季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

明月院(鎌倉)のあじさい2016の見頃や開花情報。混雑状況は?

青に染まるあじさい寺『明月院』

 

なぜか惹かれる花々の下をくぐると、まるで仏様に頭を下げているような感覚になり、どことなく心清められるような気がします。

 

明月院のあじさいの中心は「姫あじさい」

『明月院ブルー』とも呼ばれる鮮やかな青色は、透明感があって明るく癒やされる色合い。

 

 

明け方、夕方、そして雨の日のあじさいはとても美しく、6月には朝早くから多くの人が訪れます

 

梅雨の季節は思わず気分も沈みがちになりますが、そんな気持ちを晴れやかにしてくれるほど美しいあじさいが、明月院にはたくさん咲き誇るんですよ。

 

そんな明月院のあじさいの開花情報、おすすめ散策コースなどのお楽しみ情報を下記の流れでたくさんお伝えしていきたいと思います。

 

・明月院のあじさい2016の期間、開花情報は?
・明月院のあじさいの見ごろ、混雑状況は?
・明月院おすすめ散策コース
・明月院のアクセス方法、拝観料は?
・明月院周辺おすすめ観光スポット

 

Sponsored Link

明月院のあじさい2016の期間、開花情報は?

 

明月院のあじさいの開花期間は6月上旬から7月上旬頃まで。

 

2016年も平年並みの開花が予想されているので、6月上旬より早咲きが色づきはじめ、最盛期を過ぎて7月上旬頃まで楽しむことができるでしょう。

 

明月院の大部分を占める姫あじさいは雪国のあじさい。

雪の重りで折れないように、とてもしなやかで粘りのある枝をしています。そのしなやかさは女性的な雰囲気もあります。

 


Sponsored Link

明月院のあじさい2016の見ごろは?

明月院 姫紫陽花

 

明月院のあじさいが見頃を迎えるのは6月中旬から下旬

 

特に明月院ブルーが最も深い青になる、6月20日から27日頃が1番美しい時期と言えるでしょう。

 

2016年は、6月18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)あたりが「あじさい日和の週末」となりそうですよ。

 

これより早い時期に行くと明月院では花ショウブとあじさいを両方楽しむことができるんです

 

明月院には約800株の花ショウブが植えられていて、年々見事さを増しています。

こちらの見ごろは5月下旬から6月上旬

 

明月院ブルーに絞って出かけるか?混雑する時期を外して花ショウブと両方を楽しみに行くか?これは悩みどころですね。

 

せっかくですから、梅雨空をよそに地上に華やかに咲き広がる花菖蒲とあじさいを見るのもおすすめですよ。

 


Sponsored Link

明月院のあじさい期間中の混雑状況は?

明月院

 

見ごろが予想される時期には、大変に大勢の人が明月院に訪れます。

 

「あじさい日和の週末」となる2016年の6月18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)あたりは以下のことを想定して下さい。

・開門の8時30分ごろには既に50~100人前後の待ち行列ができます。

 

・10時前後より入場制限がかかります。

 

・入場するまでに2時間くらい待つことがあります。

 

・11時ごろになると北鎌倉駅から明月院まで行列になってるのかと思われるくらい、ぞろぞろと歩いている人が全て明月院に向かいます。

 

・院内でゆっくり立ち止まって写真を撮る余裕がほぼありません。

 

・週末の明月院近辺は、車両が通行止めになります。

 

 

平日でもかなりの人出で、10時~13時ごろには入場制限がかかることがあります。また、入場まで1時間待ちの可能性もあり、8時30分の開門前待ちの人もいます。

 

平日の15時過ぎから閉門の17時までが狙い目の時間帯かも知れません。

 

明月院おすすめ散策コース

明月院 あじさい

 

せっかく明月院を訪れるなら、周辺のお寺も巡ってはいかがでしょうか?おすすめ散策コースを選んでみました。

 

目安として所要時間をあげていますが、待ち時間は含まれていないのでご了承下さい。

○所要時間約3時間

①鎌倉駅→小町通り→浄光明寺→海蔵寺→明月院→浄智寺→東慶寺→円覚寺→北鎌倉駅

 

○所要時間約1時間40分

②明月院→浄智寺→健長寺→円応寺→鶴岡八幡宮→鎌倉駅

 

○所要時間約40分

③明月院→浄智寺→東慶寺→円覚寺

 

明月院のアクセス方法、拝観料は?

