季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

宮島水中花火大会2018の日程と穴場!有料観覧席やクルーズは?

Sponsored Link

島水中花火大会は毎年広島県で8月下旬に開催される花火大会。

 

世界文化遺産にも指定されている嚴島神社が舞台となっています。

 

海に浮かぶ大鳥居と扇形に広がる水中花火の幻想的なコラボが神秘的な景色を作りだし、見る人を魅了します。

 

海上にも反射するのでなんともいえない美しい光景ですよ。

 

今回は宮島水中花火大会2018について、詳しい日程やアクセス方法をご紹介していきます。

・宮島水中花火大会2018の日程と見どころ!混雑は?
・宮島水中花火大会の観覧場所は?有料観覧席やクルーズはある?
・宮島水中花火大会の穴場スポットはこちら!
・宮島水中花火大会が見えるおすすめのホテルは?
・宮島水中花火大会のアクセス情報。駐車場は?

 

Sponsored Link

宮島水中花火大会2018の日程と見どころ!混雑は?

宮島水中花火大会日程

※2018年の花火大会は中止となりました。

日程2018年8月25日(土)
時間:19時30分~20時30分
※雨天決行。25日が荒天の場合は翌週の9月1(土)に延期。

混雑状況

宮島は船でしか行けない小さな島です。
そこに、例年約5万人以上の人が花火を見るためにやってきます。

 

観賞スポットは午前中から場所取りが始まりますから、早めに宮島入りしましょう。

 

フェリーは10分おきに出ていますが、乗船も混み合いますから時間に余裕をもって渡ってくださいね。お子さん連れの方は迷子にならないよう注意しましょう。

 

帰りのフェリーは2時間以上待つ可能性もあるので、早めに切り上げるのもおすすめです。

 

また本土は約30万人もの観光客がいるので、宮島に渡らず本土から観賞する場合も、宮島口周辺は大変混み合いますので良い場所で観るなら早めの行動が吉ですよ。

 

宮島水中花火大会の見どころ

花火 見どころ

 

日本三景のひとつ、海にそびえる大鳥居と花火を同時に眺める景色は格別。

 

巨大な水中花火の光の中に浮かび上がる、大鳥居と社殿のシルエットは神々しくもあります。

 

鳥居と水中花火のコラボは宮島水中花火大会ならではの演出。

とくにフィナーレは感動すること間違いありません。

 

宮島水中花火大会はスターマインやUFO花火、音楽花火などを含めて約5,000発の花火が打ち上げられます。

花火の見どころは、なんといっても約150発の水中花火

 

水中花火 観覧

 

水中花火は会場が海だからこそ見られる花火で、海面から半球型に上がります。

打ち上がる花火と違って、目線の高さに見えますから迫力満点ですよ。

 

もうひとつの見どころは、観覧の船です。

宮島水中花火大会では、花火を海上から眺めるための観覧船がたくさん出ます。

 

船から間近で見る花火は格別ですし、また地上から見る場合も、約500隻の観覧船がひしめく様子を眺めることができるのがなんとも風流です。

 

宮島水中花火大会の観覧場所は?有料観覧席やクルーズはある?

宮島水中花火大会 有料観覧席

 

有料観覧席

宮島水中花火大会では、有料観覧席が設けられています。

 

無料の観覧スポットはとにかく人が多く、かなり早い時間から行動を起こさないと良い場所が確保できないことも多いです。

しかし有料観覧席なら余裕を持って行動できるのでとても楽ですよ。

申し込み先:宮島水中花火大会実行委員会(宮島観光協会内)

TEL:(0829)44-2011

申し込み期間:7月1日(日)午前9時~

申し込み方法:電話にて回申し込み後、郵便振替・現金書留で入金

料金:1席 6,000円

※一回の電話で最大6席まで申込可

 

クルーズ

瀬戸内海汽船トラベルサービス
TEL:082-545-5501
広島ベイクルーズ銀河
TEL:082-255-3344

 


Sponsored Link

宮島水中花火大会の穴場スポットはこちら!

宮島水中花火大会 穴場スポット

 

観覧スポットや穴場スポットの場所取りには早い時間からの行動や、場所を確保するために長い間待機しなければならないこともあるでしょう。

 

時期的にかなり暑いので、熱中症対策は必須です。

帽子や日焼け止め、そして定期的な水分補給は欠かさないようにしましょう。

 

それでは宮島水中花火大会の穴場スポットをご紹介しますね。

 

フジグランナタリー

屋上駐車場が穴場スポットです。

視界を遮るものがないので、宮島に渡らずに花火を堪能できます。

 

ショッピングセンターの屋上なので、トイレや飲み物などの心配も要りません。

 

 

地御前神社前の海岸

こちらも宮島に渡らずに、花火を楽しめる場所です。

宮島花火大会の会場から少し離れた場所ですが、意外にも花火がよく見えるんですよ。

 

正式な観覧エリアではないので、トイレや売店などはありませんから注意しましょう。

 

 

厳島神社

厳島神社 広島

 

