季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

花粉症の時期2016はいつからいつまで?種類やピークは?

2016年の春、また花粉症の季節がやってきます。

 

花粉自体は年がら年中飛散している物ですが、特に気になるのはスギ花粉

 

はたしてその時期は?ピークは?というテーマで、下記の流れでご紹介していきたいと思います。

 

・2016年花粉症の種類、その特徴は?
・花粉の時期(地域ごと)・ピーク
・花粉症にかかったらどうすればいい?
・花粉症予防・対策

 

Sponsored Link

2016年花粉症の種類、その特徴は?

スギ花粉

 

既に「日本気象協会」から、2016年春の花粉情報が発表されました。今回の記事はそれを基にご紹介したいと思います。

 

スギ花粉の飛散数状況

相も変わらず、来年も特に猛威をふるうのは“スギ花粉”です。日本に最も多く存在し、また最も多くの人が影響を受ける、最大勢力の花粉です。

 

そんなスギ花粉の特徴はどのようなものになっているのでしょうか?

 

花粉飛散量の前年比

まずは前年度と比べた場合についてお話します。“スギ花粉”の花粉飛散量は前シーズンに比べて「同程度、もしくは上回る」見込みとなっているようです。

 

地域によっても違いますが、

九州・四国・東海地方では前シーズンより多め。

 

中国・関東甲信越地方では前シーズン並み。

 

近畿・北陸・東北・北海道はやや少ない。

との事です。

 

花粉飛散量の例年比は?

スギ花粉

 

それに対し、例年比では

東北ではやや多く、それ以外の地方は少ない。

 

九州・四国は非常に少なくなり、例年の半分以下。

 

となる見込みとなっております。

 

スギ花粉の飛散は“前年度の気象条件”によって決まる

これには前年度の気象条件が関係しています。

 

スギ花粉は「前年度の夏が猛暑になり、日照時間が長く、また雨が少ない」という条件を満たす事によって、「花芽が多くなり、翌年の春の花粉飛散量が増大する」のだそうです。

 

スギ花粉

 

2015年の夏は北東と西で大きく天候が分かれました。北・東日本では雨が少ない割に例年並みの猛暑となり、スギ花粉が発生する条件を整えました。

 

また、西日本では昨年と同じく、低温、日照不足、多雨といった冷夏となり、花芽があまり作られなかったとみられています。

 

このため、例年と比べれば、花芽の多く形成されるであろう東北地方はやや多めに飛散し、その他の地域では例年より少なく九州・四国は例年の半分以下となるでしょう。

 

例年以下なのに前年度よりは多い?

それに対し、例年よりは少なめと言われた九州・四国・東海地方は、前シーズンよりは多め、または非常に多く飛散すると見込まれています。さて、それは何故なのでしょうか?

 


Sponsored Link

花粉の時期(地域ごと)・ピーク

出典:momomamablog.pink

出典:momomamablog.pink

 

これには2016年春の気圧配置が関係しています。

 

2016年の1月、2月は、西日本と東日本では冬型の気圧配置が安定しない見込みです。それに対し北日本は北から強い寒気が流れ込む影響で、冷え込む事が予想されます。

 

よって、西日本と東日本はやや暖かく、北日本は平年並みの気温となると言えるでしょう。スギ花粉はこの時期の気温が高いと飛散を早める傾向にあります。

 

この事から、九州・四国では例年よりは少ないものの、前年度を上回る花粉が飛散すると考えられます。

 

スギ花粉

 

以上の事からみても、飛散時期につきましては西日本と東日本は例年よりやや早め、北日本は平年並みとなり、「2月上旬に九州・中国・四国・関東地方から花粉のシーズンが始まる」と考えられています。

 


Sponsored Link

花粉症にかかったらどうすればいい?

花粉症

 

花粉症で頭痛時の症状と対策まとめ!吐き気や肩こり時の対処法

 

花粉症は何故発症する?

花粉アレルギーというのは、そもそも免疫機能の過剰反応の事です。長年体内に溜まってしまった、元来無害なはずの花粉を、免疫が異物と判断し発症します。

 

よって、将来的には誰しもが花粉症にかかる可能性があるのです。

 

花粉症

 

免疫機能を挙げる食品を食べる

免疫機能が正常に機能すれば、花粉症は抑えられます。そしてそのためには、細胞の酸化を防ぐ事が大切です。

 

そのためにはビタミンやミネラル、不飽和脂肪酸、乳酸菌等をとることが良好とされています。よって、ヨーグルト、チーズ、納豆や漬物といった発酵食品、たまねぎや緑茶を取る事がお勧めです。

 

ヨーグルト

 

それでもきつければ病院へ

投薬治療が主だった花粉症治療ですが、今ではレーザー治療や舌下免疫法、アレルゲン免疫療法など、様々な治療法が確立されてきています。自分の状態にあった最適な物を選んで治療しましょう。

 

花粉症予防・対策

花粉症 マスク

 

まずはマスクなどの基本的な花粉予防・対策グッズをあらかじめ買っておきましょう。春が訪れる前、また買い物客が殺到して売り切れになる前に買っておくのが賢いやり方です。

 

花粉が付きやすいウール素材の服を避けるのも手です。

 

また、最も花粉が付きやすい足元を、家の前で叩いてから入ることもおすすめです。うがい、手洗いも忘れずに。

 

あとはこまめにアンテナを張って、花粉の最新情報を察知しましょう。

 

 

【関連記事】

今年のスギ花粉の時期はいつからいつまで?飛散状況やピークは?

花粉症で喉に違和感(かゆみ痛み)がある時の症状と対策

花粉症対策の食べ物まとめ!改善におすすめの食事や飲み物

 

今年の花粉症について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?飛散時期に気をつけて、早めの対策を心掛けましょう。

 

早めの対処で、その後快適に過ごせるかどうかが変わってくるので、花粉情報をチェックしながら、確実な対策や予防を行っていってくださいね!


Sponsored Link