季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

蚊取線香は有害?妊婦、赤ちゃん、ペットへの影響まとめ。

夏はそれでなくても暑くて寝苦しいのに、枕元を蚊が飛びまわって…もうっっっ!ね~む~れ~な~い~!!!

 

明日からは、絶対寝る前に蚊取線香を焚いておこう!でも…蚊取線香って蚊を殺すんだから、人にも有害なんじゃない?赤ちゃんやペットがいるから止めた方がいい?

 

今回は、蚊取線香の安全な使い方と赤ちゃんやペットへの影響についてまとめてみました。蚊取線香は正しくに使えば人体に害はありませんから、記事を参考に上手に使ってくださいね!

 

・蚊取線香の成分は?害はある?
・蚊取線香の人体への影響は?頭痛を感じるときは?
・蚊取線香を妊娠中や授乳中に使っても害はない?
・赤ちゃんが蚊取線香の煙を吸うと害になる?ペットへの影響は?
・蚊取線香を使用するときの注意点

 

Sponsored Link

蚊取線香の成分は?害はある?

 

除虫菊を使用した昔ながらの天然の蚊取線香の殺虫成分は「ピレスロイド」。天然ではない蚊取線香の殺虫成分は、ピレスロイドに似た化学構造を合成した神経毒「アレスリン」です。

 

うずまきの蚊取線香だけでなく、リキッド式やプッシュ式の蚊取線香も、殺虫成分は「アレスリン」がほとんどです。人体に入っても、酵素によって分解されて排出されますから、人間には安全といわれています。

 


Sponsored Link

蚊取り線香の人体への影響は?頭痛を感じるときは?

頭痛

 

先ほども説明しましたが、蚊取線香の殺虫成分は人間にはほとんど無害です。でも、あの臭いが苦手で頭痛や吐き気が…って人もいますよね。

 

臭いが原因ならまだ良いのですが、偶にその頭痛や吐き気がアレルギー症状だったΣ( ̄ロ ̄lll)!ってこともあるので気をつけて下さいね。いくら安全といっても、化学物質ですから化学物質過敏症の人など、体に合わないことはあるのです。

 

アロマオイル

 

蚊取線香で気分が悪くなる人は、シトロネラ、レモングラス、レモンユーカリなど虫が嫌うアロマオイルを試してみてはどうでしょうか?

 

ただ、レモングラスなどアロマオイルは妊婦さんが使ってはいけないものがありますから、妊婦さんは気をつけてくださいね☆

 


Sponsored Link

蚊取線香を妊娠中や授乳中に使っても害はない?

妊婦

 

蚊取線香の殺虫成分は、体に入っても分解されて排出されますから大丈夫です。ただ、化学物質を含んだ煙ですから、妊産婦に限らず喘息が悪化したりアレルギー症状がでたりすることはあるようです。

 

妊娠中、特につわりの時期はニオイに敏感になりますから、蚊取線香のニオイで気分が悪くなることはあるかもしれません。

 

赤ちゃんへの影響がどうしても気になるという人は、蚊帳を使う、蚊取りボトルを作るなどの方法で乗り切ってみては?

 

蚊取りボトルの作り方&検証!【デング熱】mosquito trap test

 

 

赤ちゃんが蚊取線香の煙を吸うと害になる?

赤ちゃん

 

蚊取線香の煙を赤ちゃんが吸っても直接の健康被害はありません。とはいえ、赤ちゃんに限らず成人でも閉め切った部屋で使用すると、咳や吐くなどの中毒症状が出ることがあります。

 

きちんと換気しながら使用し、心配なら必要最低限の時間に留めましょう。喘息やアトピーなどの症状がある赤ちゃんは、悪化するかもしれませんから避けた方がいいかもしれません(゚-゚;)

 

赤ちゃんがいる部屋で蚊取線香を使う時に、煙を吸う事より恐いのは、赤ちゃんが蚊取線香を食べてしまう誤飲や、火のついた蚊取線香で火傷をしてしまうことです。

 

赤ちゃんの手の届くところに蚊取線香を置かないようにしましょうね☆

 

ペット(犬・猫・小鳥など)への蚊取線香の影響は?

ねこ

 

アレスリンは、哺乳類・鳥類の体内では酵素によって分解されて排出されます。ですから、犬や猫、小鳥などには一応安全ということになります( ̄(エ) ̄)ok

 

ただ、犬や猫の中毒事例が少数ですがありますから、閉め切った部屋での使用や長時間の使用は避けた方が良いですね。

 

爬虫類

 

それから気をつけて欲しいのは、アレスリンは昆虫・爬虫類・両生類には強い影響があるということです。ですから、これらのペットを飼っているお家では、蚊取線香を使うのは避けて下さいね。

 

蚊取り線香を使用するときの注意点

 

蚊取線香は、普通に使っていれば人間にはほぼ安全な成分で出来ています。が、閉め切った部屋で使ったり長時間使用したりすると、殺虫成分の濃度が高くなってしまい気分が悪くなることがあります。

 

使用するときは換気をきちんとしましょうね。昔からあるうずまきの蚊取線香は、火を使うので、焚きっぱなしということは少ないと思いますが、火を使わない蚊取線香は夏の間焚きっぱなしという人もいるようですね。

 

いくら安全といっても、蚊取線香は殺虫作用(神経系の毒)がある化学物質を発散しています。焚きっぱなしにせず、必要な時だけ使うようにしてくださいね。

 

 

私が、キャンプをするときに教えてもらった蚊取線香の使い方は、無人のテントを閉め切って蚊取線香に点火し、煙が充満したら蚊が入らないように換気してからテントに入るというものでした。

 

これを応用して家の場合も蚊取線香を焚いている間は別室で過ごしています。少々神経質な使い方かもしれませんが、煙でのどをやられることもなく快適ですよ♪

 

 

【関連記事】

蚊取線香の効果的な置き場所や使い方。蚊以外にも効く

蚊の対策。赤ちゃんに無害な予防方法は?刺された時の対処。

蚊の対策【部屋・屋内編】家の中の蚊に効果的な防止方法は?

蚊の対策【庭・屋外編】外の蚊に効果的な植物や防止法は?

 

蚊取線香の安全に使う方法をご紹介しました。

 

蚊取線香は、正しく使えばほとんど人体に害はないことがわかったと思います。記事を参考に、気をつけて蚊取線香を使ってくださいね!


Sponsored Link