夜でも参拝できる?
・西宮神社の屋台の種類や時間帯は?
・三が日や参拝期間の混雑状況は?
・西宮神社へのアクセス方法。駐車場はある?
Sponsored Link

西宮神社の初詣2018の期間や時間帯は?深夜でも参拝できる?

西宮神社 参拝
2018年の西宮神社初詣についてはまだ情報が公表されていません。

2017年の西宮神社初詣の情報を掲載します。

参拝時間
1月1日 0:00~21:00
1月2日・3日 5:00~21:00(授与所は9:00から)
1月4日~8日 5:00~18:00(授与所は9:00から)
1月9日 5:00~24:00(授与所は8:00から)
1月10日 6:00~24:00
1月11日 5:00~24:00(授与所は8:00から)

西宮神社の初詣は期間が長いと思いませんか。

また、参拝可能な時間も三が日よりも9日10日11日の方が長いくらいです。

 

というのも、西宮神社のお正月では、三が日よりも9日10日11日に行われる十日えびすという行事の方が重きをおかれているんです。

 

初詣は三が日に行くものというイメージが強いですが、西宮神社の場合三が日の参拝者数は約50万人、十日えびすの期間中は約100万人だそうです。

 

西宮神社の屋台の種類や時間帯は?

屋台がいっぱい!お祭りのような西宮神社の初詣

西宮神社 屋台
西宮神社の初詣期間には境内や周辺道路にたくさんの屋台が並びます。

 

年にもよりますが、なんと600以上の屋台が並ぶそうです。

考えるだけでわくわくしてしまいますね。

焼きそば、綿あめ、ジャガバタなどのおなじみのものから、広島焼きや肉巻きおにぎりなどのご当地グルメ、最近よく見かけるようになったケバブや中国焼餅(シャービン)ももちろんあるようです。

また、地元の名店も出店しているようですので要チェックですね。

 

面白いところだとお化け屋敷や、西宮神社ならではの福男グッズ店なんていう屋台も出ているそうですよ。

 

屋台は三が日と十日えびすの期間に出店されているとのこと。

 

4日~8日は一度店を仕舞う屋台もあるそうなので、屋台を楽しみたい場合は三が日か十日えびすで初詣をするのが良いですね。

 


Sponsored Link

三が日や参拝期間の混雑状況は?

西宮神社 初詣

 

三が日の方が空いてはいるものの、それでも50万人

西宮神社の初詣の本番は十日えびす

三が日の方が人出は少ないんです。

 

とはいえそれでも50万人もの人が参拝に訪れますので、三が日も混雑はするようです。

 

また、西宮神社は境内の道幅が狭い場所がいくつかあり、人の流れが溜まりやすく、混雑を強く感じるかもしれません。

 

特に混み合うのは元日のようなので、西宮神社へ三が日に初詣に行くけど人ごみを避けたいという場合は元日を外すのがいいですね。

 

100万人が訪れる十日えびす

 

十日えびすの参拝者は100万人といわれています。

非常に混み合うため、境内の通路は一方通行となります。

 

西宮神社には何箇所か門がありますが、十日えびすの期間中は入り口になるのは赤門の一ヵ所だけです。

 

この門は福男選びのスタート地点としておなじみですね。

 

十日えびすの期間中は一般的にもう正月休みが終わっていますよね。

なので、十日えびすで最も混雑するのは学校や仕事が終わってからの18時以降です。

 

ただし、日中に行ったとしても境内への入場規制が行われるほど混み合うことも多々あるようです。

 

それでも三が日ではなく十日えびすに初詣で多くの人が訪れるのは、十日えびすの期間中しか授けていただけない【福笹】を頂きたい人が多いから。

 

福笹は福の神えびす様にあやかって、商売繁盛、家内安全、開運招福を始め、さまざまな願いを叶え、あらゆる福を運んでくれるそうです!

すさまじい混雑に耐えてでも欲しくなっちゃいますね。

 

ちなみに福笹を授けてもらったら、次の年の十日えびすで古い福笹を二宮神社にお返しするのが良いみたいですよ。

 

西宮神社へのアクセス方法。駐車場はある?

 

十日えびす期間中、例年西宮神社周辺は交通規制が敷かれる

100万人も訪れる西宮神社の初詣なので、周辺道路も大変混み合います。

そのため、交通規制もされるようです。

 

事情がない限りは自家用車よりも公共交通機関で行くのがオススメです。

 

・電車の場合

阪神本線 「西宮駅」えびす口より徒歩5分
JR神戸線 「さくら夙川駅」より徒歩10分
阪急神戸線 「夙川駅」より徒歩15分

 

・自家用車の場合

神戸方面から(上り):阪神高速神戸線西宮出口降りてすぐ
大阪方面から(下り):阪神高速神戸線武庫川出口降りて約5分

 

ただし、前述の通り周辺道路は交通規制されているのと、初詣期間中のうち三が日と十日えびすの際は西宮神社の境内駐車場が使用できません。

 

そこで西宮神社周辺の有料駐車場をご紹介します。

阪神西宮駅駐車場
営業時間 :6:00~25:00
520台駐車可能
GSパーク阪神西宮北駐車場
24時間営業

 

西宮神社の初詣は賑やかさを楽しもう!

西宮神社 初詣

 

【関連記事】
西宮神社の十日戎。時間と屋台情報。混雑、交通規制は?
西宮神社の福男選び。参加方法やコースは?歴史は?
生田神社の初詣。混雑時間や屋台期間。お守りの値段は?

湊川神社の初詣。屋台の時間や人出は?駐車場はある?
えべっさん大阪。今宮戎神社の場所と日程。屋台の時間は?
住吉大社の初詣の混雑と屋台時間。アクセスや駐車場は?

伏見稲荷大社の初詣。参拝時間や期間中の混雑。出店は?
西宮神社の初詣三が日と十日えびすを合わせると150万人もの人出となります。

どうしても混雑は覚悟のうえで行くことになりそうです。

 

それでも福男選びなどの見ごたえのある伝統行事やご利益が期待できそうな福笹、そして驚くほどの数の出店を考えれば魅力的な初詣スポットですよね。

 

人ごみも含めて楽しむ気持ちで、ぜひ西宮神社の初詣へ行ってみてくださいね。