季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

喪中はがきの書き方とその文例集まとめ(夫や母が亡くなった場合)

年末になると、ポストに何通か届けられる喪中はがき

受け取ったこともあると思います。

 

もし自分の近親者に不幸があった場合にも、喪中はがきを用意しなければなりませんね。

 

一般的に、近親者が亡くなった場合に一周忌の法要までの期間を喪中と言います。

 

喪中の期間は、喪に服するという意味で、新年の挨拶が出来ない旨を、毎年、年賀状を出している相手にお知らせしなければなりません。そのお知らせが喪中はがきです。

 

そんな場合に役立つ喪中はがきの書き方と、その文例集を下記の流れに沿ってご紹介していきます。

 

・喪中はがきの書き方は?
・喪中はがきの文例 夫が亡くなった場合の書き方
・喪中はがきの文例 母が亡くなった場合の書き方
・喪中はがきの文例 兄弟が亡くなった場合の書き方
・喪中はがきの文例 祖父母が亡くなった場合の書き方

 

Sponsored Link

喪中はがきの書き方は?


まずはその喪中はがきの書き方からご紹介します。

 

時候の挨拶などの前文は不要喪中のために新年の挨拶を欠礼する旨を最初に伝える

 

②「年賀」は使わず、「年始」「年頭」「新年」を使う。

 

③誰がいつ亡くなったのかを伝える。

 

④お世話になったお礼を述べる。

 

⑤変わらない付き合い、先方の健康などを願う旨を述べる。

 

句読点は入れない。

 


Sponsored Link

喪中はがきの文例 夫が亡くなった場合の書き方

夫が亡くなった場合の文例を見てみましょう。

喪中につき、年頭のご挨拶を謹んでご遠慮申し上げます
本年○月に夫○○が○歳にて永眠いたしました
ここに本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに
皆様方が健やかなる新年をお迎えになりますよう心よりお祈り申し上げます

 

1の新年の挨拶を欠礼する旨
2の年頭の使用
3の誰がいつ亡くなったのか
4のお世話になったお礼
5の先方の健康などへの願い
6の句読点は入れない

という注意点に沿った文例です。

 

 


Sponsored Link

喪中はがきの文例 母が亡くなった場合の書き方

次に母親が亡くなった場合の文例を見てみます。

喪中につき、新年のご挨拶を失礼させていただきます
本年○月に母○○が(享年○○歳)が永眠いたしました
生前中に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼を賜りますよう謹んでお願い申し上げます

 

基本的な構成、注意点は同じです。

母の部分は義母の場合もありえますね。父、義父も同様です。

 

喪中はがきの文例 兄弟が亡くなった場合の書き方

兄弟が亡くなった場合の文例です。

喪中につき、年末年始のご挨拶を謹んでご遠慮申し上げます
本年○月に兄○○が○歳にて永眠いたしました
生前中に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼を賜りますよう謹んでお願い申し上げます

 

兄弟姉妹の喪中期間は90日です。その期間中にお正月が来る場合は喪中はがきを出しましょう。

 

はがきの内容、構成などの注意点は同じです。

 

喪中はがきの文例 祖父母が亡くなった場合の書き方

祖父母が亡くなった時の文例です。

喪中につき、年頭のご挨拶をご遠慮させていただきます
祖父○○(○○歳)が去る○月○日に永眠いたしました
生前中に賜りましたご厚情に深く感謝申し上げます
来る年も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます

 

一般的には祖父母の場合は半年以上前に亡くなられた場合は、喪中としなくてもよいとされています。
同居していたか、別居していたか、付き合いの度合いによっても違いますが、はがきの内容、構成などの注意点は同じです。

 

喪中はがき

 

【関連記事】

喪中はがきの書き方・連名での続柄や年齢は?薄墨で書く?

喪中はがきを出す範囲。親戚・兄弟の喪中期間やマナーは?

喪中で年賀状を出せない時は?喪中のお知らせはがきはいつまで?

喪中で年賀状の払い戻しや交換はしてもらえる?期間や手数料は?

喪中はがきの返信文例。友人への返事。時間やマナーは?

 

ここまで喪中はがきの書き方と文例をご紹介してきました。

 

家族や近親者の死という、悲しい出来事ですが、欠礼状(喪中はがき)を出すことは親しい方々へのマナーです。

 

もし喪中はがきを準備する立場になってしまったら、この記事をお役立てくださいませ。


Sponsored Link