季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

過呼吸の原因や対処法とは?過呼吸の症状に陥った時にすること

Sponsored Link

マンガやドラマ、小説で過呼吸になった表現ってたまに見かけますよね。

 

でも過呼吸は現実でも起こるって知っていますか?

 

過呼吸は普通の息切れとは違うのか、原因、そして対処法のちょっと意外な話をまとめました。

 

・過呼吸の症状とは?
・過呼吸の主な原因は?
・過呼吸になった時の対処方法は?
・過呼吸とパニック障害は違う?
・過呼吸を予防する方法は?

 

Sponsored Link

過呼吸の症状とは?

過呼吸の自覚症状は異常な息苦しさ

過呼吸 異常
過呼吸の最大の症状は息苦しさ

 

それも生半可な息苦しさではなく、死んでしまうかもしれないと思うほどに呼吸が困難になります。

 

他にも息がしづらいと感じられたり、めまいや動悸、呼吸がヒューヒューとはやくなるなどの症状も出ます。

 

これらの自覚症状が出たときに病院を受診すると、筋肉のけいれんや手のしびれなどの症状をチェックされます。

 

過呼吸の主な原因は?

過呼吸の原因は強いストレス

ストレス 不安感
過呼吸はなんだかか弱い女性がなるイメージがありますが、男性でも起こることはあります。

 

また、普段スポーツをしている人でも過呼吸になることも。

過呼吸の原因は過度のストレスや不安感といわれています。

うつ病などのメンタルの病気が原因となって過呼吸が発生することも。

 

どちらにせよ、一度過呼吸になると繰り返して発生してしまうことがたびたびあります。

過呼吸になったことがある人は、ストレスが自分に掛からないよう意識的に心がけてくださいね。

 


Sponsored Link

過呼吸になった時の対処方法は?

過呼吸になった時の対処法で紙袋はNG!

NG 対処
過呼吸になったときの対処法と聞いて思い浮かぶのは、口元に紙袋をあてる姿ですよね。

これはペーパーバッグ法と呼ばれる正式な過呼吸の対処法ではあります。

ですが素人判断で紙袋を使って過呼吸に対応するのは駄目なんです。

ペーパーバッグ法は過呼吸の対処法としては実は難しい部類になります。

 

発症した人の様子をみて、紙袋と口元に隙間を開けたり、適正な時間行ったりしなければ逆に過呼吸を悪化させてしまう恐れがあるんです。

対処法 冷静
過呼吸の対処法はまず冷静になること。

自分に「自分は落ち着いている、過呼吸では死なない」と言い聞かせます。

その上でゆっくり息を吐くことに集中します。

できれば腹式呼吸ができれば尚良し。

横になって息を長く吐くと次第に落ち着いていきますよ。

 

過呼吸とパニック障害は違う?

過呼吸とパニック障害は違うので見分けるためには受診を

病院 受診
過呼吸とパニック障害は混同されることがありますが、まったくう病気です。

なりやすい人の特徴や症状が似ているため同じものと思われてしまうようです。

 

しかし、過呼吸の原因とパニック障害の原因、そして過呼吸への対処法とパニック障害への対処法は違います。

 

死ぬかと思うほど息苦しくなった、それが繰り返し起こるというときには一度受診をおすすめします。

 

その時の診療科は心療内科精神科

おかしいなと思ったら早めに病院へ行ってくださいね。

 

過呼吸を予防する方法は?

過呼吸を予防するためにストレスや不安、緊張を避けよう

予防 楽しむ
一度でも過呼吸を起こすともう二度と過呼吸になりたくないと思うもの。

でも過呼吸はり返し発症する傾向もあるんです。

 

過呼吸の原因は先に書いた通り過度のストレス不安緊張

できるだけストレスを感じる状況を避けましょう。

規則正しい生活や趣味をしむことを心がけてくださいね。

 

苦しい過呼吸、原因と対処法を覚えておこう

対処 症状

 

【関連記事】
しゃっくりの止め方。人差し指を耳に入れる方法や水の飲み方。
いびきの原因(女性・男性・こども)と治し方。枕トレーニングで改善。
歯ぎしりの原因。睡眠中の子供・大人の歯ぎしりはストレス?
ヒートショック対策と予防!症状は?温度差のある入浴時に注意!
冬の寝汗の原因。病気?寒いのに寝汗ビッショリの理由と対策

驚き!貧乏揺すりの健康効果!原因や心理は?由来は?

セロトニンの増やし方!食べ物や運動で効果的に増やす方法は?

 

過呼吸は発症すると死ぬかと思うほど苦しくなってしまいます。

 

でも過呼吸では絶対に死ぬことはないと覚えておくと、過呼吸を発症しても症状を素早くめられることに繋がります。

 

また、原因や対処法を覚えておくといざという時にも慌てずに済みます。

むやみに怖がらず、過呼吸に向き合って対処できるといいですね。

Sponsored Link