季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

痛くない!マスクで耳が痛くならない方法。原因は?グッズで対策。

冬場の必需品マスク

風邪や花粉症のために、外出中はマスクをほぼつけっぱなしのような状態になっている方もいることでしょう。

 

でも困るのは耳の裏が痛くなること。

耳が擦れたように痛くなってしまって、マスクをつけ続けられなくなってしまいます。

 

でもちょっとした工夫でマスクをかけても耳が痛くならない方法があるんですよ。

今回はマスクを付け続けても痛くならない方法をご紹介しますね。

・マスクをしていると耳が痛い!原因は?
・マスクを耳にかけても痛くならない方法は?
・画期的!マスクを耳にかけない方法でもう痛くならない!
・市販でも手に入る!耳が痛くならないおすすめのマスクは?

 

Sponsored Link

マスクをしていると耳が痛い!原因は?

マスクで耳が痛くなる原因はマスクのゴム

マスク ゴム
マスクをしていると耳が痛くなる原因はマスクの

軽いようでずっと付け続けていると結構な負担に。

 

しかもマスクは細いゴムで耳にひっかかっています。

耳に負荷がかかるのは当然といえば当然ですよね。

 

また、ゴムと耳がれて痛くなることも。

こちらはゴム紐が細ければ細いほど痛くなりやすいようです。

 

マスクを耳にかけても痛くならない方法は?

簡単なウラワザ!耳にかけても痛くならない方法はゴム紐を…

マスク 女の子
マスクをかけても耳が痛くならない一番簡単な方法はズバリ!

かける前にゴム紐をばしておくことです。

 

ゴム紐がきついと耳にかかる負担もアップしてしまいます。

ゴム紐をあらかじめ伸ばしておくと耳にかかる負担が軽減されますよ。

 

ただし伸ばしすぎるとゴム紐が切れてしまったり、マスクと紐の付け根が取れてしまいます。

優しく丁寧に伸ばしてみてくださいね。

 

耳とゴム紐が擦れても痛くならない方法は、耳の後ろにたたんだティッシュをこと。

摩擦が減るので楽になりますよ。

 

できるだけ柔らかいティッシュがおすすめ。

あればガーゼや脱脂綿がベストです!

 


Sponsored Link

画期的!マスクを耳にかけない方法でもう痛くならない!

マスクを耳にかけない方法がある!? 用意するのは○○!

マスク ゴム紐
ゴム紐を伸ばす方法は手軽に試せるのですが、紐が緩くなるとマスク本体がずり落ちてきがち。

耳の痛みを軽減させつつ、マスクをぴたっと付けておくことができればいいですよね。

 

そのために用意するアイテムは…なんとクリップ

デスクに転がっているクリップを使うと、マスクを耳にかけないで装着することができるんです。

 

方法はこちらもとっても簡単。

左右のゴム紐をクリップでつなぎ、かぶるようにマスクを装着すればカンペキ!

耳にかけないですむので当然耳も痛くならないんです!

詳しい方法は動画をチェックしてみてくださいね。

 

 

市販でも手に入る!耳が痛くならないおすすめのマスクは?

市販品でも痛くならない工夫のマスクがいろいろ!

マスク 耳が痛くならない
マスクで耳が痛くなることに悩まされている人は世の中にたくさんいるらしく、いろいろなメーカーから耳が痛くならない工夫がほどこされたマスクが販売されています。

 

その中でもおすすめの耳が痛くならないマスクが『ユニ・チャーム 超快適マスク』!

耳のゴム紐がとてもらかく、幅をもたせた作りになっています。

動画でもわかるように、耳にかかる負担がとっても軽くなるんですよ。

 

自分で工夫する方法もいいですが、最初から工夫された商品を使えばチンですね。

 

このユニ・チャーム超快適マスクは、鼻の通りがよくなるようにミントやアロマの香りがするものや子ども用などラインナップが豊富。

 

本体部分もプリーツタイプと立体タイプの2種類があるので好みに合わせてチョイスできるのも嬉しいですね。

 

マスクで耳が痛くならない方法を知って快適に過ごそう

マスク 工夫

 

【関連記事】
すっきり!マスクにメガネで曇らない♪簡単な方法とグッズで対策。
風邪で喉が痛い時におすすめの食べ物と飲み物3選!注意点は?
花粉症で喉に違和感(かゆみ痛み)がある時の症状と対策
喉の痛みの原因は?一週間も治らないのはストレスや病気?
PM2.5とは?原因は?症状(のどの痛みや頭痛)と対策まとめ。

 

スクは風邪予防や花粉症を考えると、四六時中手放せないという人も多いですよね。

それだけマスクによる耳の痛みに悩まされている人も多いはず。

 

自分で痛くならない方法を取り入れたり、工夫がされた高機能のマスクを使うなどして少しでも快適に過ごしてくださいね。