季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

初めての子連れスキー!持ち物や必需品は?スキー場の選び方は?

冬といえばスキースノボ

という人でも、子供が小さいうちは、寒くて人の多いスキー場には行けないですよね。

 

今年はうちの子もスキーが滑れそう!雪山デビューだ!

と思ったものの、子供のスキーの持ち物は何が必要でしょうか?

 

大人と一緒でいいのか、何が特別に必要なのか、便利グッズはあるかなど気になりますよね。

 

子連れスキーに必要な物や、あると便利なものなど、持ち物やスキー場選びのポイントをご紹介します。

・子連れでスキー!子供のスキーウェアやインナーの選び方は?
・子連れでスキーに行く際の必需品は?
・子連れでスキーに行く時にあると便利な持ち物は?
・子連れでスキーに行くときはスキー場選びも大事。

 

Sponsored Link

子連れでスキー!子供のスキーウェアやインナーの選び方は?

子連れスキーでまず気になるのは、服装ですよね。
スキー場でどのような格好がベストかご紹介します。

 

インナーは給水速乾素材

インナー 給水速乾素材

https://item.rakuten.co.jp/

 

寒いスキー場でも、動いていると、じんわり汗を書きます。
濡れたインナーが乾かないと体は冷える一方なので、吸湿速乾の素材が一番です。

 

綿などの天然素材は濡れると乾くのに時間がかかるので、辞めておきましょう。
ユニクロを始め、しまむらやイオンにも売っていますし、登山用のものは乾くのも早く、機能面では一番ですよ。

 

インナーの上に中間着を着よう

中間着 フリース

https://item.rakuten.co.jp/

 

インナー→ウェアではなく、間に温かい中間着を必ず着せてくださいね。

 

中間着のおすすめ素材は、ズバリフリースです。

暖かく軽いので、持ち物に入れておいてもかさばりません。

 

ウェアをレンタルする場合は、どのくらいの厚さなのかわからないですよね。
暖かさの調節のために、フリースを2枚持っていけば安心ですよ。

 

ウェアを用意する場合はしっかりとスキー用や登山用を準備

ウェア スキー

https://item.rakuten.co.jp/

 

インナーや中間着で暖かくしているからと言って、ウェアをレインパーカーなどで代用するのは辞めましょう。

 

厚みのある丁度いいサイズのウェアを用意して、なおかつ防水スプレーをするのが鉄則です。
子供用のウェアは、大きめでも紐で調節できるものなどが売っています。

 

年に数回しか着ないから大きめを買う場合は、調節が効くものを選びましょう。
サイズが大きいと、インナーにまで水が染み込んで結局寒くなってしまいます。

 

ヒートテックのレギンスに厚手の靴下を

靴下 厚手

https://item.rakuten.co.jp/

 

下半身も基本的には上半身と同じで、おすすめはヒートテックのレギンスです。
その上に靴下を履くのですが、スキー靴は底が硬いので厚手のものを選んでくださいね。

 

温かいタイツのほうが良いと思うかもしれませんが、つま先が濡れてしまうと全て着替えになってしまうのでレギンスのほうが便利ですよ。

 

子連れでスキーに行く際の必需品は?

ウェアの他に子連れスキーに欠かせないアイテムがあります。
レンタルだと忘れがちな持ち物などをチェックしておきましょう。

 

レンタルには含まれないスキー小物!

スキー場 小物
帽子ゴーグル手袋はレンタルできないので持っていきましょう。
スキー場のショップで購入することができますが、割高です。

 

帽子はサイズの合ったニット帽を持っていき、ゴーグルと手袋はスキーショップで購入しておいてくださいね。
手袋にも防水スプレーを忘れないで下さいね。

 

長靴やスノーブーツ

スキー スノーブーツ

https://item.rakuten.co.jp/

 

初めてのスキーの場合、あまり長く滑りませんよね。
子供はスキーに飽きたら遊びタイムです。

 

そんな時はスキー靴を脱ぐことになるので、長靴やスノーブーツに履き替えることになります。

 

スニーカーやムートンブーツに防水スプレーぐらいでは濡れてしまうので、しっかりとした対策をしてくださいね。

 

日焼け止めやUVリップ

日焼け止め UV

https://item.rakuten.co.jp/

 

晴れた日のスキー場は照り返しがかなり激しいです。
大人も日焼け止めを塗りますよね。

 

子供は強い日焼け止めが濡れないので、SPFが低く低刺激のものを選んでくださいね。

 

乾燥しているうえ日差しが強いと唇も日焼けするので、UVリップもあると安心です。
親の持ち物の中に入れておいて、気がついた時に塗ってあげましょう。

 


Sponsored Link

子連れでスキーに行く時にあると便利な持ち物は?

