季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

香典返しの時期、相場。会社や親族に贈る品物やのしは?

誰でもはじめて経験することは分からないことだらけですよね。特に身内の葬儀に関しては、想像したくない気持ちがありますから、準備万端、知識が豊富などという方は少ないでしょう。

 

できれば身内の不幸は無いにこしたことはないですが、必ずいつかは通らなければならない道でもありますね。今回喪主となられてしまった方のご心痛をお察しいたします。

 

そこで今回は、葬儀の香典返しの時期、相場、会社や親族に贈る品物やのしなど、香典返しの際の疑問について調べてみました。

 

・香典返しはいつすればいい?時期は?
・香典返しの相場は?会社や親族の場合。
・香典のお返しはどんな品物を贈ればいい?
・香典返しの熨斗は内のし?外のし?書き方は?

 

Sponsored Link

香典返しはいつすればいい?時期は?

カレンダー

 

香典返しには、葬儀や通夜でいただいた香典やお供え物のお返しの意味の他に、「無事に葬儀を済ませることができ、気持ちの上でも落ち着きを取り戻しました」という報告と感謝の意味があります。

 

そこで多くの場合、香典返しは、葬儀や通夜で香典を頂いた方やお供え物をしてくださった方に、遺族が気持ちの上でも一区切りした忌明けの頃に送るのが一般的です。

 

最近は、当日返しとして、お茶やタオルなどの返礼品をお返しする風習が定着した感があります。

 

従って、いただいた金額が少ない場合は以後の香典返しは不要ですが、金額が多い場合などは別途改めて香典返しをすることになります。具体的な金額の目安は後ほどご説明しましょう。

 

さて、香典返しをする忌明けの時期ですが、これは宗教によって異なります。つまり香典返しをする時期も、宗教によって異なるということです。以下の表を参考にして下さいね。

 

宗教 忌明けの日 備考
一般的な仏教 四十九日法要 極楽浄土に旅立つとされる日
キリスト教カトリック 30日目の追悼ミサ
キリスト教プロテスタント 1ヶ月目の昇天記念日
神教 五十日祭 または切り上げて三十日祭の頃

 


Sponsored Link

香典返しの相場は?会社や親族の場合。

香典

 

香典返し時期についてわかったところで、気がかりになるのがその相場ですよね。

 

故人のことを偲んでくださった方々には、失礼な事のないように対応したいものです。

 

香典返しのベースとなるのは半返しという考え方で、香典として頂いた金額の3分の1〜半額を目安に考えると良いでしょう。

 

葬儀や通夜の当日にお返しした、お茶やタオルなどの返礼品は、本来「会葬お礼品」と言って、香典返しとは別のもの。

 

いかし、いただいた金額が少なかった場合は、この会葬お礼品をもって香典返しとしてしまって構いません

 

 

具体的に言えば、会葬お礼品の相場がだいたい500円~2,000円ぐらいの品でしょうから、4,000円以下のお香典の場合は、改めて香典返しは不要、ということになります。

 

逆に、いただいた香典が高額であった場合。この場合は、「以後の生活に役立てて下さい」という、贈り主の気持ちが大きいことになりますので、きっちり半返しをするのも、かえって失礼に当たることにもなりかねません。

 

気持ちをありがたく頂戴して、4分の1~3分の1程度のお返しをしましょう。

 

具体的な目安としては、30,000円以下のお香典の場合は半返し、それ以上の場合は4分の1~3分の1程度のお返しを考えると良いようです。

 

また、香典返しをする相手によっても少し異なってきます。

 

 

会社関係には?

社会人の方なら、会社関係で香典を差し上げた経験がおありだろうと思います。

 

会社関係での香典って個人名やグループ名などいろいろなケースがありますよね。

 

当然ですが、それぞれのケースによって対応も変わってきます。

 

 

法人としていただいた場合

 

実は、会社で社員の身内などに不幸があった場合には、福利厚生費などから香典が支払われる場合が多いのです。

 

そのため、会社名や総務部など法人の名称で香典をいただいた場合には、たいていの場合香典返しの必要はありません

 

ただし、いただいた会社の社長とも個人的に近しい付き合いがある場合や、特別に親しい取引先などの場合は、社長個人へ香典返しをしたり、忌引きが空けたらお茶菓子などを持参してお礼に伺うのが良いでしょう。

 

 

○○一同など連名でいただいた場合

 

この場合は、そのグループ内の方からお金を集めて香典としているケースが一般的ですね。

 

そのため、グループに含まれる各個人に対して香典返しをする必要があります

 

人数で割った際、個人での負担金額がそれほど多くない場合には、全員に行き渡るような個包装のお菓子やコーヒーなどをお返しすると良いでしょう。

 

 

個人的な付き合いとしていただいた場合

 

会社関係のなかでも、親しくしている同僚・部下や近しい上司などからは、個別に個人名で香典をいただく場合があります。

 

その場合は、他の人と同様、個人宛に香典返しをするのが基本です。

 

故人とあまり関係が無く、例えば、自分が働いている会社関係からいただいた場合などでは、忌引きが終わって最初に出社した際などに、挨拶も含めて香典返しをするように心がけましょう。

 

 

親族へは?

