季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

親戚へ送る年賀状一言メッセージ文例集!ご無沙汰の場合は?

年末が近づいてきて、そろそろ年賀状の準備を始めている方も多いでしょう。

 

毎年のことながら、差出先・デザイン・メッセージなどで頭を悩ませますよね。特に悩むのが、近いようで遠い存在である親戚宛の年賀状ではないでしょうか?

 

ということで、今回は「親戚へ送る年賀状の一言メッセージ」についてパターンに応じた文例を下記の流れでご紹介していきますね。

 

・ご無沙汰の親戚に年賀状を送る場合の一言メッセージ文例
・年賀状で親戚に感謝を込めた一言メッセージを送りたい!
・結婚式に参加してくれた親戚へ送る一言メッセージ文例
・出産祝いをもらった親戚へ送る一言メッセージ文例
・年賀状で子供のことについて一言入れる場合のメッセージ文例

 

Sponsored Link

ご無沙汰の親戚に年賀状を送る場合の一言メッセージ文例

 

遠方に住んでいて中々会えない親戚、中には数年会っていないような親戚もいますよね。

 

そのようなご無沙汰の親戚宛の年賀状に一言メッセージを添える場合には、どういった言葉を添えると良いでしょうか。

 

以下にいくつか文例をご紹介したいと思います。

・お元気ですか?こちらは皆変わりありません。

 

・ご無沙汰しておりますが、お変わりありませんか?

 

・大変ご無沙汰しておりますが、お元気ですか?近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

 

・お元気ですか?こちらは日々変わりなく過ごしております。今年も皆様にとって良い年になりますよう、祈念致します。

このように、ご無沙汰の親戚に送る年賀状の一言文のポイントとしては、

『相手の様子を気遣う言葉』

『こちらの様子を伝える言葉』

『相手のご多幸をお祈りする言葉』

『機会があったら会いたいものですね、といった気持ちを伝える言葉』

などを盛り込むと、受け取った方にとっても印象の良い年賀状になるかと思います。

 


Sponsored Link

年賀状で親戚に感謝を込めた一言メッセージを送りたい!

お祝い 猫

 

仕事やプライベートで今年一年間とてもお世話になった方宛の年賀状に、感謝を込めた一言メッセージを添えたい場合はどういった言葉が良いのでしょう。

 

こちらは、送る相手によっても書き方は変わってきます。例えば親しい友人であれば、「いつもありがとう!」の一言だけでも、感謝の気持ちは十分伝わります。

 

「いつもありがとう」だなんて、中々普段面と向かって言える言葉ではないですもんね(*^^*)

 

 

例えばお世話になった取引先の方宛の年賀状に、感謝の気持ちを一言添えたい場合は「昨年は○○の件で大変お世話になりました。」と案件名を記載するとよいですね。

 

具体的な案件名を出すと、受け取る方も「ああ、あの件か」と、あなたの顔を思い浮かべてくれるでしょう♪通り一遍の「昨年は大変お世話になりました」という一言よりも、印象深く受け取ってくれるに違いありません。

 

 

このように、送る相手によって文体は変わってきますが、

 

ポイントは『何に対して感謝しているのか』(例えば、職場の先輩に「いつも暖かくご指導くださってありがとうございます」など)を明確にして、自分なりの言葉で表すこと。

 

これが、一番相手に響く一言メッセージになるのは間違いありませんね。

 


Sponsored Link

結婚式に参加してくれた親戚へ送る一言メッセージ文例

結婚

 

以下に、いくつか文例をご紹介しますね。

・おかげさまで、夫婦仲良く暮らしています!・結婚式へのご参列ありがとうございました!

 

・近くにお越しの際は、ぜひ新居にお立ち寄り下さい!

 

・これからも、二人で協力し合いながら、仲の良い家庭を築きたいと思います。

 

・まだまだ未熟な二人ですが、温かく見守ってください!

 

・○○お姉ちゃんみたいなかわいい奥さんになれるよう、頑張ります!

 

・○○家のような、暖かい家庭が築けるように、頑張ります!

 

・結婚式の時の誓いの言葉を忘れず、夫婦で手を取り合ってやっていきたいと思います!

このように、

結婚式に参加してくれたことに対するお礼

その後も仲良くやっています

前向きに頑張ります

といったニュアンスを盛り込みましょう。そうすることで、受け取った相手も結婚式を思い返し、微笑ましい気持ちになることでしょう(^^)

 

出産祝いをもらった親戚へ送る一言メッセージ文例

ピンク 雑貨 お祝い

 

出産祝いをもらった親戚への一言には、感謝の気持ちや子供の様子がわかる一言を添えると良いでしょう。以下に、いくつか文例をご紹介します。

・お祝いでいただいたブランケットを愛用しています!ありがとうございました!

 

・おかげさまでスクスク育っています!

 

・お祝いでいいただいたぬいぐるみを気に入ったようで、いつも傍に置いています。ありがとうございました!

お祝いが「物」でしたら、それをどのように使っているか、子供が気に入っているかを具体的に書くと、相手も「使ってくれているんだなぁ」と、嬉しく思う事でしょう。

 

お祝いが現金でしたら、「いただいたお祝いで○○を買いました~!」と、それと子供が一緒に写っている写真入りの年賀状を送るのも、喜ばれますね。

 

年賀状で子供のことについて一言入れる場合のメッセージ文例

家族

 

子供のことについて一言入れる場合は、

・新しく家族が増えました!

 

・家族○人賑やかに暮らしています。

 

・○子も○男も○歳と○歳になり、毎日ドタバタしています。

など、子供の様子がわかる一言メッセージを添えれば、相手も微笑ましく思う事でしょう。

 

また、子供のいる家庭では子供たちの写真入り・もしくは家族全員が写った写真入りの年賀はがきを作成する方も多いでしょう。

 

そちらも、子供の成長が垣間見れて、もらう相手としては嬉しいと思いますよ。

 

年賀状を親戚に出す際の注意点

笑顔 輪

 

【関連記事】

年賀状の書き方でビジネスで上司や取引先への例文や宛名は?

年賀状を上司や先輩に送る時の一言文例集!遅れた場合は?

年賀状に一言添え書きの文例。友達や上司へのコメントは?

年賀状を先生に出す場合の例文。学校の先生に出す場合は?

年賀状はいつまでにポストへ投函すれば元旦に届くの?期間は?

年賀状の宛名が夫婦連名の書き方!差出人が連名の場合の返事は?

お年賀の意味。タオルやお菓子は?お歳暮や年賀状との違い。

 

 

最後に年賀状を出す際の注意点について確認をしておきましょう。主な注意点は以下の通りです。

「忌み言葉」を使わない。

「忌み言葉」とは、不吉なことを連想させる言葉です。例えば「別れる」「失う」「衰える」などですね。

 

また、うっかり使ってしまいそうな「去年」という言葉もいけません。「去」という言葉が別離を連想させるからです。

病気に関することなど、めでたくないことも書かない方が良いです。

例えば「昨年は体調を崩して入院をしてしまい大変でした」など。つい、近況報告として書きがちですが、これもいけません。

 

上記のように、忌み言葉・病気や離婚、入院など、ネガティブな言葉を避けるように気を付けて、相手が新しい年の初めにもらって、嬉しい・楽しい気持ち、になるような年賀状を送付するようにしてくださいね。


Sponsored Link