季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

花粉症対策予防に効くヨーグルトの種類と効果!食べ方は?

現在、日本人の25%程度の人が花粉症といわれる時代。

 

スギやヒノキの花粉が原因で飛散の時期には咳やくしゃみ、鼻水といった症状で苦しんでいる人もたくさんいます。

 

そんな花粉症ですが、ヨーグルトを食べることでその予防ができるのをご存知でしょうか?

 

そこで、花粉症予防に効果があるといわれているヨーグルトの種類や効果についてみてみましょう。

 

・花粉症とは?
・花粉症対策におすすめのヨーグルトの種類と効果。
・ヨーグルトの効果的な食べ方。量やタイミングは?
・どれくらいで花粉症の予防効果がでるの?持続期間は?
・ヨーグルトの乳酸菌はほかの病気にも効果的?

 

Sponsored Link

花粉症とは?

花粉 スギ

 

よく聞く“花粉症”という言葉ですが、どんな病気なのでしょうか。

花粉症とは、主にスギやヒノキといった植物の花粉が原因でアレルギー症状が起きる病気のことで、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。

 

アレルギー症状としては咳や鼻水、くしゃみ、喉のイガイガや違和感、目のかゆみといった症状が出ます。花粉が原因の季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)は、花粉の飛ぶ時期にだけ症状が起きます。

しかし、日本には花粉症を引き起こす植物が60種類ほどあるといわれており、長期間アレルギーの症状に悩まされる人も少なくありません。

 

また、通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれる、ダニやハウスダストといったアレルゲンが原因で起こるアレルギー症状もあります。こちらも咳や鼻水といった症状を引き起こします。それに加えて、喘息やアレルギー性皮膚炎といった病気を併発させることもあります。

 

花粉症対策におすすめのヨーグルトの種類と効果。

ヨーグルト ヤクルト ミルク

なぜ花粉症対策としてヨーグルトがいいの?

理由は、ヨーグルトに含まれる乳酸菌です。

 

そもそも花粉症は体内に入ってきたアレルゲンに対して起きるアレルギー反応によって、咳やくしゃみといった症状が出ます。免疫力が上がればその症状を抑えることができるというわけなんです。

 

免疫力をあげるためには、腸内をスッキリさせ環境を整えてあげることが重要です。

 

しかし、ヨーグルトを食べれば花粉症が治るというわけではありませんよ。ヨーグルトの乳酸菌が花粉症をやっつけてくれるわけでは決してありません。乳酸菌の腸内環境を整えるという作用が、花粉症の予防につながるという事なんです。

 

乳酸菌以外にも、ヨーグルトに含まれるメチル化カテキンという物質も、アレルギー症状の抑制効果があるといわれています。

 

おすすめのヨーグルトと効果

ヨーグルト

 

市販のヨーグルトですが、それぞれに配合される乳酸菌の種類が違います。含まれる乳酸菌ごとにみてみましょう。

 

L-92乳酸菌

「L-92乳酸菌」とはカルピス社が保有しているヒト由来の乳酸菌で、一般的な乳製品からは摂ることのできない貴重な菌なんです。

 

Th1細胞とTh2細胞という花粉や細菌、ウイルスなどの異物に対して反応する細胞のバランスを整える効果があります。

 

L-92乳酸菌を継続して摂取した人は、スギ花粉による目と鼻の症状が軽減されたという研究結果や、アトピー性皮膚炎の症状が緩和されたという結果も出ていますよ。

 

BB536乳酸菌

こちらの乳酸菌が含まれるヨーグルトは、一番手に入りやすいといわれています。大抵のスーパーで販売され、果物果肉入りや飲むヨーグルトタイプの物など種類も豊富にあります。

 

花粉症は体内にアレルゲンが入ってきたことによって、免疫バランスが乱れることででる過剰防御反応です。しかしこの乳酸菌を継続して摂取しておくことで、体内にアレルゲンが入っても免疫バランスが乱れるのを防止してくれます

 