宮島水中花火大会は、広島で盛大に行われる花火のイベントです。水上からの打ち上げ花火を目の前で見上げるなら、厳島神社や大鳥居を目印にして、場所取りを始めると良いポジションを取れるでしょう。

 

厳島神社や海に囲まれている大鳥居は、観光客も多く集まるスポットですから、花火大会を見るための穴場スポットとしては、有名で知られている場所ですね。

 

打ち上げ花火 華麗

 

宮島表参道商店街

宮島のメインストリート的な表参道商店街も、宮島水中花火大会の打ち上げ花火が見られる場所です。宮島表参道商店街は観光地としても人気が高いですが、夜になると人通りも減るので、路上から花火大会を見上げるには絶好のスポットになるでしょう。

 

宮島表参道商店街はお土産店が多く、もみじ饅頭やアナゴ飯などを購入できます。お土産を買いながら花火大会を待つのも良いですよね。

 

大願寺


大願寺は宮島町にあります。厳島神社とともに有名な観光スポットとして知られていますが、宮島水中花火大会付近のおすすめの穴場と言えるでしょう。

 

夜空に打ち上げられる花火を眺めることのできる空間が大願時にはあります。お寺でお参りしてから花火大会を鑑賞する余裕があると良いですね。

 

大願時は弘法大使空海が建設に関わったとして考えられています。神聖な場所から宮島水中花火大会に参加することも良い思い出になるでしょう。

 

龍髯の松


龍髯の松は、宮島にある立派な松の木々の事です。龍髯の松の付近は静粛な路地が広がり、茶屋で休息をとる観光客も多くいます。

 

宮島水中花火大会の近くでとっても風情のある場所です。日本の自然の偉大さを、龍髯の松と宮島水中花火大会で感じ取ってください。

 

宮島水中花火大会が見えるおすすめのホテルは?

宮島水中花火大会 ホテル

 

宮島水中花火大会は人手がものすごく、帰りは特に混雑するため、家路につくのも一苦労です。

 

帰りの混雑を計算して早めに帰路に着く人も大勢いますが、それでも混み合っていてなかなか前に進まない状態が何時間も続いたりします。

花火大会の最後までいた場合、終電に間に合わないことも考えられます。

 

その点、宿泊すればかなりの余裕を持って行動できるので、花火も心ゆくまで満喫できますよ。

 

それではおすすめの宿泊所をご紹介しますね。

 

蔵宿いろは

大鳥居を臨む露天風呂があり、部屋から花火を見ることができます。

蔵宿いろは

〒739-0559 廿日市市宮島町589-4
TEL:0829-44-0168

 

宮島の宿 聚景荘

山の上から、鳥居を見降ろす立地なので上から花火を楽しめます。

宮島の宿 聚景荘

〒739-0533 広島県廿日市市宮島町50
電話番号:0829-44-0300

 

菊乃屋

部屋から花火を見たい場合は、海側の部屋を予約しましょう。

宮島の宿 ホテル菊乃屋
〒739-0523 広島県廿日市市宮島町335番地
TEL 0829-40-2400

 

宮島水中花火大会のアクセス情報。駐車場は?

アクセス情報 駐車場

 

打ち上げ場所

広島県廿日市市宮島町嚴島神社
嚴島神社の大鳥居沖合400mの海上が打ち上げ場所です。

 

アクセス


宮島水中花火大会実行委員会(宮島観光協会内)
TEL:0829-44-2011

 

宮島で観賞する場合

JR「宮島口駅」または広島電鉄「広電宮島口駅」よりフェリーで10分

 

広島港から宮島港行瀬戸内シーラインで25分

 

本土から観賞する場合

JR「宮島口駅」または広島電鉄「広電宮島口駅」より徒歩すぐ

 

花火 宮島

 

駐車場

花火客用の駐車場はありません。

宮島は道が狭く入り組んでいるので、普段から車で渡る人はほとんどいません。

もし、どうしても車で渡りたい場合は宮島に一泊するつもりで渡りましょう。

(フェリー乗り場付近が深夜まで車両乗り入れ不可のため)

 

また、フェリー乗り場の宮島口付近の駐車場は、直ぐに埋まってしまいます。

JR広島駅周辺など、宮島口へのアクセスがいい場所の一般駐車場に停めるのがおすすめです。

 

車両交通規制

宮島では、17:30~00:00
本土では宮島口周辺を中心に16:00~21:00

 

宮島での観覧は時間に余裕を持って

宮島 観覧

 

【関連記事】
関門海峡花火大会の穴場スポット!おすすめホテルは?

 

島水中花火大会は、幻想的な光景はもちろん、音楽とのコラボもとても素晴らしく感動します。

 

そのため毎年小さな島に観光客が大勢押し寄せるので、良い場所で見たい場合は午前中に宮島入りしておくのがおすすめですよ。

 

帰りも相当に混み合いますから、帰路のフェリーチケットや電車の切符も買っておくといいですね。

またはホテルなどに宿泊するのも良いでしょう。

 

鳥居と花火の絵面も感動的で、心に残る花火大会といえます。

この夏、感動したいならぜひ宮島水中花火大会へ行ってみてくださいね。

きっと来てよかったと思いますよ。

Sponsored Link