季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

熱が出ない風邪の原因と治し方。長引く理由と対処法をご紹介。

なんだか喉の調子がよくなかったり、鼻水が出たりと、風邪かな?と思う症状があっても熱が出ないということはよくありますよね。

 

熱が出ないから風邪はまだ引いていないのかな?と思うけど、長期間のどの痛みや鼻づまりがあるとやっぱり風邪なのかな?と思いますよね。

 

風邪なのに熱がでない原因と、のどの痛みなどの症状が長引く理由をご紹介します。

 

・熱が出ない風邪の症状は?
・風邪なのに熱が出ない原因は?
・熱が出ない風邪の治し方は?
・熱が出ないのに風邪が長引く理由は?対処する方法は?

 

Sponsored Link

熱が出ない風邪の症状は?

女性 マスク

 

熱が出ない風邪の症状では、くしゃみや鼻づまり、鼻水、のどの痛みやかゆみ、咳などが挙げられますね。

 

これらの症状は、ウイルスが粘膜から感染して咽頭や鼻で炎症を起こしているためあらわれます。

 

熱が出ると頭がぼーっとしたり寒気がしたりと、仕事や家事をするにもなかなか辛いものがありますよね。

 

のどの痛みや鼻づまりは体調面ではそこまで仕事や家事には影響しないといっても、やっぱり早く解消したい症状ではあります。

 

風邪なのに熱が出ない原因は?

女性 頭痛 イラスト

 

風邪かな、という症状があるのに発熱がない原因は、ライノウイルスという約33度でしか増殖しないウイルスに感染している場合が考えられます。

 

このライノウイルスは咽頭や鼻で繁殖し活発に動くため、頭痛やのどの痛み、鼻づまりなどの症状でとどまり、通常発熱は起きないといわれています。

 

風邪の引き始めだと思っていても、実は発熱しないタイプの風邪をすでに発症している、ということが考えられますね。

 

他に考えられる原因は、風邪かな、と思って熱を測ったら36度台しかなく、熱がないと思ったという場合です。

 

でも、実は知らないうちに平熱が35度台などに下がっていて熱が出ている状態だった、なんてことも。

 

現代人は平熱が下がってきている兆候があるので、習慣的に自分の体温を測って平熱を確認してみる方がよいでしょう。

 

女性 マスク 咳 イラスト

 

 

私も幼少期は36度台が平熱でしたが、20歳前後では35度台と平熱が下がっていました。

 

平熱が下がっていたのに気づかず、熱っぽい気がして体温を測ったら36度台というのが何度かあり、自分の体温を確認するようにして気づいた経験があります。

 

平熱が下がっているとそれだけ日常的な免疫力も落ちているので、風邪を予防するためにも運動や食事に気を付けてできるだけ平熱を上げるように生活した方が良いですね。

 

また、そもそも熱が出る、というのはウイルスや細菌が増殖しないように体の防衛機能として反応しているものです。

 

喉の痛みや鼻づまりがあるけど熱が出ないのは、身体が発熱をしなくてもウイルスを撃退できる力が残っているから、ということも考えられます。

 


Sponsored Link

熱が出ない風邪の治し方は?

女性 うがい イラスト

 

風邪のウイルスは100種類以上もあるため、熱が出ないとされるライノウイルスに限らず、風邪を治す特効薬というものはありません。

 

風邪の薬として販売・処方されているものは、あくまでも、風邪によって引き起こされる諸症状を和らげる、改善させるためという位置づけになります。

 

また、市販薬では総合風邪薬など複数の効果が期待できるようなものが多く、自分の症状には必要がない効能が含まれていることもありますよね。

 

喉が痛くて咳が出るのに、鼻水、鼻づまり解消も含まれている、など。そうなると鼻は何ともないのに薬の影響を受けてしまうのでは?と考えると心配ですよね。

 

どんな薬であれ副作用はありますし、できれば飲みたくない、という方も多いのではないでしょうか。

 

薬に頼る方法ではなく、栄養と休息をしっかりと取り、うがい薬やマスクなどで殺菌や保湿をして治すことに力を入れた方が良いでしょう。

 

睡眠 イラスト

 

私は扁桃腺が人より少し大きいので、よく喉の痛みや痒みの症状が現れます。

 

その時には帰宅後の手洗いうがいをしっかりと行い、こまめに水を飲み喉が乾燥しないように気を遣い、外出時にはマスクをします。

 

そして夜更かしはせずに、十分な睡眠と栄養があるきちんとした食事をするようにしています。

 

薬を飲まなくても、軽い症状が出てきた段階でしっかりと対策をしていけば十分に治すことはできますよ。

 

熱が出ないのに風邪が長引く理由は?対処する方法は?

睡眠 女性 イラスト

 

熱が出る原因は身体がウイルスや細菌を撃退するための免疫力による防衛機能ですが、その機能がうまく働かないほど免疫力が弱まっていて、風邪が長引いてしまっていることも考えられます。

 

その場合も、やはり免疫力をアップさせるために十分な睡眠と食事をとり、身体に必要なエネルギーをいきわたらせることが必要ですね。

 

また、個人的な考えですが、熱が出た場合って大体3~4日程度で熱は下がっていきませんか?

 

熱が出た時はすぐに風邪を引いた、とピンとくるので自ずと休息をとりますよね。そうなると回復までの期間も短いです。

 

一方風邪かな?という程度の喉の痛みや咳だと、ちょっと甘く見てしまってなかなか対策を取らずに、ずるずると悪化してしまうパターンが多い気がします。

ただ、早い段階で対策もしているのに、喉の痛みや咳が何週間も止まらない、という場合には風邪ではなく他の病気の可能性もあるので、その場合は病院を受診するようにしましょう。

 

免疫力を上げるための習慣

女性 ストレッチ イラスト

 

【関連記事】
風邪が治らない!2週間も1ヶ月も風邪が長引く原因と対策
風邪の治し方。一日でも早く治したい!のどや鼻水を即効治癒。
風邪(鼻水・喉・頭痛)に効く食べ物飲み物は?薬を使わない治し方!
風邪で喉が痛い時におすすめの食べ物と飲み物3選!注意点は?
風邪でお風呂は良い?悪い?正しい入り方と出た後の過ごし方。

 

筋肉量が少ないと平熱が低くなってしまい免疫も下がってしまいます。特に女性は男性と比べると、どうしても筋肉量が少ないので冷え性などの症状も出てしまいますね。

 

普段運動をする習慣がない人が、いきなりウォーキングやジムに通うのはなかなか時間を作るのも大変で続かないですよね。

 

まずは、家でもできるラジオ体操やストレッチ、スクワットなどを朝の習慣や寝る前の習慣にできるようにしましょう。

 

ここでも、毎日必ずやるぞ!と意気込むと挫折しやすいので、一日空いてしまっても気にしないで続けて習慣にしてしまいましょう

 

夜テレビを見ながらストレッチをしたり、朝歯を磨きながらスクワットをするのもおすすめです。

 

何かをしながらでもできる運動からはじめてみてはいかかでしょうか。