季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

明治神宮の七五三。プラン予約、初穂料。混雑状況について

お子様の健やかな成長を祝う七五三

お参りする神社に明治神宮を選んだ方も多いことでしょう。

 

明治神宮は東京都渋谷区にあって、アクセス性も非常に良く、日本有数の参拝者数を誇る神社。初詣の参拝者数は例年日本一、東京のパワースポットとしても有名ですね。

 

明治神宮は七五三の参拝神社としても非常に人気があるんですよ。理由は、明治神宮ならではのサービスが充実しているから。

 

そこで明治神宮での七五三のお参りをお考えの方のために、明治神宮の七五三の情報について、いろいろご紹介したいと思います。

 

・明治神宮の七五三のご祈祷の流れ。予約は必要?初穂料は?
・明治神宮の七五三の混雑状況は?
・明治神宮のアクセス方法。駐車場はある?
・出張撮影はしてもらえる?着付けやヘアメイクはある?
・ランチにおすすめの場所はここ!

 

Sponsored Link

明治神宮の七五三のご祈祷の流れ

 

明治神宮で七五三のご祈祷をしてもらう場合の、おおまかな流れをご説明しますね。

 

ご祈祷の受付時間は毎日09:20~16:20の間、随時行われています。ご祈祷は30分ごとに行われているので、待合所での待機時間は最短5~10分程度、混雑がなければ最長でも30分くらいです。

 

ご祈祷が約30分ですから、全体的な所要時間は60分程度をみておけば大丈夫でしょう。

 

ただし11月3日は明治神宮の祭典のため、例年非常に混雑します。また11月15日前の土曜日・日曜日も混雑します

 

この日は時間帯によっては60分程度の待ち時間があるかも知れません。

 

明治神宮の七五三のご祈祷の流れ

 神楽殿にて受付け 受付時間09:20~16:20

 

  申込用紙に記入

 

  初穂料の支払い

 

  ↓

 

 待合所で待機 (待ち時間あり)

 

  ↓

 

 神楽殿にて祈祷 (所要時間約30分)

 


Sponsored Link

明治神宮の七五三に予約は必要?初穂料は?

明治神宮の七五三に予約は必要?

スマホ 女性

 

結論から言うと、予約は必要ありません

参拝だけ(祈祷をしない)の場合、これはもちろんご自由に。

 

ご祈祷をしてもらう場合でも、基本的には全て当日受付けです。神楽殿にて、毎日09:20~16:20の間、随時ご祈祷の受付けをしています。(一部、特別な祈祷を除く)

 

急に体調が悪くなったりしてもすぐ日程をずらせて、思い立ったら即行けるなんて、ありがたいですよね。

 

初穂料は?

初穂料 のし袋

 

明治神宮の初穂料は次のとおりです。雅楽や神楽舞の人数などによって違うんですが、一般的には5,000~10,000円くらいの方が多いようです。

 

もちろん、初穂料=気持ち ですので、6,000円でも15,000円でもOKなんですよ。下表はあくまで目安です。

 

  初穂料(円) 備 考
大祈願祭 50,000~ 神楽舞(4人)
祈願祭 30,000  神楽舞(2人)
 〃 10,000   〃
 〃 5,000   〃

 

 

この他にも予約制になりますが、特別祈願祭100,000円~、特別大祈願祭300,000円~なんてのもあります。あまり現実的じゃありませんが、一応参考のため(^^;)。

 


Sponsored Link

明治神宮の七五三の混雑状況は?

七五三 親子

 

通年を通して参拝客の多い明治神宮。七五三の時はどれくらい混雑するのか気になりますよね。

 

前にも述べましたが、11月3日(祝:文化の日)は明治神宮の祭礼の日にあたるため、非常に混雑します。また11月15日(七五三の日)の前の土曜日・日曜日も混雑します

 

と言っても広い境内ですから、押せや押せやの混雑というわけではありません。お子様と手を繋いでゆっくり歩けるスペースは充分にあります。

 

ただし境内は砂利敷が多いので、ベビーカーの使用は避けたほうが無難です。

 

 

受付けは随時行われていますが、祈祷までの待ち時間はあります。祈祷は30分ごとに行われていますが、非常に混雑している時間帯だと祈祷1回分以上の待ち時間(60分以上)があるかも知れません。

 

11月15日前の土曜日・日曜日を避ければ、ほぼ待ち時間なし(30分以内)でご祈祷を受けられるでしょう

 

基本的に、何月からでも受け付けてくれるので、早めにお参りを済ませておくと楽ですよ♪

 

明治神宮のアクセス方法。駐車場はある?

場所:明治神宮

住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1

電話:03-3379-5511

地図:


公式HP:明治神宮

 

電車の場合

原宿口(南口)利用の場合:JR山手線原宿駅より徒歩、東京メトロ千代田線・副都心線明治神宮前駅より徒歩

 

代々木口(北口)利用の場合:JR山手線代々木駅より徒歩、都営地下鉄大江戸線代々木駅より徒歩、東京メトロ副都心線北参道駅より徒歩

 

参宮橋口(西口)利用の場合:小田急線参宮橋駅より徒歩

 

車の場合:首都高速4号新宿線代々木ICより約5分 原宿口、代々木口から境内に入れます

 

 

駐車場

明治神宮の駐車場(無料)は3ヶ所あります。ご祈祷をしてもらう場合は利用が可能です(参拝のみの場合は利用できません)。この他、周辺には有料駐車場も多数あります。

 

 

出張撮影はしてもらえる?