クレモリス菌FC株

最近注目される、生きたまま大腸まで届く乳酸菌というのがクレモリス菌FC株です。正式名称は“ラクトコッカス・ラクティス亜種クレモリス・FC”といい、小さな菌が連なる連鎖球菌と呼ばれるものの一種です。

 

フジッコが販売するカスピ海ヨーグルトに含まれるもので、強い粘り(とろみ)が特徴です。とてもアレルギーに強い乳酸菌なので、花粉症予防にも効果が高いといわれています。

 

また、特徴の粘り成分=EPSにも免疫力を高める効果があります。そのため、クレモリス菌FC株の効果に粘り成分EPSの免疫力向上効果が加わり、より免疫バランスの崩れを防止する力が増します

 

乳酸菌シロタ株

こちらはよく知られている、ヤクルトの商品に含まれる乳酸菌です。ヤクルトといえばプロ野球のチーム名にもなっているため、知っている方は多いでしょう。

 

ヤクルトの研究結果では「乳酸菌シロタ株では花粉症の症状を軽減させることはできない。しかし、摂取することで花粉症の症状を遅らせる傾向が認められた」と発表しています。

 

これを聞くと、乳酸菌シロタ株は花粉症予防に効果がないと感じるでしょう。しかし、症状を遅らせることができれば、花粉症症状で悩まされる期間は短くなるはずですよね。そのため、摂取することは決して無駄ではないでしょう。

 

LG21乳酸菌

LG21乳酸菌は、一般的にピロリ菌に効果があるといわれています。

 

ピロリ菌とは、胃の粘膜に生息し、胃や十二指腸などの病気の原因になり、一度感染すると除菌しなければ一生胃の中に住み続けるといわれています。

 

そんな厄介なピロリ菌を除菌するのに有効なのが、LG21乳酸菌です。

 

LG21乳酸菌は、大半のビフィズス菌が生きることができない強力な胃酸の中でも強く生き、長期間存在することができるんです。もちろん腸内環境を整える効果もありますので、アレルギー症状の軽減にも効果があります。

 

KW乳酸菌

一般的にKW乳酸菌と呼ばれますが、正式名称はKW3110株といいます。この乳酸菌は、小岩井乳業とキリンの共同研究によって見つけ出された乳酸菌です。

 

Th1細胞とTh2細胞のバランスを整える効果があるので、アレルギー症状の発症を予防してくれます。特にスギ花粉症によるくしゃみ症状を軽減させます。

 

R-1乳酸菌

OLL1073R-1という株を使用して作られるヨーグルトを、R-1ヨーグルトと呼びます。

R-1乳酸菌はNK細胞を活性化させる効果があります。

 

NK細胞とはナチュラルキラー細胞のことで、全身を巡りながらがん細胞やウイルス感染細胞を見つけて攻撃するものです。

 

このNK細胞が活性化されるので、もし病原菌やアレルゲン、ウイルスが体内に侵入してきてもこれらを排除するように免疫力を高めることができます。

 

ヨーグルト

 

紹介した以外にもL-55乳酸菌、LGG乳酸菌といった乳酸菌もあり、いずれも花粉症に効果があるといわれています。

 

たくさん種類のある乳酸菌ですが、この中から自分に合ったものを選ぶことが重要です。他の人に効果があっても、自分にその乳酸菌が効くとは限りません。

 

食べるヨーグルト以外にも飲むタイプなど種類は豊富にありますので、一定期間継続し効果があるのか試してみるといいでしょう。

 

ラクトフェリン

ラクトフェリンという成分名を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。このラクトフェリンが入ったヨーグルトもありますよ。

 

こちらは乳酸菌ではなくたんぱく質です。母乳にも含まれる成分で、生まれたばかりの赤ちゃんを感染症から守ってくれる成分といわれます。

 

このラクトフェリンは、花粉が体内に入って来る前にブロックする効果があります。花粉症以外にもノロウイルスが腸に侵入するのを防ぐ働きもありますよ。

 


Sponsored Link

ヨーグルトの効果的な食べ方。量やタイミングは?

