季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

蚊の対策。赤ちゃんに無害な予防方法は?刺された時の対処。

暑い夏に、縁側や窓際で気持ちよくお昼寝する赤ちゃん

 

気がつくと、いつの間にか、何ヵ所も蚊に刺された痕ができていた!なんて経験ありませんか?

 

かゆいと赤ちゃんもグッスリ眠れませんよね。皮膚がまだ未熟な赤ちゃんは、蚊に刺されたら、真っ赤に腫れてしまうこともあります。

 

蚊に刺されないように、きちんと対策してあげたいですよね。

 

今回は、赤ちゃんに無害な蚊の対策法や、刺されたときの対処について調べてみたいと思います。ご紹介する内容はこちら。

 

・赤ちゃんの体に無害な予防法って?
・赤ちゃんの蚊除け対策に、ベープや殺虫剤は使ってもいい?
・赤ちゃんが蚊に刺されたら?対処法は?
・蚊に刺されて腫れたら病院に行った方がいい?
・赤ちゃんの蚊除け対策。

 

蚊から、赤ちゃんを守りましょうね!

 

Sponsored Link

赤ちゃんの体に無害な予防法って?

蚊帳 子供
赤ちゃんに無害な方法で、蚊除け対策しましょう。

 

赤ちゃんに大人のような、肌に直接つける蚊除けスプレーやミストは使えませんよね。

 

例えば、蚊帳(かや)はお昼寝中に使うと、蚊の対策に効果的ですよね。でも、赤ちゃんが起きてハイハイだすと、蚊帳の中にずっといるのは、難しいものです。

 

部屋の中なら、ハーブを育てて飾っておくと、蚊の嫌いな香りを出すので、蚊除けになります。

 

おすすめは、ミント・レモングラス・バジル・ユーカリ・・・。聞きなれた種類のハーブですよね。

 

ハーブ
ハーブはお料理にも使えるし、部屋に飾っておくだけでも、インテリアにもなります。部屋に緑があると、涼しげでいいですよね(^-^)v

 

他には、簡単に作れる蚊除けのアロマスプレーを紹介します。

 

香りがいいので、部屋や車に振ると気分転換にもなりますよ(^-^)試してみてください。

 

 

市販の蚊除け薬なら?

直接肌につけない、引っ掛けるタイプの蚊除けです。
出かけるときは、ベビーカーにつけれるので、便利ですよね。

 

出典:http://www.wakodo.co.jp/

出典:http://www.wakodo.co.jp/

こちらの商品も、赤ちゃんの服に張りつけるので、直接肌に触れず安心で蚊除け対策ができます。剥がされないように、おしりや背中に貼ってあげましょう。

 

新生児の赤ちゃんの蚊除けに、おすすめです。

 

赤ちゃんの蚊除け対策に、おすすめの香取線香って?

香取線香には、ピレスロイドという化学物質が含まれていますが、体に入っても分解され排出されるので、安全性の高い物質です。

 

それでも、香取線香の煙が充満した部屋では、赤ちゃんには息苦しいような気がするかと思います。煙を痛めて、咳き込んだりしないかと心配になりますよね。

 

化学合成物質を使っていない香取線香もあるので、ご紹介します(^-^)/

 

 

HPはこちら
体の弱いお年寄りや、化学物質にアレルギーがある人にもおすすめですよ。

 

Sponsored Link

赤ちゃんの蚊除け対策に、ベープや殺虫剤は使ってもいい?

 

ベープは、香取線香と同じ安全性の高い物質を使っているので、赤ちゃんや妊婦さんでも大丈夫です。

 

ベープを置くときには、赤ちゃんが口に入れないよう手の届かない場所に設置しましょうね。

 

スプレーの殺虫剤を振ることで、空気中にバリアを張るので外や広い部屋で使うと便利ですよね。直接、赤ちゃんにスプレーがかからないように、気をつけて使えば大丈夫です。

 

風向きに注意して、赤ちゃんのおもちゃや、食べ物にかからないようにしましょう。

 

Sponsored Link

赤ちゃんが蚊に刺されたら?対処法は?

