季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

北野天満宮の初詣2017の混雑時間。屋台出店はいつまで?

野天満宮(きたのてんまんぐう)は京都市上京区にある、菅原道真(すがわらのみちざね)をおまつりした神社です。

 

北野天満宮は、福岡県の太宰府天満宮とともに、全国に数多くある天満宮の総本社として、篤い信仰を集めています

 

平安時代、菅原道真は政権争いに敗れて太宰府へと左遷され、失意のうちに亡くなりました。

 

すると京都では天災が相次ぐようになり、菅原道真の祟りではないか?という噂が流れ、これを鎮めるために建てられたのが北野天満宮です。

 

菅原道真は学問や芸能に秀でていたことから、学問・芸能の神様として受験生にも根強い人気のある北野天満宮。

 

そこで北野天満宮の初詣2017の参拝時間や元旦の混雑状況など、北野天満宮の初詣情報についてお届けしていきたいと思います。

・北野天満宮の初詣2017の参拝時間や期間は?
・北野天満宮の初詣で元旦の混雑状況は?空いている時間帯は?
・北野天満宮の屋台の出店はいつまで?
・北野天満宮へのアクセス方法は?駐車場は?

上記の順番で書いていきますね。

 

Sponsored Link

北野天満宮の初詣2017の参拝時間や期間は?

 

参拝時間:

2016年12月31日(土)05:30~2017年1月1日(日)22:00頃

1月2日(月)05:30~21:00頃

1月3日(火)05:30~20:00頃

1月4日(水)以降05:30~17:30

 

北野天満宮 初詣

 

深夜の参拝は、大晦日から元旦にかけてのみです。

それ以降は夜間は閉門します。ご注意下さいね。

 

Sponsored Link

北野天満宮の初詣で元旦の混雑状況は?空いている時間帯は?

北野天満宮 初詣

 

北野天満宮の例年の初詣の参拝客数は、3日間で約60万人。

最も混雑するのは1月1日の00:00で、参拝を待つ人の列で入場制限がかかります

 

その後の入場制限については、何時間も待たされるような状態にはなりませんが、05:00台ころより少し参拝客数が落ち着くものの、1月1日は19:00頃までほぼピーク状態が続くと思って下さい。

 

入場してから参拝を終えて出口に出るまで、約40~60分程度は見積もっておきましょう。

 

 

19:00~22:00頃になると次第に参拝客も落ち着き、入場制限の待ち時間もごく限られた時間になります

 

1日より2日、2日より3日と日が経つにつれて参拝客数も落ち着きをみせます。

 

特に05:30~10:00頃の時間帯が狙いどき

次いで19:00~閉門までの時間帯が比較的空いていると思います。

 

Sponsored Link

北野天満宮の屋台の出店はいつまで?

北野天満宮 屋台

 

北野天満宮の屋台は、境内から表参道を中心に多数出店されます。屋台の営業時間は12月31日23:00頃より営業し始め、深夜を越して終日営業されます。

 

2日、3日の営業開始は10:00頃からぼちぼち開店。営業終了は参拝時間の終了とほぼ同じくらいの時間です。

 

屋台は1日~3日までのお店がほとんどです。4日になるとぐんと数が減ってしまうので、屋台を楽しみたい方は3日までに初詣にいらして下さいね。

 

北野天満宮

 

北野天満宮へのアクセス方法は?駐車場は?

場所:北野天満宮

住所:京都府京都市上京区馬喰町

電話:075-461-0005

地図:


公式HP:北野天満宮

電車の場合:①JR京都駅より市バス50・101系統で30分、バス停:北野天満宮前下車、徒歩すぐ ②嵐電北野白梅町駅より徒歩5分

車の場合:名神高速京都南ICから10km30分

 

北野天満宮  鳥居

 

駐車場

無料駐車場300台あり。

北野天満宮には無料駐車場が300台分ありますが、ピーク時には満車&駐車待ちの渋滞が発生しています。

 

12月31日~1月1日の参拝を考えていらっしゃる方は、近隣の有料駐車場を利用した方が早いかも知れません。

 

1月2日以降の参拝、特に早朝参拝を計画している方は、無料駐車場の利用が可能だと思います

 

東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな

梅の花

 

【関連記事】

伏見稲荷大社の初詣。参拝時間や期間中の混雑。出店は?

平安神宮初詣のアクセスや駐車場状況。屋台の時間は?

京都八坂神社の初詣。混雑や参拝時間は?屋台の期間。

大阪天満宮の初詣。混雑時間や屋台は?アクセス方法。

住吉大社の初詣の混雑と屋台時間。アクセスや駐車場は?

奈良橿原神宮初詣の混雑。駐車場やアクセスは?

 

菅原道真が太宰府に左遷されるにあたって、屋敷の庭木の中で特に愛でていた梅の木に向かって詠んだ歌です。

 

現代語で言うと

「春がきて東風が吹く頃になったら咲いて匂っておくれ、梅の花よ。主(私)が都に居ないからといって春告げるのを忘れてはいけないよ」

といったところでしょうか。

 

 

この梅の木は、後に菅原道真を慕って太宰府まで飛んでいったといいます(飛梅伝説)

このことから、北野天満宮の神紋は、星梅鉢紋という梅の花の形をした紋になっています

 

境内にも梅園があって、菅原道真ゆかりの梅の木が1500本植えられているんですよ。

 

早咲きの梅は元旦よりすでに開花しているので、初詣の際はぜひお立ち寄り下さいね。

Sponsored Link