季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

雛人形の飾り方が関東と関西で違う理由は?関東雛・京雛並べ方

厳しい寒さもだいぶ和らいできました。もうすぐひな祭りの季節ですね。

 

ひな祭りの前に雛人形を飾ろうと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、いざ飾ろうと思うと、お内裏様とお雛様、どちらが右?どちらが左?と分からなくなってしまう人もいるかもしれません。

 

実はお内裏様とお雛様の並びは関東と関西によって違う、ということを知っていましたか?きちんと自分の地域の並べ方をできていますでしょうか。

 

この記事では関東と関西によって違う、雛人形の並べ方について紹介していきたいと思います。お送りする順番はこちらになります♪

 

・雛人形の飾り方で関東と関西の違いとは?
・関東と関西で雛人形の並べ方が違う理由は?
・関東と関西、雛人形の正しい並べ方は?
・関東と関西の雛人形で並べ方以外の違いは?

 

Sponsored Link

雛人形の飾り方で関東と関西の違いとは?

雛人形 5段

 

関東と関西では雛人形の飾り方に違う点があります。それはお内裏様とお雛様、どちらが右でどちらが左に来るか、という点です。

 

関東の飾り方は?

飾り方

出典:http://www.tanaka-ningyo.co.jp/

 

関東ではお内裏様は向かって左に、お雛様は向かって右に並べます。このように飾る理由としては文明開化以後に日本に入ってきた西洋文化が関わっているといわれています。

 

西洋文化では右が上位であるという考え方があります。それゆえ、西洋の王室等を見ていると、位の高い方が右(向かって左)にいることが多いのです。

 

関東ではこのような考え方にならって、向かって左にお内裏様が飾られているのです。

 

関西の飾り方は?

出典:http://www.tanaka-ningyo.co.jp/

 

関西風に飾る雛人形のことを京雛と呼ばれています。この京雛では、お雛様が向かって左、お内裏様が向かって右に飾られます。

 

このように並べるのには、日本古来の左を上位と捉える考え方が関わっているといわれています。

 

日本の舞台等で、向かって右を「上手」、向かって左を「下手」と言っているのを聞いたことはありませんか?これも実は日本古来の「左を上位」と捉える考え方が影響しているのです。

 


Sponsored Link

関東と関西で雛人形の並べ方が違う理由は?

a4

 

雛人形には関東と関西で並べ方が異なります。なぜ違う並べ方になってしまったのでしょうか。

 

先ほどお話しした通り、関西の京雛の並べ方は日本古来の左を上位に考える場合の並べ方です。実は昔は関東でもこのような並べ方がされていました

 

ひな祭り 京雛

 

しかし、西洋文化が入ってきた時、国際儀礼上では「右が上位である」という考え方も同時に日本に入り、だんだんとその考え方が受け入れられていきました。

 

それは大正天皇が洋装になった時、皇后陛下の右側に立たれた、という話にも象徴されています。

 

つまり、明治から大正になる間に、様々なものが和式から洋式に変化する中で、考え方も国際儀礼に合わせていこうという流れが生じたのです。

 

そのため、雛人形の並べ方にも「右が上位である」という考え方を反映させることになりました。

 

一方で関西では依然として日本古来の文化に重きを置いていたため、左が上位であるという日本古来の考え方を雛人形に残していたのです。

 


Sponsored Link

関東と関西、雛人形の正しい並べ方は?

お雛様

 

先ほどお話しした通り、関東と関西で並べ方に違いがあります。しかし、どちらが正しい、というものは厳密にはないようです。

 

ですので、基本的には、

関東にお住まいの方はお内裏様を右(向かって左)

 

関西にお住まいの方はお内裏様を左(向かって右)

 

に並べるのが良いと思います。しかし、これも絶対にそうしないといけないわけではありません。

 

並べ方の由来は説明した通りのため、日本古来の考え方を大切にしたい、という方はお内裏様を向かって右に、国際儀礼を大切にしたい、という方はお内裏様を左に並べても良いでしょう。

 

お雛様の飾り方は?雛人形(七段・五段・三段)の並べ方

 

関東と関西の雛人形で並べ方以外の違いは?

実は並べ方以外にも関東と関西の雛人形には違いがあります。その違いとはお人形の顔つきです。

 

関東 関西 顔 違い

出典:http://item.rakuten.co.jp/

 

関東目が大きく、口元がほころびふっくらとした可愛らしいお顔であることが多いです。

 

一方で関西では、切れ長の目に鼻筋の通った品のある京美人風のお顔であることが多いです。

 

実際には関東と関西のお人形を明確に分ける決まりがあるわけではありませんが、お人形のお顔を比べるとその違いに気がつくと思います。ちょっとした豆知識としてぜひ覚えておいてくださいね(^^)

 

 

【関連記事】

関西でひな人形を飾る時期と並び(配置)について!処分や供養は?

ひな人形を飾る時期や場所の方角は?上手な飾り方や片付け方

 

関東と関西の雛人形の違いをお分かりいただけたでしょうか。

 

雛人形は長い歴史の中で受け継がれてきた大切な伝統です。その伝統の中に、様々な思いや考え方があり、飾り方に違いが生まれてきたのです。

 

大切な伝統をお子様にも受け継ぎ、健やかな成長を願う素敵なひな祭りを迎えられるといいですね♪


Sponsored Link