季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

喪中の初詣は行っていいの?ダメな期間やお守りについて

「喪中のため、年末年始のご挨拶はひかえさせていただきます。」といった喪中ハガキの届く季節になりましたね。

 

身近な人が亡くなったり、亡くなられてからあまり期間がたっていなくて、悲しみにうちひしがれているうちは別として、ある程度期間がたっていたり、故人があまり身近で無かった場合は悩みますよね。

 

「喪中の期間でも初詣に行けるんだろうか?お守りは買っていいんだろうか?」

「そもそも喪中の期間ってどのくらい?」

「血縁のどこまでが喪中に当たるの?遠い親戚でも喪中に該当するの?」

 

生きている身としては生活しなくてはなりませんから、初詣をして幸せを願いたくなるものです。そこで、喪中と初詣の関係について下記の内容でまとめてみました。

 

・喪中と忌中の違いは?それぞれの期間は?
・喪中・忌中の血縁関係と期間は?
・喪中の期間は初詣に行ってもいいの?
・鳥居をくぐらなければ喪中でも初詣に行ける?
・喪中時のお札やお守りの購入、古いお札の処分方法、厄払いについて

 

Sponsored Link

喪中と忌中の違いは?それぞれの期間は?

数珠

 

そもそも、一般的に「喪中」と呼ばれている期間には、実は2種類あると知っていましたか?それは「喪中」と「忌中」です。

 

喪中

喪中は故人の冥福を祈り、お祝い事や楽しい行事を避けて、つつしみを表す期間です。おおむね亡くなってから1年の期間をいいます。

 

忌中

忌中は身近な人が亡くなって、悲しみにうちひしがれている期間です。穢れ(けがれ)である死を忌み、かつては自宅にこもって謹慎していた期間でした。

 

現在では、おおむね四十九日の法要までの期間をいいます。

 

神教と仏教では違う

厳密にいうと、忌中と喪中があるのは、死という穢れを忌む神教だけです。

 

仏教では忌中というものが無く、宗派にもよりますが、多くの仏教宗派では四十九日の法要が終わると喪は明けてしまいます

 

 


Sponsored Link

喪中・忌中の血縁関係と期間は?

喪中 忌中 期間

 

上記の表は明治7年(1874年)に布告された太政官布告という法律によるもので、既に1947年(昭和22年)に廃止されています。しかし、俗習として現在も根強く残っているので、一応のめやすにして下さい。

 

めやすですから、故人と特別親しかったり(同居するなど)、逆にあまりお付き合いの無かった場合はこの限りではありません。

 

喪中の「喪」とは、故人の死を悼む気持ちを表現するものであって、あくまで自分の判断によるもので良いと思います。

 

一般的な喪中・忌中の期間とは?

喪中 忌中 期間

 

神教・仏教の厳格な信徒でない場合は一般的に上図のように、四十九日の法要までを忌中、亡くなってから1年間(1周忌の法要まで)を喪中、と考えれば良いと思います。

 


Sponsored Link

喪中の期間は初詣に行ってもいいの?

喪中 初詣

 

答えは○です。意外に思われたかもしれません。正確には、お寺は◎、神社は△。もう少し詳しく説明していきますね。

 

お寺への初詣は◎

仏教では「死を忌む」という考えかたはありません。仏教では死は俗世から離れて極楽浄土へ旅立つことだからです。だから、お寺で葬儀をする場合もあるし、法要もしますよね。

 

それゆえ、お寺への初詣は、喪中・忌中の期間でも可能です。

 

むしろ故人の冥福を祈り、やすらかに浄土へと旅立っていただくためにも、積極的にお寺へ初詣をして、鎮魂のお祈りすることをおすすめします^^

 

神社への初詣は△

 

神教では死は忌むべきもの、不浄のもの、つまり穢れ(けがれ)であると考えられています。ゆえに忌中の期間の神社への初詣は×です。

 

そうは言っても、喪中・忌中は自分の気持ちの表れで、個人の判断で良いのだから可能だとする考えかたもあると思います。

 

しかし、神社自体が神様への新年の寿ぎ(ことほぎ)の行事、つまり慶事をとり行っている期間ですからやはり控えるべきでしょう。

 

忌中が明けた喪中の期間の場合、つまり四十九日を過ぎてからの神社への初詣は○です。

 

 

むしろ四十九日の間、参拝できずに神様に無礼をしたという意味で、積極的なお参りを推奨する考えかたもあるくらいですね。

 

ただし神教は仏教と違い、地域の信仰にもとづいていることが多いので、「一般的にこうだ」と強く言い切ることができません。

 

神社によって考えかたが異なりますので、気になるようでしたら事前に問い合わせてみましょう。その場合は、年末年始は多忙なので、直前の問い合わせは控えて下さいね。

 

鳥居をくぐらなければ喪中でも初詣に行ける?

鳥居

 

前にも述べたとおり、お寺であれば鳥居は無いので初詣には行けます。神社の場合は、忌中の期間は、鳥居を避けて通っても×です。

 

四十九日を過ぎている場合は、穢れの期間を過ぎているわけですから、鳥居をくぐっても大丈夫です。

 

神社によっては喪中の人の参拝のために、鳥居の横に小さな門や小路をもうけてある所もありますから、気が引ける人はそちらを通れば更に良し、ですね。

 

喪中でもお札やお守りは買っていい?

