季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

喪中の初詣はいつからできる?寺と神社の違い。厄払いは?

お正月といえば初詣

でも「今年は喪中だから初詣は行けないな」という人もいますよね。

 

ところで、そもそも喪中の時って初詣はしてはいけないものなんでしょうか。

 

喪中は一般的には人が亡くなってから1年間を指すことが多いですが、本当は喪中がどのくらいの期間なのか知っていますか?

 

この記事では、喪中の初詣、いつから参拝していいのか、お寺と神社との違い、お守りやお札を授けてもらっていいのかなどをご紹介します。

・喪中時の初詣はいつからできる?
・寺と神社の違いは?
・喪中時に厄払いはしてもいいの?
・御札やお守りは買ってもいいの?処分するには?

 

Sponsored Link

喪中時の初詣はいつからできる?

喪中でも初詣に行ってもいい場合もある

喪中 法要
一般的に喪中というと親しい人が亡くなってから1年間を指すことが多いもの。

 

年末の喪中の挨拶状も1年以内に不幸があった場合に出しますよね。

 

ところが、なぜ中期間が1年間かという根拠は特になく、完全に慣例なんです。

喪中とはそもそも次の通り亡くなった人を偲んで喪に服す期間のこと。

 

この期間中は心の中に死の穢れがあるので初詣だけでなくおめでたい場所、華やかな場所へ行くのは避けて、静かに個人を悼みましょうという期間です。

 

喪中には、実は戦前までは法令で定められた日数がありました。

それによると、喪中は長くても50日間なんです。

 

50日というと、多くの宗派で四十九日法要が行われたあと。

四十九日法要が無事済めば喪が明けたということになります。

なので、死後1年といわず、だいたい一ヶ月半が過ぎたり、日数を待たずとも四十九日法要が済めば喪が明けたとみなして初詣に行っても大丈夫ですよ。

 

さらに、お寺に初詣に行くのか、神社に初詣に行くのかでも話が変わってきます。

 

次の項目ではお寺に初詣に行く場合、神社に初詣に行く場合のことを書いていきますね。

 

寺と神社の違いは?

喪中でもお寺の初詣は行って大丈夫!

お寺 境内

 

そもそも死を穢れととらえるのは神道、つまり神社の考え方

神社の境内は清廉な場所なので穢れのある人は入ってはいけないと考えられています。

 

でも仏教はそもそも死が穢れとは捉えません

確かに人が亡くなったらお葬式でお寺の境内に入りますよね。

 

なので、お寺への初詣は喪中でも大丈夫とされています。

 

そして神道でも喪中とされるのは1年間では無く、だいたい50日です。

 

なので、1年間と言わず、おおよそ50日が過ぎたら初詣に参拝して大丈夫ですよ。

 

気になる人は鳥居をくぐらないで横を通り抜けるなどの気持ちを表すと良いですね。

 

ただ、喪中というのは気持ちの面が大きいもの。

知り合いの神主さんが以前こんなことを言っていました。

「初詣は新しい年の福を願う、華やかで明るい場所。やみくもに喪中だから初詣に行けないというのではなく、例え喪が明けていてもまだ落ち込んでいて明るい場所に行きたい気持ちにならないなら、無理して初詣にこだわらず、落ち着いてから参拝にきてくれたらいいんです」。

この辺りは神社や地域によっても考え方はさまざまでしょうが、初詣の一つの考え方としてご紹介しました。

 


Sponsored Link

喪中時に厄払いはしてもいいの?

お寺であれば大丈夫!神社の時にはひとこと相談を

神社 初詣
喪中期間中でも、以前から初詣で厄年のお払いなどをしてもらうことになっていた…という人もいるのではと思います。

 

でも初詣で手を合わせるだけならともかく、お祓いはどうなのかと考えてしまいますよね。

 

先に言ったように、お寺であれば死を穢れとして捉えません。

 

なので、お寺へ初詣へ行って厄払いをしてもらうのは喪中でも問題がありません

 

喪中でお払いをする必要にある場合は、神社では無くお寺にお願いすると無難です。

 

神社の場合は、50日以上経っていれば神社としても喪中では無いので問題なし。

まだその期間も明けていないときにはお払いをお願いする神社にあらかじめ相談しましょう。

 

御札やお守りは買ってもいいの?処分するには?

お寺の御札・お守りはOK。神社の御札・お守りは喪中が明けてから

お守り 神様
お寺の御札・お守り神社の御札・お守りは意味合いが違います。

お寺の御札やお守りは、御経などによって祈りが込められているもの。

神社の御札やお守りは、神様が宿っているものとされています。

神道の神様は穢れを嫌うので、喪中の間は神社で御札やお守りを授けてもらうのは避けましょう。

お寺で御札やお守りを頂くのはOKです。

 

古くなった御札やお守りは、授けていただいた神社やお寺以外でも処分をお願いして大丈夫です。

 

喪中であればお寺に初詣に行き、そこで処分をお願いするか、もしくは喪が明けてから神社に持って行きましょう。

 

喪中の期間は50日間。初詣に行って新年を祝おう

花 ピンク

 

【関連記事】
喪中の初詣は行っていいの?ダメな期間やお守りについて
喪中のお知らせはがきはいつまで?文例や喪中期間は?
喪中はがきを出す範囲。親戚・兄弟の喪中期間やマナーは?
喪中はがきの書き方・連名での続柄や年齢は?薄墨で書く?
喪中のお年賀の挨拶マナー。手土産の渡し方やのしの書き方。

 

中は神道でも50日程度とされています。

 

お寺なら喪中も関係なく初詣に参拝することができます。

 

もちろん自分の気持ちが前向きにならなければ、例え喪が明けていても無理して初詣に行くことはありません。

 

それでも、喪中には亡くなった人を悼むためにお寺で静かに初詣をするのもいいのではないでしょうか。

 

もちろん喪が明けたら神社の初詣も大丈夫。

新年の福を願うためにぜひ初詣に行きましょう。