季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

年賀状を先生に出す場合の例文。学校の先生に出す場合は?

今年、お世話になった人にお礼と、これからのお付き合いをお願いするのが年賀状です。

 

親戚や友達だけでなく、当然、先生にも年賀状を出すべきなのですよね。

 

でも、何を書いたらいいのか?

書いてはいけないことはあるのか?

 

悩む人もいるのではないかと思います。

 

今回は、年賀状を書く時に気を付けることと、先生に年賀状を書く場合の例文を紹介しますから参考にしてみてください。

 

・年賀状を先生に出す場合の宛名の書き方は?
・年賀状の書き方の基本
・小学校の先生に親が出す場合と子どもが出す場合の例文は?ひと言添えるなら?
・中学校、高校、大学の先生に出す場合の例文は?ひと言添えるなら?
・保育園、幼稚園の先生に出す場合の例文は?ひと言添えるなら?

 

Sponsored Link

年賀状を先生に出す場合の宛名の書き方は?

 

宛名の書き方で迷うのは、敬称の付け方ですね。

論から言うと、“様”でも“先生”でも構いません。

 

ご自宅に送る場合は、通常の宛名と同じ様に住所とフルネームに“様”か“先生”で送ります。

 

住所が分からない場合は、学校宛に送る事になると思います。

 

その場合は、住所、学校名に加えて、担任の先生ならクラス名も書いてから、フルネームに“先生”をつけて宛名を書きましょう。

 


Sponsored Link

年賀状の書き方の基本

 

賀詞

賀詞というのは、新年の挨拶の言葉のことです。

 

“賀正”とか“迎春”などの言葉といえば分かりやすいでしょうか?

この賀詞ですが、選び方を間違えないようにしましょう。

 

あまり知られていませんが正式には、一文字、二文字の賀詞は目上の人には失礼だとされています。

 

先生には、

“謹賀新年”や“初春のお慶びを申し上げます”

“明けましておめでとうございます”など、四文字以上の賀詞を使いましょう。

 

Happy New Yearなど英語表現については、気にしない人もいますが、本来は目上の人には使いません。

英語の先生以外には使わないのが無難でしょう。

 

本文

年賀状が、普段の手紙と違うところは、次の点です。

・拝啓や敬具などの言葉は必要ない。

・その代わりに賀詞を必ず入れる。

・年賀状は正式な手紙なので、句読点は使わない。

・忌み言葉を避ける。

・平成○年元旦と元号を書き添える。

み言葉は、滅びる、絶える、終わる、切るなど縁起が悪いとされている言葉です。

 

この中で、ついつい使ってしまいがちなのが、去年という言葉。

“去る”も忌み言葉ですから、旧年や昨年と言い変えましょうね。

 


Sponsored Link

小学校の先生に親が出す場合と子どもが出す場合の例文は?ひと言添えるなら?

 

子どもが出す場合の例文

あけましておめでとうございます

去年はお世話になりありがとうございました

 

今年も頑張りますので宜しくお願いします

 

平成○年元旦

 

親が出す場合の例文

謹んで新年のお慶びを申し上げます

昨年は○○が大変お世話になりました

 

先生のおかげで、○○への苦手意識がなくなったようです

本年もご指導のほどよろしくお願いいたします

 

ひと言書き添えるなら

こどもの年賀状にひと言添えるなら、子どもが書けていない部分を補う形がいいですね。

 

たとえばお礼の言葉が抜けていれば、

「いつも親身なご指導ありがとうございます」

 

など、あまり出しゃばらない感じで付け加えるといいでしょう。

 

中学校、高校、大学の先生に出す場合の例文は?ひと言添えるなら?

 

中学校、高校の先生に出す場合の例文

あけましておめでとうございます

昨年は大変お世話になりました

 

今年は○○に挑戦いたします

よろしくご指導のほどお願い申し上げます

 

平成○年元旦

 

大学の先生に出す場合の例文

謹んで新年のご挨拶を申し上げます

旧年中は何かとご指導を賜りありがとうございました

 

特に○○についてご教授いただいたことは今後の研究に生かしていきたいと考えております

本年もご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます

 

平成○年 元旦

 

ひと言書き添えるなら

中高生になれば、親が出しゃばらなくてもきちんとした文章で書けるでしょう。

 

どうしても、書き添えたい場合も、長々と書くよりも

“先生のご指導のおかげで○○に真剣に取り組むようになりました”

 

など、短文に留めた方が印象がいいでしょうね。

 

保育園、幼稚園の先生に出す場合の例文は?ひと言添えるなら?

 

幼児が年賀状を書く時の例文

幼児ですから“あけましておめでとうございます”を書いたらハガキが埋まってしまうかもしれませんね。

 

個人的にはそれで十分と思いますが、一応例文を載せておきます。

あけましておめでとうございます

ことしも○○先生とたくさん○○がしたいです

 

よろしくおねがいします

 

○○年元旦

 

ひと言書き添えるなら

子どもが文章を書けているならば、

 

“昨年は温かいご指導ありがとうございました”

“先生のご健康をお祈り申し上げます”など、短文で良いでしょう。

 

もし、子どもの文章が拙い場合は、何を書いたのか説明文を。

絵だけ子どもが書いた場合は、賀詞と日頃のお礼の言葉を書き添えるといいですね。

 

ボールペンでも大丈夫?いつまでに出せばいい?

 

筆記具は、鉛筆やボールペンでは失礼にあたります。

万年筆や、筆ペン、毛筆、なければサインペンなどがいいですね。

 

ただ、小学校低学年ぐらいまでの子どもなら、鉛筆でも許されるでしょう。

 

幼児なら、カラーペン、色鉛筆などで書いても目くじらをたてられることもないと思います。

 

年賀状を出す時期は、郵便局が年賀状の引き受け開始(例年12月15日頃)からです。

元旦に届くようにするなら、12月25日までに投函しましょう。

 

遅くなってしまった場合でも1月7日頃までは、年賀状として送る事ができます。

 

それよりも遅くなってしまう場合は寒中見舞いになりますから、注意しましょう。

 

年賀状を書く時には

 

【関連記事】

年賀状の書き方でビジネスで上司や取引先への例文や宛名は?

年賀状に一言添え書きの文例。友達や上司へのコメントは?

年賀状を上司や先輩に送る時の一言文例集!遅れた場合は?

年賀状が内定先から届いた時の返事例文と宛名の書き方

親戚へ送る年賀状一言メッセージ文例集!ご無沙汰の場合は?

年賀状の宛名が夫婦連名の書き方!差出人が連名の場合の返事は?

年賀状はいつまでにポストへ投函すれば元旦に届くの?期間は?

 

今回は、年賀状を先生に年賀状を書く場合の例文を紹介しました。

 

基本的には

・賀詞と年号を必ず入れること

・句読点は使わないこと

・忌み言葉を避ける

などの、年賀状を書く時の約束事さえ守っていれば、自由に書いていい事がお分かり頂けたと思います。

 

先生に年賀状を書く時の参考にしてくださいね。


Sponsored Link