季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

寒の入り2018はいつから?小寒の意味と期間。過ごし方は?

寒の入り(かんのいり)」は、字を見ただけで、寒い季節の訪れを感じますね。

 

でも、「寒の入り」は、気温によって決まっている訳ではありません。

二十四節季のひとつ、小寒が、「寒の入り」と呼ばれているのです。

 

今回は、そんな「寒の入り」「小寒」についてまとめていきます。

・寒の入り(小寒)の意味とは?
・2018年の寒の入りはいつから?
・大寒と小寒との違いは?
・寒の入り(小寒)の反対は?
・寒の入り期間の過ごし方は?
・小寒の時期に咲く花といえば?

 

Sponsored Link

寒の入り(小寒)の意味とは?

雪 南天
小寒は二十四節気のひとつです。
二十四節気というのは、中国で生まれた暦です。

 

日本では、江戸時代から使われて生活に根付いてきました。
冬至から数えて15日頃で、大寒までのおよそ15日間を指します。

 

この小寒は「寒の入り」とも呼ばれ、立春を迎えると「寒の明け」となり、暦の上ではとなります。

 

2018年の寒の入りはいつから?

冬 寒椿
2018年の寒の入り(小寒)は1月5日です。

小寒から4日目には寒四朗(かんしろう)と呼ばれる日があります。

寒四朗は、一年の麦の収穫に影響がある日とされています。

 

また、小寒から9日目は、寒九(かんく)と呼ばれます。
この日に降る雨は「寒九の雨」と呼ばれて、豊作の吉兆とされています。

 


Sponsored Link

大寒と小寒との違いは?

雪 楓

「寒さが厳しくなり始める頃」
「最も寒さが厳しい頃」

小寒が終わった次の日から、節分の前日までのおよそ15日間が大寒です。

 

小寒と大寒を合わせての約30日間を「寒(かん)」または「寒中(かんちゅう)」「寒の内(かんのうち)といいます。

 

寒の入り期間の過ごし方は?

冬 雪景色

 

寒中見舞い

寒中見舞いを出し始めるのは、小寒(寒の入り)とされています。

この日から、立春までの寒さが暑中見舞いが暑さ厳しい時期に、手紙を書きます。

健康を気遣う手紙であるのに対して、寒中見舞いは、厳しい時期に、ご機嫌伺いをする手紙だからです。

立春を過ぎてしまった場合は、「余寒見舞い(よかんみまい)」となります。

 

七草粥

七草粥 1月
1月7日の人日(じんじつ)の節句(七草の節句)には、七草粥を食べる習慣がありますね。
の七草は、邪気をはらい、健康になるとされています。

 

この春の七草が入った粥を食べて一年間の無病息災を祈る七草粥は、お馴染の習慣ですね。

春の七草
せり
なずな
ごきょう(ははこぐさ)
はこべら(はこべ)
ほとけのざ(こおにたびらこ)
すずな(かぶ)
すずしろ(だいこん)

 

寒稽古

寒の期間には、さ耐える行事が行われます。

 

寒中水泳や寒稽古(かんげいこ)、水行などで、寒さ厳しい時期にあえて行う事で、精神を鍛える意味があるとされています。

 

小寒の時期に咲く花といえば?

「小寒」のころは花が少ない時期ですが、その分咲いている花が鮮やかに見える時期でもあります。

 

小寒の頃に見頃を迎えるを、ご紹介しましょう。

 

蠟梅 (ろうばい)(「蝋梅」「臘梅」)

蝋梅 花

 

十二月下旬から春先まで咲く梅に似た花です。
原産地は中国で、17世紀ごろ日本に渡来したとされています。

 

「唐梅(からうめ)」、「南京梅」、「金梅」、梅よりも強いことから「香梅」とも呼ばれています。

 

水仙 (すいせん)(雪中花(せっちゅうか))

水仙 黄色

 

春先から咲く品種もありますが、冬に見頃を迎える水仙も多いです。

早咲きの水仙が見頃を迎えるのは、正に小寒の頃です。

 

寒椿 (かんつばき)

寒椿

 

名前に「寒」がつくだけに、冬の寒さ厳しい時期に見頃を迎えます。

 

山茶花 (さざんか)

山茶花

 

寒椿と見た目も時期も似ている為に混同され易い花です。
童謡「たき火」にも登場する、を代表する花です。

 

小寒は、寒さ厳しい時期

寒の入り 寒い

 

【関連記事】
大寒はいつ?意味と期間。過ごし方や縁起の良い食べ物。
大寒の候の時期と読み方。時候の挨拶に使える期間。例文は?
寒の内の意味や読み方。時期や行事。季語を使った俳句は?
冬至はいつ?かぼちゃを食べる理由とゆず湯の意味とは。
立冬の意味と時期。立冬の挨拶文例。おすすめの食べ物は?

寒露の意味と時期。おすすめの食べ物は?寒露の候の使い方。

 

「寒の入り小寒」についてでした。

 

小寒(寒の入り)から、大寒までが、暦上一番寒い時期である「寒」と呼ばれることが分かりましたね。

 

この寒さ厳しい時期は、体調を崩しやすい時期でもあります。

ぜひ、体を労わりながら過ごしてくださいね。