季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

喪中で年賀状の払い戻しや交換はしてもらえる?期間や手数料は?

年末が近づき年賀状を買い込んだものの、身内に不幸があったというケースがあります。年賀状を書いている途中で、という人もいるかもしれません。

 

そんなとき、年賀状の払い戻しはできるのでしょうか。そして期間や手数料も気になりますよね。

 

書いている途中で不幸があった場合の印刷済みのはがきや、書き損じてしまったはがきでも交換できるのか。これも知っておきたいところです。

 

また、はがきや切手ではなく現金に交換する方法はあるのかどうかも知っておくと便利ですね。

 

喪中などで突然年賀状を出せなくなってしまい、大量に残ってしまった方必見です。年賀状の払い戻しについてまとめてみました。

 

下記の順番でまとめてみましたのでご参考くださいね。

 

・喪中で年賀状の払い戻しはできる?
・年賀状を現金に交換する方法は?
・年賀状以外の使い道は?
・喪中で年賀状を交換しにいったら手数料をとられた!?

 

Sponsored Link

喪中で年賀状の払い戻しはできる?

不幸があって使えなくなってしまった年賀状は、その年の年賀状販売期間内であれば郵便局で交換してもらえます

 

 

年賀状の販売期間は毎年10月30日から1月10日くらいですね。

多少のズレがあるので注意が必要です。

 

この期間内であれば手数料はかかりません

簡単な手続きをするだけです。

 

窓口の請求書に以下を記入します。

・請求される方の住所、氏名

・亡くなられた方との続柄等

手続きをすれば年賀状を、通常はがきや切手に交換してもらえます。喪中はがきとして使えるのでありがたいですね。

 

印刷済みや書き損じであっても、上記と同様の手続きを済ませれば無料で交換してもらえます。

 

ただし、「交換」であって「返品」ではありません。郵便局では現金に交換してもらうことはできませんのでご注意ください。

 

 

Sponsored Link

年賀状を現金に交換する方法は?

では、年賀状を現金に交換する方法はあるのでしょうか。実は、金券ショップというところにもっていくと現金と交換してくれます。

 

 

値段は書き込みがあるかどうか、キャラクターが印刷されているかなどによって変わりますが、だいたい40円くらいで買い取ってもらえます。

 

お店によっても値段は上下しますので、あらかじめ確認するといいですよ。

 

Sponsored Link

年賀状以外の使い道は?

通常はがきなら余っているから交換してもらわなくてもいいな、という人もいると思います。年賀はがきには他にも使い道がありますよ。

 

それは、ユニセフを代表とするNPO法人などの団体に寄付することです。団体は年賀はがきなどを寄付として募っています。

 

 

なぜこれが寄付になるのか、というと、団体は私たちが金券ショップではがきを現金に交換するのと同じ要領で現金に変えています。

 

そしてそのお金を支援金などにあてているので、これらは寄付になるというわけですね。

 

喪中で年賀状を交換しにいったら手数料をとられた!?

 

通常、年賀はがきを通常はがきに交換してもらうには5円の手数料がかかります。ですが喪中の場合はこれが例外で手数料がかかりません

 

それなのに郵便局で手数料をとられてしまった、という声を聞きます。好き好んで喪中なわけでものないのに、やりきれない気持ちになってしまいますよね^^;

 

 

まずは手続きをきちんとしたか思い返してみましょう。

 

手続きをしたのに手数料がかかった、という場合は郵便局側のミスもありえます。領収書をもって問合わせてみましょう

 

確認しておきたいのは、喪中の場合、今年の年賀はがきを通常はがきに交換するのに手数料はかからない、ということです。

 

「あれ?」と思ったらそのまま流さず、きちんと問合わせてみてくださいね。

 

 

 

【関連記事】

余った年賀状の使い道は?未使用や書き損じの交換や換金はできる?

年賀状の処分方法まとめ!古い年賀状の捨て方と交換方法

喪中はがきの返信文例。友人への返事。時間やマナーは?

喪中はがきの書き方・連名での続柄や年齢は?薄墨で書く?

 

年賀状の払い戻しについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

交換の際のトラブルについても少し触れましたが、予期せぬ不安やトラブルがあったら郵便局に問い合わせるのが一番確実な方法です。

 

お近くの郵便局で不安はすべて解決してしまいましょう。

 

身内に不幸があって年賀状を出せなくなってしまっても、そのままはがきを捨ててしまうのはとても勿体無いですよね。

 

通常はがきに交換したり現金にしたり、寄付したりと使い道がありますから、ぜひ本記事を参考にして有効活用してみてくださいね。

Sponsored Link