お守り

 

初詣と同じで、お寺は喪中・忌中どちらも◎神社の場合は忌中は×という考えかたが一般的です。

 

忌中でない近しい人に買ってきてもらう、というのも控えたほうが賢明です。四十九日が過ぎてから、改めてお参りしていただく(買う)ようにしましょう

 

 

それでも合格祈願や出産祈願など、どうしてもと思う場合は神社に問い合わせてみて下さい。神社によって多少違いがあるので、郵送してくれるところもあります。

 

また、しめ縄や破魔矢など、年末~初詣の期間にしか手に入らないものもありますね。その場合は近しい人にいただいてきてもらい、忌中が明けてからお飾りするようにしましょう。

 

古いお札やお守りの処分方法は?

古いお札やお守りの処分

 

古いお札やお守りをお焚き上げに出す(お返しする)のは初詣の期間だけではありません。どこの神社、お寺でも通年行われています。

 

ですから、神社の場合忌中の初詣期間は避け、四十九日が過ぎてからお焚き上げしてもらいましょう。お寺の場合は初詣の期間中でも差し支えありません。

 

具体的なお焚き上げへの納め方について、もう少し詳しく説明いたします。

 

お札やお守りの有効期間

 

お札やお守りの効果については、これといった決まりはありません。

 

しかし、少しずつ俗世の気によって穢れが生じ、効果が薄れると考えられているため、1年をめやすに新しいものと交換するようにしてください。

 

つまり、「より高い効果を発揮する」ために、古いものは感謝をしてお焚き上げへお納めし、新しいものをいただく(買う)ということですね。ただ、特に思い入れのあるお札やお守りは、ずっと持っていてもかまいません。

 

どこに返したらよいのか?

いただいた(買った)神社、お寺へお納めするのが基本です。どこで買ったかは、お札やお守りの袋に○○神社、○○寺と書いてあるのでわかると思います。

 

初詣期間中であれば必ず「お焚き上げ」とか「古札納所」などという場所があるはずです。初詣期間中でなくても、通年、納所が設置してある神社、お寺も多くあります。

 

初詣期間中でなく、納所が無い場合でも、職員の人に尋ねれば受け取ってもらえます。遠方で行けない場合や、所在がわからない場合は次に説明しますね。

 

お焚き上げ

 

神社のものは神社へ、お寺のものはお寺へ

人からもらったお守りなどで、遠方にあるため直接お焚き上げにお納めできない場合がありますよね。そんな場合には次の2つの方法でお納めすることができます。

神社のものは神社へ、お寺のものはお寺へお納めする

 

いただいた神社、お寺へお納めするのがベストですが、遠方にあったり、所在がわからなかったりして直接お納めできない場合は近所の神社やお寺へお納めします。

 

この時の注意点は、神社のものは神社へ、お寺のものはお寺へお納めするということ。

 

神社=○○神社、○○大社、○○神宮、など

お寺=○○寺、○○寺院、○○不動尊、など

 

郵送する

 

住所が判明している場合は郵送することも可能です。

 

その場合は神社なら「○○神社社務所 御中」、お寺なら「○○神社寺務所 御中」とあて先し、神社の場合は「お焚き上げ依頼」、お寺の場合は「焼納依頼」と記して下さい。

 

またお焚き上げ料、焼納料として、お守りやお札と同額程度の郵便為替(定額小為替。郵便局で買えます)を同封してくださいね。

自宅で処分する

お守り

 

ベスト、ベターの方法を説明してきましたが、最終手段として自宅で処分する方法もあります。と言っても、そのままゴミに出すのではなく、処分する前にお清めをしましょう。

 

用意するものは古札やお守り、白い半紙(なければ白い紙)、塩

 

半紙の上に古札・お守りを置いて、上から塩を「左・右・左」と振りかけて下さい。そのまま深い感謝の気持ちで、そっと包んで終わりです。

 

厄年だけど喪中でも厄払いは大丈夫?

喪中であっても厄払いはできます。しかし神社での厄払いはやはり忌中は×。神社で厄払いをしていただく場合は四十九日の法要が済んでからにしてください。

 

厄年は男性と女性によって違います。厄年にあたるかどうかはこちらで確認できます。

 

 

【関連記事】

喪中はがきの書き方とその文例集まとめ(夫や母が亡くなった場合)

喪中はがきを出す範囲。親戚・兄弟の喪中期間やマナーは?

喪中で年賀状を出せない時は?喪中のお知らせはがきはいつまで?

喪中はがきの返信文例。友人への返事。時間やマナーは?

 

・忌中の期間は四十九日の法要まで。喪中は1年。

 

・忌中・喪中でもお寺へは初詣に行ける

 

・神社への初詣は忌中期間は×、四十九日を過ぎたら○

 

・お札やお守りは1年をめやすにしましょう。

 

・古札やお守りは神社のものは神社へ、お寺のものはお寺へ

 

・自宅で処分は最終手段。

 

・厄払いも初詣と同じ。

 

喪中の期間には初詣には行けないものだと思い込みがちですが、お寺と神社では違うことがお分かりいただけましたでしょうか。

 

以上のことを参考にして、新年は良い初詣をお参りして下さいね。


Sponsored Link