季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

住所変更で郵便局に転送届をする手続き方法。期間や延長は?

転送届は住所変更した時に必要となる手続きです。

多くは4月の新年度の時期に手続きをする人が多いですね。

 

ただ、引越しは一年中行われていますので、その時々において必要なこととなります。

 

居住地の移動、一人暮らしの開始、結婚、転勤などさまざまな理由から引っ越しをされることと思います。

 

 

そして引っ越しをしてから気になるのが郵便物

 

郵便物がなかなか届かず、後になって住所変更の手続きをしていないことに気づき、大事な手紙や書類などが引っ越し前の住所に送られ、困った方も多いのではないでしょうか

 

またそういう事態になることへの不安感もあることと思います。

 

そこで郵便物が引っ越し前の住所が書かれていても、引っ越し後の住所に届けられる転送サービスをご紹介します。

 

・郵便局の転送サービスについて
・転送サービスを利用するために必要なものや手続きに良い時期は?
・転送手続きの方法。ネットでもできる?
・転送期間の延長はできる?方法は?

 

今回は便局の転送サービスの内容や、住所変更の手続き方法についてまとめていきますので、どうぞご参考ください。

 

Sponsored Link

郵便局の転送サービスについて

 

送サービスとはどのようなサービスなのか?

 

ということですが、郵便局で住所変更の手続きをすると、引っ越し前の住所が書かれていても年間、引っ越し後の住所に無料で郵便物が届けられるというサービスです。

 

引っ越し後は忙しく、それぞれの関係先に住所変更するのも大変だと思うので、是非、利用してくださいね。

 


Sponsored Link

転送サービスを利用するために必要なものや手続きに良い時期は?

 

転送サービスを利用するために必要なもの

転送サービスを利用するには、郵便局で住所変更の手続きをする必要があり、以下の書類が必要になります。

1つ目は、運転免許証や各種保険証など身分証明ができるもの

 

2つ目は、引っ越し前の住所が載っている運転免許証やパスポート、住民票など、引っ越し前の住所に住んでいたことを証明できるもの

 

以上のつを証明できるものが必要になりますので、郵便局で住所変更をする時に忘れないように持って行ってくださいね。

 

手続きの時期はいつ頃がいいの?

 

転送サービスの手続きをするのは、引っ越しの前後どちらでも大丈夫

 

ただし、引っ越し初日から転送サービスを利用したい方は、引っ越しに住所変更をすることをオススメします

 

というのも、郵便局で住所変更の登録に3日~7日かかるから。

 

しかも土日祝が含まれていないため、住所変更の登録に最大で10日ほどかかる可能性があります。

 

なので、引っ越し初日から転送サービスを利用したい方は遅くても、引っ越しの10日前に郵便局に転送届を出しておきましょう

 


Sponsored Link

転送手続きの方法。ネットでもできる?

 

転送の手続きをするには郵便局に転居届という住所変更の書類を出す必要があります。

 

この転居届を出すときに先ほど書いた身分証明ができる書類と、引っ越し前の住所に住んでいたことを証明できる書類が必要になりますので忘れずに。

 

また、スマートフォンのみで利用できる「e転居」という、インターネット上で転居届を受け付けるものもあるので、忙しく郵便局に行けない方は利用してみてくださいね。

 

転送期間の延長はできる?方法は?

 

転送サービスの期間は最初に書いたように1年間、利用可能です。

 

ですが、初回と同じように身分証明ができる書類と引っ越し前の住所に住んでいたことを証明できる書類、転居届を持って手続きをすれば、1年間の延長ができますよ。

 

特に回数に制限が無いようですので、友人・知人への連絡や各サービス機関などの住所変更が十分でない場合は1年に1度、手続きをしておきましょう。

 

 

ただし、この転送サービスの延長する時に、気を付けることがあります。

 

1年間という期間は転送サービス開始日ではなく、居届を出した日から1年間なので気を付けてくださいね。

 

大事な手紙や書類を守るためにも

 

【関連記事】

郵便局で住所変更手続きする方法と必要書類。ネットでもできる?

引越しでの郵便局転送(転居)届の手続方法は?期間や解除は?

郵便局の通帳の住所変更手続き方法。必要なものは?

 

今回の住所変更で郵便局に転送届をする手続き方法はいかがでしたか?

 

引っ越し後は片付けや、役所などでの住所変更の手続きなど大変ですよね。

 

手続きに時間がかかり、大事な手紙や書類などの郵便物が引っ越し前の住所に送られ困った方も多いかと思います。

 

そんな時に郵便局の転送サービスを使えば、引っ越し前の住所が宛先になっていても、引っ越し後の住所に届けられるので、ぜひ利用してみてください。

 

忘れがちな手続きですので、注意してくださいね。


Sponsored Link