明治神宮の台紙でお届け

七五三 女の子

 

明治神宮では出張撮影はしていませんが、スタジオ撮影を行っています。

1ポーズの普通台紙で10,800円~

 

ポーズ数や写真の大きさ、台紙の種類によって様々なプランがあります。

撮影から1ヶ月前後でお届け

 

明治神宮の格調高い台紙に収まっているので、非常~に見栄えが良いですよ!

 

 

記念写真は別撮りするのもアリですが、せっかく着付けをしているので、1日で全部済ませちゃった方が便利ですよね。こちらも予約不要で当日申し込みでOKなんです。

 

詳しくお知りになりたい方はこちらをどうぞ。

 

記念すべき1日を出張撮影で収めて欲しい

 

記念すべき七五三の1日を一部始終を写真で残したい。普段の笑顔で、素敵いっぱいな写真を残したい。とお考えの方に人気の出張撮影。

 

明治神宮周辺で出張撮影を扱っているカメラマンさん・写真スタジオをいくつかご紹介しておきましょう。

 

いずれもキッズ撮影のプロばかりなので、安心してお任せできると思います。

 

 

着付けやヘアメイクをしてもらえるところはある?

七五三 女の子 着付け

 

あります!実は明治神宮内で、着付けやヘアメイクをしてくれるところがあるんです。もちろん着物1式もレンタルできちゃうんですよ!

 

しかも希望すれば、ご両親の着物のレンタルから着付け、メイクまでお願いできるんです♪

 

そのままスタジオで写真撮影して、ご祈祷へ~ということも可能ですよ。返却は16時まででOKなので、ほぼ丸1日の時間があります。これは便利ですよね(^ー’*)b

 

 

明治神宮の七五三詣りプランは36,000円~

この中にはお守りと記念品、千歳飴が付いています。

 

お子様の着物レンタルと着付けで、着物はもちろん、お好きな着物を選べます。その他、料金は下表を参考にしてみて下さいね。

 

  着物レンタル料 着付け料 ヘアメイク料 備 考
お子様 36,000円~  込み  込み お守り、記念品、千歳飴付き
お父様 27,000円~ 8640円  なし 紋付き袴一式
お母様 30,240円~ 10,800円~ 5,400円 訪問着一式、メイクはありません

 

詳しくお知りになりたい方はこちらをどうぞ

 

ランチにおすすめの場所はここ!

七五三 千歳飴

 

明治神宮で七五三のお参りをするときに便利な、ランチの場所をご紹介しましょう。

 

イチオシは明治神宮文化会館内にあるレストラン「よよぎ」。こちらは明治神宮の中にあるので、境内を移動するだけで済みます。車を移動させる必要が無いのはありがたいですね。

 

しかも会席料理や松花堂御膳、お子様ランチなど和食から洋食まで本格的にお食事をいただくことができます。

 

レストラン よよぎ

レストラン よよぎ

 

住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1

明治神宮内電話:03-3379-9222

公式HP:レストランよよぎ

営業時間:10:30~閉門30分前まで

 

 

混雑はイヤ!予約でサクっと、しかも個室がいいな~♪

 

明治神宮から近くて、ランチの時間に開店、お子様OKで予約可能、しかも個室があればなおいいな…。という方にはこちら。

 

和食のお店ですがランチには懐石のほかにお手軽な松花堂風のお弁当重もあります。

 

雅灯(ガトウ)
雅灯
住所:東京都渋谷区神宮前5-51-6 テラアシオス南青山B1F電話:03-3406-0990公式HP:雅灯(ガトウ)営業時間:ランチタイム11:30~15:00

 

子供が草履で砂利道を歩くのは大変~!

七五三 女の子

 

【関連記事】

七五三のお参り。初穂料のし袋の相場や書き方。いつ渡す?

七五三のお祝い金の相場。孫、姪や甥の場合。のし袋の書き方

七五三。7歳の女の子の着物の選び方。相場やレンタルについて

七五三。女の子(7歳)の髪型まとめ。自分で簡単にする方法は?

 

小さなお子様が、慣れない着物を着て、慣れない草履をはいて、明治神宮の広い境内をずっと歩くのはちょっと大変。

 

境内は砂利道が多いので、途中で「抱っこ~!」と言われかねません。

 

お母さまが着物だったりしたら、さぁ大変です。お父様に抱っこをお願いしたら、カメラマンが居なくなっちゃいますよね。

 

 

そこで、お子様には普段の運動靴を持参しておくと便利です。ちょっと見栄えは悪いですが、長い砂利道が終わったら、こそっと履き替えてもらっちゃいましょう。

 

このほうがお子様も楽チン、お母様も楽チン。賢く立ちまわって、顔いっぱいの1日を過ごして下さいね♪

 

良いお参りになることを、心よりお祈りいたしております☆彡


Sponsored Link