季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

水風呂の効果と効能。夏場の入り方や水温は?めまいは危険?

Sponsored Link

銭湯に行くと、たいてい設置されている水風呂

 

健康の為に入るイメージですが、具体的にどういった効果があるのかご存知ですか?

 

今回は、水風呂の効果や効能についてです。

・水風呂の効果や効能は?
・夏場に入る場合の水温や入る時間帯は?
・水風呂の効果的な入り方は?
・水風呂に入る時の注意点は?サウナ後の水風呂でめまいを感じたら危険?
・水風呂から出た後の過ごし方は?

 

Sponsored Link

水風呂の効果や効能は?

水風呂 効能

 

免疫力があがる

風呂は体を冷やすので、健康によくないと思うかもしれませんが、体は、冷やされるとなんとか体を温めようとします。

 

その働きが、体の抵抗力を高めるのです。

風邪をひきにくくなったり、花粉症などのアレルギー疾患が改善することもあります。

アトピー性皮膚炎が改善する例もあるんですよ。

 

血管の柔軟性UP

水風呂に入ると、冷たさから血管が収縮します。
温浴時には、血管が広がります。

 

交互浴によって、膨張と収縮を繰り返すと、血管が強くなるのです。

冷水 効果

 

自律神経を整える

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経は温めた時に活発になりますから、温浴によって活性化されます。

逆に、副交感神経は、水風呂に入った時に刺激されます。

 

つまり、風呂と水風呂(サウナと水風呂)に交互に入れば、自律神経を整えられるのです。

 

ダイエット効果

水風呂に入り体温が下がると、体温を上げようと体は脂肪を燃焼させます。

 

アンチエイジング効果

冷水によって、肌を引き締めることができます。
肌のたるみが改善されたり、毛穴が締まったりします。

 

夏場に入る場合の水温や入る時間帯は?

夏場 水温 

 

蒸し暑い日本の夏に行水や水風呂は最適です。

水風呂で体温を下げることで、涼を得ることが出来ます。

涼む為なら、暑い日中に入るのがいいでしょう。

 

逆に、新陳代謝を高める目的なら、午前中がおススメです。
目覚めがよくなります。

 

夜は、眠りにくくなる可能性があるので、あまりおススメできません。

時間帯は、夕方までにしておくといいでしょう。

水温については、水道から出る水の温度で構いません。

 

ただダイエット効果を得るなら20度前後、自律神経を整える目的なら17度前後がよいとされています。

 


Sponsored Link

水風呂の効果的な入り方は?

水風呂 入り方
まず、入浴前に水分補給は忘れないようにしましょう。

 

効果的な水風呂の入り方は「交代浴」「交互浴」などと呼ばれる方法です。

これは、温浴(温泉やお風呂)と冷浴(水風呂)を繰り返す方法です。

 

温浴と冷浴の温度差は、20度前後がよく、時間は1~2分ずつ何セットか行うとよいでしょう。

ポイントは、最後が水風呂になるように行うことです。

もちろん、サウナと水風呂を交互に入る方法でも、同じ効果が得られます。

 

サウナを使う方法では、より体に負担がかかりますから、休憩も挟んでください。

家庭では、浴槽が一つしかありませんから、交代浴は難しいですね。

その場合は、湯船にお湯をはり、温まった後で、水シャワーを浴びる方法で代用できます。

ダイエットに効果的!自宅で簡単交互浴の方法!

 

 

水風呂に入る時の注意点は?サウナ後の水風呂でめまいを感じたら危険?

水風呂 危険
水風呂は、身体への負担が大きい入浴法です。

高血圧症や心臓疾患、循環器疾患などを抱えている人には向きません。

体調不良の場合も避けましょう。

 

また、水風呂に入る場合は、足からゆっくりと入りましょう。

間違っても、飛び込んではいけません。

 

そして、水風呂に入る時間は1~2分程度が目安です。
長時間入ると体が冷え過ぎますから注意しましょう。

 

水風呂から出た後の過ごし方は?

水分補給 リラックス
温浴の時と同じく、水風呂に入った時も、水分補給をしてリラックスしましょう。

 

血行がよくなっているので、ストレッチをするのも効果的です。

 

慣れないうちは無理をしないで

混浴 冷浴

 

【関連記事】

朝シャワーのメリット・デメリット!効果や時間は?髪に良くない?
ウォーキングとジョギングの効果と消費カロリー。どっちが痩せる?
ラジオ体操の効果。高齢者の健康に良い?腰痛、肩こり改善。
水泳のダイエット効果。時間や泳ぎ方は?ペースはどれくらい?
座り方ダイエット。姿勢で痩せる!座りながらできるダイエット方法。

 

今回は、風呂の効果や効能についてでした。

・免疫力があがる
・血管の柔軟性UP
・自律神経を整える
・ダイエット効果
・アンチエイジング効果

という5つの効果が期待できることが分かりました。

温浴と冷浴を繰り返す交代浴をするとより効果的です。

 

ただし、交代浴は、体に負担がかかる入浴法でもあります。

 

慣れていない人は、最初はぬるま湯をシャワーでかけるだけにするなど、徐々に慣らしていくといいでしょう。

Sponsored Link