季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

唐津くんち2016の日程とスケジュール。曳山の見どころやコース。

津くんち(からつくんち)は、佐賀県唐津市にある、唐津神社の秋のお祭り

 

唐津くんちは国の重要無形民俗文化財に指定されているお祭りで、豪華な漆工芸品の曳山(ひきやま)を曳いて、唐津市内の旧城下町を練り歩きます。

 

唐津くんちの曳山は、獅子や鯱(しゃち)、兜(かぶと)や龍などを形取っていて、非常に独創的

 

大きさにも圧倒されますが、1台1台の形が全く違うので、非常に見応えがあります。

 

そこで唐津くんちの日程や、アクセス情報を交えて、唐津くんちの見どころを下記の順にご紹介したいと思います。

 

・唐津くんち2016の日程・スケジュールは?
・唐津くんちの見どころは?最大の見せ場は曳き込み!
・唐津くんちの曳山のコースや鑑賞ポイントは?桟敷席はある?
・唐津くんちについて。くんちとは?
・唐津くんちへのアクセス方法と駐車場情報

 

Sponsored Link

唐津くんち2016の日程・スケジュールは?

 

日程:2016年11月2日(水)~11月4日(金)

 

・主なイベントスケジュール

唐津くんち

 

月 日 時 間 行 事 場 所
11/2(水) 19:30~22:00 宵山(よいやま) 各町内~大手口~市内一巡~唐津神社前整列
11/3(木祝) 09:30~16:30 お旅所神幸(おたびしょしんこう) 唐津神社前~市内巡行~西の浜(お旅所)~市内巡行~各町
11/4(金) 10:00~17:30 町廻り(翌日祭) 各町内~唐津神社前~市内巡行~唐津駅前~市内巡行~曳山展示場

 


Sponsored Link

唐津くんちの見どころは?

 

唐津くんちの曳山は、

獅子や鯱、兜、鯛、龍などを形どった原型に和紙を幾重にも貼り重ね、その上から麻布を貼って漆を数十回塗り重ね、最後に金銀を施したもの

で、非常に手が込んだ装飾になっています。

 

大変大きな曳山は、台車に人が何人も乗れるくらいとても重厚。

その大きさは高さ約7m、重さ2~5tにもなります。

 

完成までに2~3年を要すると言われ、漆工芸品としての価値も高く評価されているんですよ。

 

 

この動く豪奢な工芸品の曳山14台が、笛や太鼓に合わせて練り歩くのが“唐津くんち”です

 

祭りのハイライトは、2日目のお旅所神幸の“曳き込み”

 

西浜の砂地に車輪を取られながらも、豪快に曳き込む様子は必見です。

 

提灯の灯りの浮かぶ、幻想的な宵山

唐津くんち 宵山

 

曳山展示場に格納されている14台の曳山が、早朝より各町内に曳き出されて磨き上げられ、スタンバイ。

 

19時30分に刀町の曳山が大手口から曳き出され東行、唐津神社へと向かい始めると、各町が曳き順通りに次々と参加し行列を作ります。

 

提灯の灯りに照らされた曳山は、とても想的

 

市内を一巡した曳山は、唐津神社前に曳き揃えられ、翌日のお旅所神幸に備えられます。

 


Sponsored Link

唐津くんち最大の見せ場、曳き込み

唐津くんち 曳き込み

 

2日目のお旅所神幸は、唐津くんちのハイライト。

 

唐津神社にて獅子舞が奉納された後、9時30分より神輿の前後に曳山が従って、西の浜のお旅所まで巡行が始まります。

 

 

曳山の順番は、制作年代順に並んでいるんです。

 

1番山の刀町の曳山、赤獅子は文政2年、1819年に制作されたものと言いますから、今から約200年前。

 

最も新しい14番山の江戸川町の七宝丸で明治9年、今から140年前の曳山です。

 

 

曳山は「エンヤ、エンヤ」「オイサ、オイサ」の掛け声とともに、勇壮に旧城下町の市内を突っ走ります。

 

街角で勢い良くカーブを切る様子は迫力充分!

 

 

クライマックスはお旅所の「曳き込み」です。

 

お旅所は元小学校のグラウンドですが、昔は浜だったことから、普段は硬いグラウンドを掘り起こして、深い砂地になっています。

 

この砂地に曳山の車輪がめり込んで非常に動きにくくなっているところを、豪快に曳き揃える様子は唐津くんちの最大の見せ場。

 

神事の後に曳き出す様子も見ものです。

 

祭りのフィナーレ、町廻り

唐津くんち 町廻り

 

各町に戻った曳山が再び唐津神社前に集合し、前日のお旅所神幸とほぼ同じ順路で、旧城下の東西約8Kmを廻ります。ただし神輿は出ません。

 

曳山はいったん唐津駅前の米屋町通りに曳き揃えられた後、最大の力を振り絞りながら曳き納めに向かいます。

 

最後は観客と一体になって掛け声を掛け合い、名残を惜しむように1台ずつ曳山展示場に格納されていきます。

 

唐津くんちの曳山のコースや鑑賞ポイントは?桟敷席はある?