ベビーカー 赤ちゃん
体温の高い赤ちゃんは蚊に刺されやすいので、気をつけていても防ぎきれない時もありますよね。

 

赤ちゃんが刺されたら、まずはバイ菌が中に入らないよう水で洗い流しましょう。そして、早めに冷やしてあげてください。

 

外にいると氷や保冷剤をすぐに出して、とはいきませんよね。コンビニのアイスコーヒーの氷を使ったり、冷たい缶ジュースで代用してもいいと思います。

 

赤ちゃん

 

蚊の薬は、炎症を抑えるもの(ステロイド剤配合)と、かゆみを抑えるもの(効ヒスタミン剤が主体)の二種類です。

 

かゆみを抑える薬を塗って、掻かなければひどくはなりませんが、炎症はすぐには治まりません。蚊に刺されると、腫れ上がって何日も治らないのなら、すぐにステロイド剤配合の薬を塗ると、対処できます。

 

赤ちゃんに、ステロイド剤の薬を使うのは抵抗があるかもしれません。でも、何日も腫れてかゆさと痛みで、寝つけないとかわいそうですよね。

 

腫れやすい赤ちゃんなら、皮膚科で一度診てもらってから、薬を処方してもらうといいと思います。

 

顔回りや手など、口に入りそうな場所は塗るのはやめておきましょうね。赤ちゃんの体質に合わせて、対処してあげてください。

 

蚊に刺されて腫れたら病院に行った方がいい?

蚊に刺された時の反応は、人によって違いますよね。

 

 

蚊のアレルギー反応は、刺されたらすぐにかゆくなるタイプと、翌日に赤く腫れて水ぶくれになったりするタイプがあります。

 

赤ちゃんが刺されてから1週間以上も、赤く腫れてかゆさが治まらないなら、蚊のアレルギー反応が繰り返しおこっているからです。

 

皮膚科で診察したときに、刺されたときの応急処置や、薬の使うタイミングを相談しておくと安心ですよね。長くかゆさが続くと、かきむしってアトピー性皮膚炎やとびひにならないよう、早めに対策しましょう。

 

蚊に刺されたら。蚊の病気って?

蚊

日本脳炎やマラリアは、日本で年間10人程度ですが、蚊が媒体の病気です。少ないですが、予防接種を受ける前の、赤ちゃんは蚊に刺されたら、その後の経過を見ましょうね。

 

ここ最近では、デング熱がニュースでも、よく聞かれるようになりましたよね。刺された後に、高熱が出るとデング熱の恐れがあります。

 

まさか!と思っても、熱が出たときは、早めに小児科を受診しましょうね。

 

赤ちゃんの蚊除け対策。

母親 赤ちゃん

 

【関連記事】

蚊取線香は有害?妊婦、赤ちゃん、ペットへの影響まとめ。

蚊の対策【部屋・屋内編】家の中の蚊に効果的な防止方法は?

赤ちゃんの暑さ対策。部屋、外出先での上手な体温調節方法。

あせもの治し方。子供や赤ちゃんに効く薬。大人の対処法は?

赤ちゃんの高熱(38度以上)対処方法。冷やし方やお風呂の入れ方

 

どんなに注意して、対策していても、どこで蚊に刺されるか分かりませんよね。マンションの上の方に住んでいても、エレベーターや観葉植物・服にくっついて蚊は家の中に、入ってきてしまいます。

 

赤ちゃんだけでなく、お母さんも蚊除けスプレーや、アロマの香りで、家に連れて帰らないよう対策しましょう。

 

刺されたら、まずは洗って、早めに冷やしてあげましょうね。

 

薬を使うのは、赤ちゃんの蚊のアレルギー反応をみて、上手に付き合っていくといいですよね。長く使っていると、薬が効かなくなってしまうこともあります。心配なときは皮膚科で説明を受けてから、使用してください。

 

蚊の時期が始まる前に、赤ちゃんの蚊除け対策の準備をしてあげたいですよね☆

Sponsored Link