季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

喪中の間に初詣は行っていいの?ダメな期間やお守りは?

Sponsored Link

初詣を、新年の習慣にしている人は多いと思います。
また、厄年当たる人は、厄払いにも行きますね。

 

もしも、身内に不幸があった場合は、どうすればいいのでしょうか?

 

一般に、喪中は初詣を含め、神社へ参拝してはいけないとされていますが、どのくらいの期間参拝してはいけないのでしょうか。

 

今回は、そんな喪中期間中の参拝についてです。

 

参拝を控えるべき期間や、参拝できない期間にお守りや祈祷を必要とする場合どうしたらいいのかなど、詳しくまとめていきます。

 

・喪中の間は初詣に行っていいの?ダメな期間は?
・喪中の間はお札やお守りは買っていいの?
・厄年の場合、喪中期間でも厄払いして大丈夫?
・喪中期間の場合、古いお札やお守りの処分は?

 

Sponsored Link

喪中の間は初詣に行っていいの?ダメな期間は?

初詣 参拝

 

神社に参拝してはいけないのはどうして?

社は、穢れ(ケガレ)を持ちこんではいけない場所です。

 

そして「死」は穢れとされています。

なぜ「死」=「穢れ」なのでしょうか?

「穢れ」は「気枯れ」つまり、気力がなくなっている状態に通じるという説があります。

身近な人が死ぬと、悲しみで気落ちしますから、気枯れ=穢れの状態にあるということになるのです。

そういったわけで、身内が亡くなって一定期間は神社に参拝してはいけないのです。

 

喪中は参拝してはいけない?

喪中 花
喪中の期間は、約一年間です。

 

このうち、中と呼ばれる期間は、神社へ参拝(初詣も含む)してはいけないことになっています。

 

忌中の日数は次のとおりです。

親・配偶者:50日間
祖父母:30日間
兄弟姉妹・子ども:20日間

忌中期間は、参拝だけでなく結婚式などのお祝いの席にも出席しない方がいいとされています。

 

喪中の間はお札やお守りは買っていいの?

お札 お守り
先ほど説明したように、喪中期間でも、忌が明けていれば神社へ参拝して構いません。

ですから、もちろんお札やお守りを買って大丈夫です。

 

では、忌中の場合はどうしたらいいのでしょうか?

その場合は、忌が明けてから、参拝して頂いてきます。

もし、受験や出産などを控えていて、忌明けを待てない場合は、代理の人に買ってきてもらうという方法もあります。

 


Sponsored Link

厄年の場合、喪中期間でも厄払いして大丈夫?

厄年 厄払い
お守りは代理の人に頼むとしても、厄年のお祓いはどうしたらいいのでしょうか?

神社では、忌中は参拝できないので、厄払いの為でも神社に入ってはいけません。

忌中の期間が終わるのを待って厄払いをしてもらいましょう。

忌明けを待っていたら、厄払いの時期(節分)を過ぎてしまうという場合はどうすればいいのでしょうか?

ひとつは、代理を立てるという方法があります。

代理を立てることができなければ、郵送やインターネットで祈祷を申し込むことが出来る神社も多いので、問い合わせてみましょう。

お寺 仏教
もう一つの方法は、おで厄除けをする方法です。

 

葬儀をお寺で行うこともあるくらいですから、お寺は喪中の期間(忌中期間でも)に参詣しても問題ありません。

 

仏教では、死は俗世から離れて極楽浄土へ行くこととされているので、死を穢れと捉えないのです。

 

ただし、厄について神社とお寺では考え方が異なります。

神社・・・厄は、避けるものではなく、乗り越えていく。
厄を無くすのではなく、大難を小難に、小難を無難にするために祈祷する。
お寺・・・仏様のお力で、厄を払っていただく。

このような考え方に違いで、神社では「厄払い」、お寺では「厄除け」と言います。

 

喪中期間の場合、古いお札やお守りの処分は?

神社 参拝
古いお守りは、年中いつでも神社で返すことができます。
ですから、忌明け後に返しに行きましょう。

 

郵送で返す方法もありますが、料金がかかる場合もありますから、送る前に問い合わせましょう。

 

参拝がダメなのは、忌中の間

神社 鳥居
【関連記事】

喪中の初詣はいつからできる?寺と神社の違い。厄払いは?

喪中はがきの書き方とその文例集まとめ(夫や母が亡くなった場合)

喪中はがきを出す範囲。親戚・兄弟の喪中期間やマナーは?

喪中で年賀状を出せない時は?喪中のお知らせはがきはいつまで?

喪中はがきの返信文例。友人への返事。時間やマナーは?

 

中期間中の参拝についてでした。

喪中期間中の参拝についてのポイントは3つ。

1.神社へ初詣に行ってはいけないのは喪中のなかでも忌中の期間だけ。
2.神社でお守りを買いたい時や、お祓いをしてもらいたい時は、忌明けを待つか代理を立てる。
3.お寺は、忌中に参詣して構わない。

この3つを押さえておけばOKですから、覚えておきましょう。

Sponsored Link