明月院

 

アクセス

住所:神奈川県鎌倉市山ノ内189

電話:0467-24-3437
地図:


拝観時間:6月は8時30分~17時、その他の時期は9時~16時

拝観料:6月は500円、その他の時期は300円

庭園拝観料:別途500円

 

電車の場合:JR北鎌倉駅より徒歩約10分

 

車の場合:横浜横須賀道路朝比奈ICから7.5km、約20分

 

駐車場情報

明月院に駐車場はありません。最寄の有料駐車場をご利用下さい。

ただし近隣の有料駐車場はどこも台数がとても限られています。大規模の駐車場はありません。

 

したがって、見ごろの時期は朝から大変に混雑しますのでご注意下さい。

駐車場情報はこちら

 

明月院とあじさいについて

出典:matome.naver.jp

出典:matome.naver.jp

 

明月院は西暦1400年以前に、禅興寺というお寺の塔頭(たっちゅう)として草創されました。

塔頭というのは弟子が師を慕って建てる塔や庵などの小院のこと

 

明月院にあじさいが植えられたのは第二次世界大戦後。

 

当初は「手入れが楽だから」というびっくりの理由だったそうですが、次第に有名になり、住職や有志の方々が挿し木で増やし、現在は約2500株ほどのヒメアジサイが季節を彩っています。

 

雪国で生まれたとされている姫あじさい。

ネーミングの由来は、発見者で植物学者の牧野富太郎氏が、そのお姫様のように愛らしい姿から名付けました。

 

明月院

 

明月院はりの窓」という丸窓も有名です。

 

悟りの窓は禅寺に多く見られる窓で、禅と円通を意味し、円は宇宙を表すとされています

 

悟りの窓から、心静かに外を眺めたら、目に映る以外の何かが見えるかも知れませんね。

 

明月院の御朱印について

明月院御朱印

 

明月院では御朱印も押していただけます。しかし、大勢の人が訪れるので、当然ながら御朱印待ちの行列は覚悟して下さい。

 

ピーク時には行列待ちで20~30分、押していただくまで更に15分以上待つことがあります。

 

明月院周辺おすすめ観光スポット

北鎌倉 葉祥明美術館

所在地:神奈川県鎌倉市山ノ内318-4

電話:0467-24-4860

地図:


公式HP:北鎌倉 葉祥明美術館

時間: 10~17時

料金: 700円

駐車場: あり

 

絵本作家・イラストレーター葉祥明さんの作品を展示する個人美術館です。

 

ヨーロッパの邸宅を思わせる、緑の中の建物も葉祥明氏の設計。イラストそっくりのお家が美術館となっています。

雪堂美術館

所在地:神奈川県鎌倉市山ノ内1391-1

電話:0467-24-4563
地図:


公式HP:雪堂美術館

時間:10時~16時
料金:500円(抹茶、またはコーヒー付)

駐車場:最寄の有料駐車場をご利用下さい

 

書家・小野田雪堂の美術館。雪堂が好きだった山頭火や金子みすずの世界を書いた作品など、墨の香を感じながら、ひとときほっと出来る美術館になっています。

豊島屋 北鎌倉駅前店

所在地:神奈川県鎌倉市山ノ内510-5

電話:0467-23-8108
地図:


公式HP:豊島屋 北鎌倉駅前店

時間:9時~17時

駐車場:なし

 

鎌倉銘菓、鳩サブレーの豊島屋さん本店です。サクサク、バターの香りが美味しいサブレはもちろん、鳩の形の小さな落雁や季節のお菓子も販売。

 

ここ、本店でしか買えない、可愛い鳩グッズも人気です。

姫あじさいの青い迷路を楽しもう!

あじさい

 

【関連記事】

長谷寺(鎌倉)のあじさいの見頃や開花状況。待ち時間は?

小田原城あじさい花菖蒲まつりの開花状況。ライトアップは?

 

倉の明月院のあじさいの見頃などをご紹介しました。

 

明月院には“庭園部”という専門の庭師達の組織があって、しっかり手入れをしているんですよ。

 

だからあじさいも花菖蒲も年々その見事さを増して、見に来る人もだんだんに増えています。

 

狭い通りにせり出す姫あじさい。

青い迷路の向こうはどんな景色なのか。

 

その可憐な美しさと情緒豊かな風景が相まって、しばし時を忘れて楽しむことができるでしょう。

 

あじさいの花の咲く時期。

しっとりとした風情ある古都鎌倉は絶好の観光シーズン。

 

お天気の日は日よけの帽子、雨の日は傘を片手に、ぜひ明月院へあじさいへ。

 

満開の明月院ブルーと花菖蒲がお迎えしますよ。


Sponsored Link