季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

十五夜の意味。中秋の名月との違いは?すすき、うさぎの由来。

十五夜、と聞くと、うさぎが月で餅つきをしている情景を思い浮かべる方も多いと思います。

 

そんなことを想像しながら、すすきが揺れる縁側で、お団子を食べながら満月を見上げる…まさに日本らしい、秋の風物詩ですね。

 

でもこの十五夜、きちんと意味があることをご存知ですか?

 

今年は十五夜の意味をきちんと知ったうえで、お団子を楽しみましょう!

 

・十五夜の意味は?
・十五夜と中秋の名月との違いは?
・十五夜の団子やすすきの意味は?
・十五夜でうさぎがでてくる由来は?

 

Sponsored Link

十五夜の意味は?

お月見

 

満月を意味するもの

 

十五夜は満月のことを意味するもので、“新月”と呼ばれる月が空にまったく出ないときから、“満月”になるまでに、約15日間かかることから、「十五夜」と言われています。

 

 

収穫に感謝する意味

 

もう一つの意味は、秋は実りの季節でもあります。田畑や山の幸などの収穫期を前に、収穫が取れることを感謝する「初穂祭」としての意味もあるそうですよ。

 


Sponsored Link

十五夜と中秋の名月との違いは?

すすき 月

 

「十五夜」と「中秋の名月」の意味は、似ているようで少しだけ違います。

 

「中秋の名月」とは、本来は旧暦の8月15日のお月様のことを意味しています。

 

日本の旧暦では、7~9月を「秋」としており、その中間の日である8月15日を「中秋」と呼んでいました。

 

また、この季節になると月がとても綺麗に見えたことから、旧暦の8月15日の月を、「中秋の名月」と呼び始めまたそうです。

 

 

今は旧暦が廃止され、8月15日ではなく、秋分の日に近い、だいたい満月の日が中秋の名月と呼ばれています。

 

その日付は毎年違い、2日程度の差があるだけです。ですが、必ず満月であると決まっていないというところなども、十五夜と少し異なるところですね。

 


Sponsored Link

十五夜の団子やすすきの意味は?

月見団子

 

十五夜のお月見の際に必ずお供えする団子やすすき。これにはどういった意味合いがあるのでしょうか?

 

団子

十五夜でお供え物をする意味は、秋の収穫に感謝をするという意味があります。その際、お米の収穫を神様に感謝するため、お月さまと同じ丸いお団子を作ってお供えするようになったそうです。

 

お供えする数は、十五夜にちなんで15個飾ります。

 

お米の収穫に感謝を示してお団子をお供えするほか、畑の収穫に感謝して芋などの野菜類をお供えする地域もあるそうですよ。

 

すすき

すすきも、収穫に感謝する意味でお供えされるようになりました。すすきは稲穂に似ているためだそうです。

 

すすきをわざわざ使わずに、稲穂を飾る地域もありますよ。

 

十五夜でうさぎがでてくる由来は?

十五夜 うさぎ 団子

 

日本では、月の模様がウサギが餅つきをしているように見えると昔から言われていますね。十五夜はそういった由来からももちろん来ていますが、実はもう少しお話があることを知っていますか?

 

昔、天竺というところにキツネ、サル、ウサギが暮らしていました。

 

彼らは、自分たちが動物であることをあまりよく思っておらず、きっと前世でなにか悪いことをしたからだろう、といつも思っていました。

 

それを見て御釈迦様が哀れに思い、お腹を空かせた老人の姿になって3匹の前に現れました。それを見た彼らが、お釈迦様に対してどのようなこと善い行いをするのか試してみようと思ったのですね。

 

木に登ることが好きなサルは、木の実を取って老人に差し出しました。キツネも鳥や魚を獲って、老人に差し出しました。

 

しかし、ウサギはサルやキツネのように獲物や木の実などを取って老人に差し出すことができませんでした。

 

そこでウサギは、「何もできない身ではありますが、どうかわたしをお食べください。」とみずからそのまま火の中に飛び込み、老人に自分の身を捧げたのです。

 

そんなウサギを哀れに思い、老人から元の姿に戻ったお釈迦さまは、ウサギの亡骸を抱き天へと昇り、月の都にその亡骸を祀ったということです。

ウサギの健気さにちょっとウルッときちゃうようなお話ですね。

 

満月 うさぎ 餅つき

 

月を愛でる日、十五夜

【関連記事】

中秋の名月はいつ?満月になる?食べ物をお供えする意味

スーパームーンはこの日!超見える時間帯と願い事方法。

秋分の日はいつ?意味や決め方は?おはぎの由来。

読書の秋の由来と意味。英語で言うと?おすすめの本、絵本。

 

十五夜の意味、由来についてご紹介いたしました。

 

月を愛でながら、田んぼや畑、山々の収穫に感謝をするために始まった十五夜のお月見、素敵ですね。

 

すすきやお団子をお供えする意味もきちんとあることに驚いた方も多いのではないでしょうか。そして身を捧げる少し悲しいウサギの話も、実は知らなかったという方も多いでしょう。

 

今年の秋の十五夜は、神様にお団子を15個とすすきをお供えして、感謝しながらいただくようにしてみてくださいね。


Sponsored Link