 

 

西の浜お旅所

 

2日目、唐津くんちのハイライトが繰り広げられる西浜お旅所

 

12時ころより行われる曳き込みか、15時ころより行われる曳き出しを観覧するのが最もおすすめです。

 

有料の桟敷席は設置されておりません。

 

 

曳き込み、曳き出しのそれぞれの所要時間は、全14台で約2時間くらい

砂地で汚れても良いような服装でご観覧下さい。

 

唐津市役所前

 

市役所前で観覧するのもおすすめ。

大通りで勇壮に駆け抜ける曳山を観覧することができます。

 

交差点で3方向に曲がる曳山を観れるので、1ヶ所に陣取って観るにはおすすめの場所です。

全14台の通過を観覧する所要時間は約50分くらいです。

 

駅や臨時案内所で運行マップをGetしましょう!

 

駅や臨時案内所などで、運行マップが配られます。とても便利なので、ぜひGetしておきましょう。

 

曳山が大通りを通るのを観覧したら、先回りして細い路地で見学すると、スリルある曳山を堪能することができます。

 

見学する時は係員の指示に従って、曳山に近づきすぎたりしないように注意してくださいね。

 

唐津くんちについて。くんちとは?

唐津くんち

 

例年約50万人の人出で賑わう唐津くんちは、唐津神社の秋の祭礼です。

 

「くんち」とは供日(くにち)とも表し、北九州北部における秋祭りの呼び名とされています秋の収穫を感謝して神様に奉納する祭りです。

 

 

唐津神社の供日は、旧暦の9月29日に行われていたことも“「くんち」の由来”です。

 

暦制が変更されるに際し、10月29日になりましたが、週休制の浸透や、観光客の誘致の観点から、昭和43年より現在の11月3日を中心とする日程に変更されました。

 

唐津神社から神様を神輿に移してお旅所までお連れするご神幸は、16世紀の終わりには既に行われていたようです。

 

 

曳山の以前の形態は「傘鉾等」といい、1763年の文書に、ご神幸に付き従っていたことが記されています。

 

それから50数年後に1番曳山である「赤獅子」が制作・奉納され、以後、趣向を凝らした曳山が次々と制作・奉納されて、時代とともに変化しながら現代に受け継がれています。

 

唐津くんちへのアクセス方法と駐車場情報

場所:唐津市街地一帯(唐津神社)

住所:佐賀県唐津市

電話:0955-74-3355 (唐津観光協会)

地図:


公式HP:唐津くんち

電車の場合:JR唐津駅→徒歩10分(唐津神社まで)

車の場合:唐津伊万里道路(西九州道)唐津ICから国道202号経由約6km約15分

駐車場:あり 3000台 市内各地に臨時駐車場有り

 

駐車場 収容台数 唐津神社まで 利用時間
東城内駐車場(有料) 170台 徒歩15分 24時間
旧高取邸駐車場(有料) 90台 徒歩5分 24時間
南城内駐車場(有料) 80台 徒歩2分 7:30~22:00
浄水センターグランド駐車場(臨時) 120台 徒歩20分 3・4日:9:00~17:30
材木町駐車場(有料) 90台 徒歩10分 24時間
ふるさと館アルピノ(有料) 130台 徒歩10分 24時間
松浦河畔公園駐車場(臨時) 1430台 シャトルバス 2日:17:00~22:30

3・4日:9:00~17:30

 

唐津男が駆け抜ける、年に1度の熱い祭り!

唐津くんち

 

【関連記事】

佐賀バルーンフェスタの日程と楽しみ方。駐車場や服装は?

鹿児島おはら祭りの日程とプログラム。交通規制は?

有田陶器市(秋)の日程、駐車場情報。おすすめの宿は?

 

津くんちは市民総出のお祭り!

 

11月3日~4日は、「唐津特産市」が開催されるほか、御食事処もあり、唐津焼やおみやげ品の購入もできるので、ぜひお立ち寄り下さいね。

 

また、唐津グルメを味わうなら、JR唐津駅近くの「ふるさと会館アルピノ」もおすすめですよ。

ふるさと会館アルピノ

住所:佐賀県唐津市新興町2881−1

電話: 0955-75-5155

営業時間:09:00~19:00


Sponsored Link