季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

夏風邪の症状(子供・大人)と治し方。喉の痛み、高熱の対処法。

夏に風邪をひくと、なぜか長引いてしまいますよね。咳や鼻水だけでなく、高熱がでたりと、しんどい思いをした人もいると思います。

 

子供の夏風邪がうつると、大人は普段の風邪より、きつい症状が出てしまいますよね。できれば、夏風邪は避けたいものです。

 

夏風邪をひく原因って、なんなのでしょうか?ひいてしまった時の、正しい治し方は?

 

今回は、夏風邪の原因と症状。早く良くなるための、治し方について以下の順番で調べてみたいと思います。

 

・夏風邪の原因って?
・夏風邪の症状って?
・夏風邪の喉の痛みや咳の治し方は?
・なかなか治らない夏風邪の症状。なぜ長引くの?
・夏風邪をひかないための予防対策方法。

 

Sponsored Link

夏風邪の原因って?

 

通常の、風邪と違うのは、夏風邪は主にウイルスが原因です。アデノウイルス、コクサッキーウイルス、エンテロウイルス。1つくらいは聞いたことがあるでしょうか?

 

アデノウイルスは、保育園や、幼稚園で、毎年流行っているのではないでしょうか?では、なぜ夏なのでしょう。

 

これらのウイルスは、高温多湿な、時期を好むため、夏が大好きです。梅雨明けなんかは、ちょうどウイルスの好む環境ですよね。

 

暑さで体力が低下してきたころに、夏風邪にかかりやすいので、日々の生活で予防しましょう。

  

Sponsored Link

夏風邪の症状って?

腹痛 女性

 

いつもの風邪のように、咳や鼻水がでたり熱が上がることもありますが、夏風邪はお腹をこわしやすいのが特長です。

 

アデノウイルスとエンテロウイルスは、腸と呼吸器で、ウイルスが繁殖します。激しい咳が続くのと、下痢するのも、そのせいなのですね。

 

咳が長引けば、喉に炎症を起こしてしまう場合があります。そうなれば、長い間、咳に悩まされるでしょう。

 

夜中に咳が出ると、眠れず疲れがとれませんよね。楽しい夏を満喫するためにも、夏風邪には早めの対策が必要ですね。

 

夏風邪の子供の症状って?

子供 熱

 

4歳以下の小さいお子さんの間で流行るのが、ヘルパンギーナという夏風邪の一種です。この風邪は、コクサッキーウイルスが原因です。

 

症状は、高熱と、喉に小さい水ぶくれが出き、痛みがあります。一週間ほどで治りますが、症状がきついので、小さい子供にとってはつらいですよね。

 

しかも、大人がかかると、10日ぐらい、治るまでにかかってしまいます。子供よりも、長くしんどいので、要注意です。

 

Sponsored Link

夏風邪の喉の痛みや咳の治し方は?

咳 女性

 

喉に効く治し方とは、どんなものでしょう。子供なら、喉の痛みでぐずぐず言ったり、あまり食事が喉を通らないかもしれません。

 

大人も、咳が出て眠れない日が続くと、体力まで落ちてしまいますよね。

 

 

病院で処方される、シロップも処方されると思いますが、お家でも簡単に作れます

 

手作りの大根シロップを試してみましょう。できたら、大根は無添加のものが、良いと思います。

 

 

冷房のきいた部屋では、首にストールなどを巻いて温めてあげてくださいね。

 

寝るときも、ゆるく首に巻いてあげると良いと思います。

 

下痢をしているときの、治し方は?

体を温めるのが一番ですが、熱があるとお風呂はしんどいですよね。そんなときは、消化の良い食事と水分補給をしっかりしてくださいね。

 

クーラーをしているときは、腹巻きなどで腰周りを冷やさないようにしましょう。

 

高熱が出たら。治し方は?

 

高熱が出たときの、正しい治し方ってなんでしょうか?高熱が出るのは、体がウイルスと戦っているからですよね。

 

無理に解熱剤などで押さえてしまえば、また同じウイルスにかかってしまいます。

 

高熱が出たら、脱水症状には注意しましょう。こまめに、水分補給を必ず行いましょうね。

 

 

もしお腹をこわしていて、飲んでも下痢で出てしまう状況が続くのなら、病院で点滴をしてもらうと良いかと思います。

 

食べれるようになれば、栄養のある食事をとりましょう。夏風邪は胃腸も弱っているので、消化のよい食べ物にしましょうね。

 

 

熱が出たときの、食べ方を紹介します。急に発熱したときに、備えて、治し方を覚えておいてみてください。

 

 

なかなか治らない夏風邪の症状。なぜ長引くの?


夏の暑さで食欲があまりなかったり、冷房のきいた部屋や社内に長時間いることで、体が冷えて免疫力が落ちているかと思います。

 

そんな時に夏風邪をひくと、ウイルスをやっつける体力もありませんよね。

 

 

高熱を出すのも、体はエネルギーを使います。体が弱っていると、それだけ時間がかかってしまうのですね。

 

夏バテから、夏風邪をひく原因を作らないようにしましょう。

 

夏風邪をひかないための予防対策方法。

 

夏風邪の原因や症状。治し方について、知ることができたでしょうか?

 

治し方も、通常の風邪と同じですが、症状が重いのがやっかいですよね。治し方を知っておいて、夏風邪をひかないために、きちんと予防しましょう。

 

特に、重要なのは、冷やさないことです。体が冷えていても、夏は冷えを感じにくいですよね。

 

 

暑い日は、シャワーで終わらせたり、冷たい飲み物をイッキ飲みしたりしませんか?

 

冷たい飲み物、食べ物は、胃腸を弱らせてしまいます。下痢の原因にもなりますよね。

 

 

それに、冷たい物をとって体が冷えると、冷えた体を温めようと体温が上がり、余計に暑くなってしまいます。

 

冷たいのが飲みたいところですが、冷房のきいた場所ではホットにしましょうね。

 

【関連記事】

風邪が治らない!2週間も1ヶ月も風邪が長引く原因と対策

風邪(鼻水・喉・頭痛)に効く食べ物飲み物は?薬を使わない治し方!

風邪で喉が痛い時におすすめの食べ物と飲み物3選!注意点は?

『薬』はお茶で服用しても大丈夫?水以外の飲み合わせの副作用は?

 

そして、夏でも、お風呂に浸かりましょう。

 

女性 お風呂

 

どうしても、苦手な人は、足湯だけでも、夏風邪の予防になります。冷えは、足元からきますよね。温めてから、一日を終わりましょう。

 

それに、夏にお風呂に入ると、冬も風邪をひきにくくなります

 

夏風邪の予防と、同時に、冬の対策もしてしまえば、一石二鳥かもしれませんよ^^

Sponsored Link