季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

花粉症に効く市販薬おすすめランキング!子供や妊婦には?

花粉症の症状を抑えるために、とりあえず風邪薬で間に合わせたことはありませんか?

 

実は、花粉症用に開発された薬と、鼻炎薬や風邪薬には、違いがあります

 

花粉症に効く成分が入っていなければ、風邪薬を飲んでも、症状はあまり改善されないのです。

 

今回は、花粉症用の市販薬についてです。

おすすめの市販薬と、選択のポイントも解説していきますよ。

 

・花粉症の市販薬、有効成分は?
・花粉症の市販薬おすすめランキング!
・子供や授乳中にも大丈夫な市販薬は?
・運転中でも眠くならない市販薬は?
・花粉症は市販薬よりも処方薬のほうが良い?

 

Sponsored Link

花粉症の市販薬、有効成分は?

薬 ティッシュ マスク イラスト

 

花粉症用の市販薬の多くは、「抗ヒスタミン」と呼ばれる成分が入っています。

 

花粉症によるくしゃみ・鼻づまり・鼻水などの原因はアレルギー物質のヒスタミンなので、その働きを弱める効果がある「抗ヒスタミン」が配合されています。

 

抗ヒスタミン第1世代

「マレイン酸クロルフェニラミン」や「マレイン酸カルビノキサミン」と表記されているものが多いです。
特徴は、効果が強い半面、副作用が出やすいこと。
主な副作用は、眠気や口の渇き、胸やけなどです。

 

抗ヒスタミン第2世代

「塩酸アゼラスチン」「フマル酸ケトチフェン」「メキタジン」などと表記されているものです。

 

第2世代の中でも効果が強いのが、抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬です。

 

ヒスタミンの働きを抑える作用だけでなく、アレルギー物質の発生を抑える効果があります。

 

もう一つが「非鎮静性」とよばれる、第1世代の副作用が出にくくなるように改良された薬です。

 

花粉症の市販薬おすすめランキング!

5位:ザジテンAL鼻炎カプセル

ザジテンAL鼻炎カプセル

 

この薬はアレルギー専用鼻炎薬で、目のかゆみなど他の症状にはあまり効果がありませんが、くしゃみ・鼻水・鼻づまりには、効果が高い薬です。

 

朝と就寝前に飲むタイプです。

眠気が起こりやすい

 

4位:ストナリニ

ストナリニ

 

医療用と同じ分量の「セチリジン塩酸塩」が配合されています。

1日1回の使用で、効果が高いのが特徴です。

 

3位:コンタック鼻炎Z

コンタック鼻炎Z

 

ストナリニと同じく、医療用と同じ分量の「セチリジン塩酸塩」が配合されています。

1日1回の使用で、効果が高いのが特徴です。

 

2位:アレグラFX

アレグラFX

 

医療用「アレグラ60mg」と成分量が同じ、第1類医薬品です。

そのため、薬剤師に購入時の説明を受けなければなりません

 

第1世代抗ヒスタミン成分配合の鼻炎薬より、眠気が起こりにくい

空腹時にも飲め、朝夕2回服用する。

 

1位:エスエス製薬 アレジオン20

エスエス製薬 アレジオン20

 

寝る前に飲む、一日1回の服用です。

眠気などの副作用も起こりにくく、予防効果もあります

 


Sponsored Link

子供や授乳中にも大丈夫な市販薬は?

妊娠中

女医 妊婦 イラスト

 

妊婦にもOKと言われる花粉症の薬でも、基本的に妊娠4ヶ月以降からの投薬になります

 

妊婦によく処方されるのは、ポララミンです。

眠気や口の乾きなどの副作用は出ますが、安全性が高いとされている薬だからです。

ただし、ポララミンは薬局やドラッグストアでは買えません

 

その他には、漢方薬の小青竜湯(しょうせいりゅうとう)も多く処方されます。

小青竜湯は、漢方薬でありながら、ある程度即効性があります。

薬局やドラッグストアでも購入できます。

 

授乳中

妊娠と薬情報センター(厚生労働省事業)では、第2世代抗ヒスタミン剤の「アレグラ」と「クラリチン」は、「授乳中に安全に使用できると思われる薬」としています。

 

ただし、市販薬には、主成分以外の成分も配合されているので、処方薬を使用しましょう。

 

子ども用の市販薬

子供 薬 飲む 絵

 

子ども用にも、花粉症の市販薬が販売されています。

だた、あまり長期間使用することを想定されていませんから、症状が長引く時は、処方薬を使った方がいいでしょう。

 

代表的な市販薬は次のとおりです。

生後3ヶ月から

こどもパブロン鼻炎液S
エスタックこども用鼻炎シロップ

 

2歳から
アルベンこども点鼻薬

 

5歳から
ストナリニ・サット小児用

 

運転中でも眠くならない市販薬は?

車 家族 旅行 イラスト

 

「第2世代抗ヒスタミン薬」の特徴は、眠気などの副作用が現れにくいということです。

 

花粉症に使われる薬のうち、アレグラとクラリチンには、「重要な基本的注意」に眠気の項目が含まれていません。

 

これらを主成分にした薬を選ぶといいでしょう。

もちろん、薬剤師に相談してから選んでくださいね。

 

花粉症は市販薬よりも処方薬のほうが良い?

処方薬 薬剤師 イラスト

 

病院では、「抗ヒスタミン薬」だけでなく、市販薬にはない「抗ロイコトリエン薬」や、「経口ステロイド薬」などを処方することが出来ます。

 

重症の場合は、処方薬を選んだほうがいいでしょう。

 

飲み合わせや、副作用に注意

ポイント 女医 イラスト

 

【関連記事】
花粉症に効く目薬で市販のおすすめは?コンタクト対応は?

花粉症にワセリン。効果や副作用。目や鼻の改善におすすめは?
花粉症に風邪薬は効く?併用は?飲み合わせの注意点。
花粉症で頭痛時の症状と対策まとめ!吐き気や肩こり時の対処法
花粉症で喉に違和感(かゆみ痛み)がある時の症状と対策まとめ
花粉症対策の食べ物まとめ!改善におすすめの食事や飲み物

花粉症対策に効く飲み物・お茶は?効果は?(緑茶・べにふうき)

花粉症のピーク時期。いつからいつまで?傾向と対策。

 

花粉症用の市販薬についてでした。

市販薬の中心は、「抗ヒスタミン薬」だということが分かりましたね。

 

いくつかおすすめの商品をご紹介しましたが、飲み合わせや、副作用などの問題がありますから、選ぶ際には、薬剤師に相談してくださいね。