キューイ オレンジ ヨーグルト

まず一番重要なのが継続して摂取するという事です。一日の中でどの時間に食べても良いです。おすすめなのは、乳酸菌が胃酸の影響を受けないためにも胃酸の薄まっている食後です。

 

摂取量ですが、100~200g程度摂取しましょう。市販されているヨーグルトのカップが大体100g程度なので、一日1カップ食べるといいですよ。

ヨーグルトによっては加糖のものもありますが、できるだけプレーンを選びましょう。砂糖を一緒に摂取すると悪玉菌を増やしてしまうので、効果が弱くなってしまいます。

 

しかし、プレーンばかりでは飽きてしまって続かないという方もいるでしょう。そういう場合は、生のフルーツやはちみつ、黒糖などと一緒に食べてみてください。こちらは加糖ではないので効果が弱まることもないですよ。

 

食べ始める時期ですが、花粉症が流行っている時期に食べ始めてもすぐに効果があらわれるものではないので、症状が軽減するのを実感することはできないでしょう。

 

腸内環境が整い免疫力が上がるまでには時間がかかります。もちろん個人差もありますが、花粉症が流行る2、3カ月前には食べ始めた方がいいでしょう。思い立ったらなるべく早く食べ始めた方が効果もより実感できるでしょう。

 

どれくらいで花粉症の予防効果がでるの?持続期間は?

ヨーグルト 女性

 

ヨーグルトは食品ですので、摂取したからといって即効性はありません。また、自分に合ったものを摂取していなかったため花粉症予防の効果が実感できなかったという方も多くいます。

 

花粉症を治すものではなく、あくまで花粉症の予防効果があるという事を忘れないでくださいね。

 

効果を実感するためにも、なるべく毎日、長期間続けて摂取することをおすすめします。早い方では1ヵ月ほどで効果を実感した方もいますし、長いと半年から1年ほどかかった方もいます。ヨーグルトで花粉症の予防をしようとお思いの方は、長い目で取り組みましょう。

 

乳酸菌は、体に取り入れて一週間くらいで死滅してしまいます。

一度に摂取する量を増やすよりも継続して摂取して、体内に乳酸菌が常にある状態をキープすることが大切ですよ。

 

ヨーグルトの乳酸菌はほかの病気にも効果的?

丸 看護婦

 

先ほど紹介したBB536乳酸菌には、インフルエンザ予防効果や大腸がん予防、コレステロール低下効果、潰瘍性大腸炎への効果など様々な効果があるといわれています。

 

KW乳酸菌には便秘予防、アトピー性皮膚炎の改善。

 

R1乳酸菌にはインフルエンザ予防やがん予防、腸内環境を整えることによりターンオーバーを促し肌トラブルの解消にも効果があります。

 

花粉症予防への効果も期待されますが、それ以外にも嬉しい効果がたくさんあります。美容、ダイエット、体質改善といった目的で食べ始めるのもいいかもしれませんね。

 

ぜひ今日から継続して摂取してみましょう。

ドライフルーツ ヨーグルト

 

【関連記事】
花粉症に効果的なヨーグルトの種類と食べ方。量と期間は?
花粉症対策の食べ物まとめ!改善におすすめの食事や飲み物
花粉症対策に効く飲み物・お茶は?効果は?(緑茶・べにふうき)
じゃばらで花粉症対策!効果と飲み方は?ジュース・サプリ
ヨーグルト菌の種類一覧と効能。効果的な食べ方で健康生活!

 

ヨーグルトを食べるのは、花粉症を治すことではなくアレルギー体質を少しでも改善するということが目的です。

 

効果を試したいという方は、すぐにでも挑戦してみてはいかがでしょう。すぐには効果が実感できないかもしれませんが、ヨーグルトによって体内では変化が起きているはずですよ。

 

また、ヨーグルトには花粉症対策以外にも美容やダイエット効果などもありますし、継続して食べることは決して悪くないはずですよ。