親族からいただく香典は高額になる場合が多いですね。この場合は、先ほども述べた通り、故人への供養の気持ちがそれだけ多く込められていることになります。

 

ですから、気持ちをありがたく頂戴して、半返しと考えずに4分の1~3分の1程度のお返しをしましょう。

 

「高額」の目安は、先ほど述べた通り30,000円。それ以下の場合は半返し、多い場合は4分の1~3分の1返しと考えると良いと思います。

 

いただいた香典が高額ということでどうしても気になる場合には、金額にこだわらずに「気持ち」としてお返しを用意すると良いでしょう。

 

郵送・宅配などを利用する場合は、必ず自筆のお礼状を送るようにすると感謝の気持ちが伝わりやすいですね。

 


Sponsored Link

香典のお返しはどんな品物を贈ればいい?

香典 お返し

 

だいたいの金額が決まったところで、次は香典返しに選ぶ品物について考えましょう。

 

香典返しでは、どのような品物を贈ればよいのでしょうか。具体的に紹介していきますね。

 

香典返しにふさわしい品物としては、形を残さずなくなるもの、消費して消えるものが好ましいとされています。

 

不幸をいつまでも残さないように」という意味が込められているんですね。

 

贈られた側が困らず、いつでも使えるように、ある程度日持ちがよいものを選ぶと良いでしょう。

 

定番なものとしては、お茶や海苔、乾物やお菓子、日持ちのする飲食物。タオルや石鹸、入浴剤など、日用品の中でも使ってなくなる消耗品がよく選ばれます。

 

 

具体的なイメージが沸かない場合は、デパートのギフトコーナーやシャディなどのギフトショップの店頭を覗いてみるのも良いでしょう。

 

インターネットを利用する場合は、前述のショップや楽天などで「香典返し」で検索すると、具体的な品が出てきます。これらを利用すると、のしや名入れまでしてくれるので助かりますね。

 

また、何を返したら良いか分からないような独身者の場合や、高額な香典のお返しなどにはカタログギフトを利用すると良いでしょう。

 

金額別にチョイスできるので、こちらとしても迷わなくて便利ですね。商品券と違って、あからさまな金額が分からないので、先方にとっても嫌味がありません。

 

 

商品券は、地方性があるので、商品券を香典返しに利用する場合は、先方の住んでいる地域性をよく考慮する必要があります。

 

よほど詳しく知っている場合を除き、商品券の利用は控えて、カタログギフトにしておくのがベストでしょう。

 

香典返しの熨斗は内のし?外のし?書き方は?

香典返し のし

 

香典返しの品物が決まったら、次は「のし」やその書き方ですね。

 

香典返しの場合は、お祝い事ではないので、控えめに「内のし」にするのが一般的。のしの書き方は、故人または喪主の宗教によって多少の違いがあります。

 

宗教を問わずに使えるのが「」です。下段には喪主の姓を書きます

 

仏教では「志」の他に、「満中陰志」と書く場合もあります。これは主に関西より西に多いようです。

 

 

神教やキリスト教では、本来「香典返し」にあたる習慣はありませんが、近年はやはりお礼の意味を込めて忌明けをしたら贈り物をするケースが増えています。

 

この場合は「志」または「偲草」、下段には喪主の姓を書きます。

 

 

のしは「黒白結び切りの水引」が一般的ですが、関東以北では緑銀や黒銀、関西以西では黄白の結び切りの水引を用いる場合もあります。

 

また、これ以外に神教やキリスト教では銀または水色の水引を使用することもあります。

 

 

【関連記事】

香典返しのお礼状文例まとめ。親戚、友人、会社への挨拶状。

 

いかがでしたか?

 

時期や宗教による違いなどおさえるべきポイントはわかりましたでしょうか。

 

地域によっても差があるようなので、迷った時には身近な方や親戚の方などに相談してみるとより安心ですね。

 

葬儀の際には何かと忙しくなってしまいがちですが、今後のお付き合いをスムーズにするためにもお礼やお返しなどはしっかりとお渡しするようにしましょう。


Sponsored Link