季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

海水浴のビーチでの遊び方と持ち物。家族や団体で楽しもう!

梅雨も明け、すっかり夏本番を迎えましたね。

 

と言えば?青い空!青い海!!

そう!水浴のシーズンの到来です!!

 

家族や友人たち、カップルで海水浴に行かれる方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は海水浴やビーチで楽しめる遊び方を下記の流れで紹介したいと思います。

 

・海水浴のビーチで子供連れの方にオススメの遊び方
・海水浴のビーチで少人数で楽しめる遊び方
・海水浴のビーチでチーム戦で楽しめる遊び方
・海水浴のビーチ!トーナメント戦で楽しめる遊び方
・海水浴やビーチでの持ち物や注意点

 

Sponsored Link

海水浴のビーチで子供連れの方にオススメの遊び方

海水浴 砂遊び

 

子供連れの方にオススメする海水浴やビーチでの遊び方は、砂のオブジェ作り

 

特に泳げない小さなお子さんがいる方にオススメで、バケツスコップさえあれば遊べます。

 

砂のオブジェをきれいに作るコツは海水と砂を混ぜてセメント状にし、スコップでペタペタと叩きながら空気を抜くときれいにできるそうですよ。

 

貝殻

 

他にも貝殻集めなんかもオススメ。

 

貝殻を拾って帰り、フォトフレームやライトに接着剤でくっつけてオリジナルのフォトフレームを作ってみてはいかがでしょうか。

 

お子さんの夏休みの工作にもなりますよ(^^)

 


Sponsored Link

海水浴のビーチで少人数で楽しめる遊び方

スイカ割り

 

5人~6人ほどの少人数で海水浴やビーチで楽しめるオススメの遊び方はスイカ割り

 

海水浴やビーチでの遊びと言ったらコレ!!というような定番ですよね。

 

用意するものは、スイカ、割るための棒、目隠し用の手ぬぐいやアイマスク、ビニールシート

 

 

遊び方はビニールシートにスイカを置きます。次に、割る人に目隠しをし、グルグルと目が回るように5回~10回ほど回します

 

そして、周りの人たちが声を掛け、スイカの場所まで誘導し割らせます。

 

この時にわざとスイカと正反対の方へ誘導するのも良いし、海の方へ誘導するのも良いし、声を掛ける人たちで楽しんでみては( *´艸`)

 

楽しそうにすいか割りをしている方の動画もどうぞ。

 

 


Sponsored Link

海水浴のビーチでチーム戦で楽しめる遊び方

砂浜 ドッジボール

 

 

10人前後の大人数で海水浴やビーチに行かれたらチーム戦で遊んでみませんか?

 

そんなチーム戦でのオススメの遊び方はッジボール

子供の頃に遊んだことがある人も多いのでは。

 

用意するものはビーチボールのみ。

ビーチボールだと子供さんが一緒の場合、当たっても痛くないですし、行き帰りは空気を抜いて荷物のかさばりを減らせるので良いですよね。

 

ビーチボール

 

チームの枠は棒などで簡単に引くだけでOK!

ルールは頭以外の体に当たったらアウト!!

 

そして、陣地内の人が早くいなくなったチームの負けという簡単なルールなので、沢山の方で楽しめるのではないでしょうか。

 

負けたほうのチームは帰りの車の運転をすることや、バスや電車の場合は荷物持ちなどゲームをつけるのも良いかもしれませんね。

 

海水浴のビーチ!トーナメント戦で楽しめる遊び方

砂浜 ビーチフラッグ

 

先ほどはチーム戦で楽しめる遊び方を紹介しましたが、次はトーナメント戦での遊び方です。

 

トーナメント戦での遊び方はビーチフラッグ

テレビで見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

用意するものはフラッグだけ。

フラッグが無い場合は木の棒でも良いと思いますよ。

 

 

ルールはフラッグを立てた場所から適度な距離に離れ、フラッグに足を向けた状態でうつ伏せになり、合図とともに立ち上がって走り、フラッグを奪うだけ。

 

こちらも動画がありますよ。

スタートの姿勢を変えるのも楽しそうですね(^^)

 

 

2人ずつのトーナメント戦で、優勝した方には昼食をおごるなどをつけて遊ぶのも良いのではないでしょうか。

 

海水浴やビーチでの持ち物や注意点

海水浴 砂浜

 

海水浴やビーチには日差しを遮るものが無く、とても紫外線を浴びやすい状態です。

 

ビーチパラソルも良いのですが、ビーチテントの方が四方からの日差しを遮られますし、風に飛ばされることも少ないのでオススメです。

 

特に彼女さんといかれる男性はポイントアップに繋がるかもしれませんよ( *´艸`)

 

 

また、8月になるとクラゲが出てきますので、クラゲ除けのクリームなどで予防してくださいね。

 

 

 

周りの人たちの迷惑にならないよう

海水浴 家族

 

【関連記事】

海水浴の持ち物リスト。子供連れに便利なもの。おすすめは?

 

今回の水浴、ビーチでの遊び方と持ち物はいかがでしたか?

 

海水浴やビーチではたくさんの人であふれています。

自分たちで楽しむのは、もちろん良いですが、周りの方たちの迷惑にならないよう遊んでくださいね。

 

また、場所によっては今回、紹介した遊び方や他の遊びを禁止しているところもあるので、事前に調べてから行くことをオススメします。

 

それでは家族やカップル、会社の仲間の皆さんで海水浴を楽しんでくださいね(^^)


Sponsored Link