連れスキーの場合は、過ごし方も大人だけで行くときと変わってきますよね。

 

そんな場合にあると便利なものなど、ぜひ持っていきたい持ち物をご紹介します。

 

バケツやスコップ、お砂場セット

雪遊び 子連れ
大人のように何回もコースを滑るわけではないので、子供たちのメインはほぼ遊びです。

 

ソリなどを用意しているスキー場もありますが、有料スペースだったり数が少なかったりなかなか自由に遊べません。

 

そんな時に家からバケツスコップを持っていけば、空いているスペースで遊べちゃいます。

 

本格的なお砂場セットでなくプリンカップなどでも、砂場で遊ぶよりきれいに形が作れるので楽しめますよ。

 

リフト券ホルダー

リフト券ホルダー スキー

https://item.rakuten.co.jp/

 

中にはリフト券入れが付いているウェアがありますが、レンタルした場合はあるかわかりませんよね。

 

大人はポケットに入れていても良いかもしれませんが、子供はポケットに入れて失してしまう事が考えられます。

 

リフト券ホルダーがあれば、子供がリフト券を意識しなくてもいいので紛失の心配をしなくてもいいですよ。
腕に巻くタイプや、腰につけるものがあります。

 

替えの靴下をたくさん!

靴下 濡れる
なかなか見ない雪に興奮すると、元気いっぱい走り回りますよね。
また、雪遊び中は長靴でも靴下に雪がしみてきてしまいます。

 

足がかなり濡れることが予想されるので、えの靴下はいくつあってもいいですよね。

 

スキーが終わり、雪遊びだけならいつもの靴下でいいと思うので、休憩のときに履き替えてくださいね。

 

ネックウォーマー

ネックウォーマー 温かい

https://item.rakuten.co.jp/

 

インナーや中間着をハイネックにすれば首元も温かいですが、が強い日などはネックウォーマーがあると便利です。

 

100均にフリース素材のものが売っているので、本格的なものでなくてもいいですよ。
口元まで引き伸ばせるので、寒くて顔が痛いくらいの日にはあったほうが良いですね。

 

子連れでスキーに行くときはスキー場選びも大事

子連れスキーの場合、スキー場はどうやってべばよいでしょうか?

 

大人と違う観点で選ばないと楽しめないので、チェックするポイントを押さえましょう。

 

移動距離を考えよう!

移動距離 車
大人だけだと交代で運転して遠くのスキー場まで行くこともありますが、子連れだとそうは行きません。

 

こまめに休憩を入れたり、渋滞を避けたり工夫が必要になります。

 

だいたい渋滞抜きで3時間前後の場所にあるスキー場、にしておいたほうが良いですね。

 

レンタルショップとゲレンデの距離

ゲレンデ スキー
レンタルする場合は、レンタルショップとゲレンデが近くにあるスキー場を選びましょう。

 

また、駐車場が近い場合は良いですが、そうでない場合は近くにコインロッカーがあると持ち物を入れておけるので便利です。

 

子連れで寒い中を歩いて移動するので、距離は短いほうが良いですよね。

 

コースの傾斜と距離に注目

コース 傾斜

出典 https://matome.naver.jp/

 

初めてのスキーでいきなり急なコースには挑戦できません。
緩やかな傾斜で、怖くなった時に一緒に歩いて降りられる短いコースがあるスキー場を選びましょう。

 

急な傾斜で恐怖心を持ったら、せっかくのスキーも挑戦してくれません。
コース選びは重要なポイントですね。

 

場所によっては初めての子供を対象にしたスキースクールをやっている会場もありますよ。

 

冬は家族でスキー!子供も毎年の楽しみになるかも

家族 スキー

 

【関連記事】

雪遊びの服装!子供や大人におすすめの防寒着と注意点
冬のディズニーランド&シーの服装や持ち物必需品!寒さ対策は?
ディズニーランド雨の日の楽しみ方♪持ち物や服装おすすめは?
スヌーピーミュージアムの混雑。当日券の買い方やカフェの予約は?

 

めてのスキー場、子供に楽しんでもらいたいですよね。
なかなか雪の積もらない地域だと、雪と思いっきり触れ合ういい機会です。

 

来年も再来年も、毎年の恒例行事にするには最初が肝心です。

 

スキー場は楽しいところ、と思ってもらえるように持ち物やスキー場選びなど、しっかり準備していきましょうね。

 

大きくなった時に「子供の頃家族と冬はスキーしていた」というのは、とっても素敵な思い出になりますよね。
い出の第一歩、子連れの雪山デビュがんばってくださいね!