季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

門松の処分方法と時期。自宅や神社。片付けや使い回しは?

正月になると、玄関先にはしめ飾りや門松、神棚などには鏡餅など、正月飾りをおきますよね。

 

お正月が過ぎて役割が終われば処分するものですが、何日まで飾っておくのか?どのようにして処分すればいいのか?などの疑問が出てきますね。

 

年の初めに、神様への行事として正しい知識をつけておきましょう。

 

・門松の処分や片付ける時期は?
・門松の処分方法は?
・神社で処分してもらえる?
・門松を使いまわしてもいいの?

 

Sponsored Link

門松の処分や片付ける時期は?

門松 左右 イラスト

 

門松の処分や片づける時期ですが、松の内までは飾っておきましょう。

 

松の内とは12月13日から1月7日までの期間のことです。

 

この松の内、という言葉は門松を飾っている期間を指しているので、「松の内」といいます。

 

もちろん、この松の内の間にしめ飾りや鏡餅などを一緒に飾って、1月7日を過ぎれば片づけてしまって問題ありません。

 

門松の処分方法は?

どんど焼き イラスト

 

1月7日の、松の内の期間を過ぎたあとの処分方法が一番困りますよね。

 

もう役割が終わったんだから処分したいけど、ゴミに出してしまってもいいの?と思う方もいますよね。

 

できれば、ゴミとして地域のゴミ収集で処分するのは避けた方が望ましいでしょう。

 

門松飾りは、お正月の年の初めに、1年間家を守ってくれる年神様を迎え入れるため、目印になる、という大切な役割があります。

 

門松の松は、年神様の依り代とされ、神様が降りてくるのに必要なものです。

 

いくら役割が終わったといえど、ゴミとして処分するのには抵抗感もありますよね。

 

では、どうやって処分するの?というところですが、「どんど焼き」という火祭りで焚き上げる方法があります。

 

これは、出迎えた年神様を炎と一緒にお見送りする意味がある、と考えられているからです。

 

どんど焼きの他に左義長、お焚き上げ、とんど焼きなどの地方ごとの様々な名称があります。

 

一般的に小正月である1月15日に行われることが多く、田んぼや広い空き地、神社の境内で行われます。

 


Sponsored Link

神社で処分してもらえる?

神社 鳥居 イラスト

 

先ほど紹介しましたが、どんど焼きは地域の行事として田んぼや広い空き地で行っている場合もあれば、神社の境内で行っていることもあります

 

どんど焼きが行われているときに神社に持ち込めば、そのままお焚き上げで処分してしまう事はできますよね。

 

では、都合がつかずにどんど焼きで処分できなかった場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

そんな時は、神社に処分の受け入れを確認して、受け付けているのならば持ち込みましょう。

 

どんど焼きでなければ焚き上げて処分してくれない神社もあるので、持ち込もうと思った神社には事前に問い合わせをして処分を受け付けてくれるのか確認しておきましょう

 

門松を使いまわしてもいいの?

門松 正月 イラスト

 

松の内を過ぎたあとの門松を処分するのに悩むくらいならば、また来年使えばいいのでは?と思う方も多くいらっしゃると思います。

 

実際、次の年も使えるようなお正月飾りが販売されていることもありますし、環境問題などを考えて再利用しているご家庭も多いことでしょう。

ですが、本来は「新年に天から年神様をお迎えして、依り代を燃やして天に送り返す」という意味合いがあるので、使いまわすものとは考えられていません。

 

風習としては、翌年同じものをまた使うのは神様に失礼なので使いまわさない、とされています。

ただ、風習やマナーは大切ですが、環境問題なども考えて自分で判断してしまって問題ないでしょう。

 

門松を選ぶとき大きさや費用で処分方法を考える

お正月 屏風 着物 家族 挨拶 門松 イラスト

 

【関連記事】
門松の飾り方。雄松雌松の左右の位置。玄関の飾る場所は?
正月に門松を飾る意味。由来と語源。時期はいつからいつまで?
正月飾りはいつからいつまで?地域で違うの?種類と意味。
正月飾りの処分方法。時期は?自宅や神社での処分の仕方
どんど焼きの意味と歴史。名前の由来は?地域別の呼び名は?

正月飾りを玄関に飾る時期や飾り方。位置や付け方。場所は?

しめ飾りの作り方と処分方法。簡単に手作りする方法は?

 

もし、大きくて立派な門松を購入したのであれば、処分する際にダイオキシンの発生が気になったり、購入費用が気になったりしますよね。

 

初めから処分するつもりであれば、小さいサイズの低価格の門松を毎年購入してみてはいかがでしょうか。

 

ネット通販では、1,500円程度で横幅約12cm、高さ約26cmの門松が販売されています。

これなら毎年処分しても多少はダイオキシンの発生を軽減させられますし、費用面の負担も少なく済みます。

 

逆に、気に入った高価な門松を毎年再利用する、という方は5,000円や10,000円の大きな門松を購入してみてもいいと思います。