季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

人日の節句とは。意味や由来は?七草粥を食べる理由や読み方。

人日の節句は、何月何日でしょうか?

 

桃の節句や端午の節句と違って、人日の節句はあまり耳に馴染まない人も多いかもしれません。

 

人日の節句は、七草がゆの日…。そう、1月7日です。

 

今回は、人日の節句の意味や由来、七草がゆを食べるようになった理由などを詳しくまとめていきます。

意外と深い意味があるんですよ。

 

・人日の節句の意味は?読み方は?
・人日の節句の由来は?
・人日の節句に七草がゆを食べる理由は?
・七草は摘んでこないとダメなの?七草がゆの作り方は?
・人日の節句に行われる風習

 

Sponsored Link

人日の節句の意味は?読み方は?

 

節句の「節」は季節の変わり目という意味です。

 

「節句(せっく)」には、季節の節目に五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄などを祈って、神様へお供え物をしたり、邪気を祓ったりする習慣があります。

 

「人日(じんじつ)」は五節句の1番目の節句で、陰暦の1月7日です。

 

五節句は、奇数の月と重なる日を節句としてお祝いするのですが、1月1日は元旦なので別格扱いにして、代わりにお正月最後の日である1月7日の人日を五節句(五節供)に入れています。

 

他の節句と意味も紹介しておきましょう。

1月7日 人日(じんじつ)の節句(七草の節句)

 

七草粥を食べて一年の豊作と、無病息災を願います。

 

3月3日 上巳(じょうし)の節句(桃の節句)

 

お雛祭りの日で、女の子の誕生と成長を祝う日です。

 

5月5日 端午(たんご)の節句(菖蒲(しょうぶ)の節句)

 

子供の日で、男の子の誕生と成長を祝う日です。

 

7月7日 七夕(しちせき)の節句(笹の節句)

 

短冊に願いを込めて笹に飾ると願いが叶うといわれています。

 

9月9日 重陽(ちょうよう)の節句(菊の節句)

 

宮中や寺院では菊を鑑賞する行事が行われています。

 

人日の節句の由来は?

 

昔、中国には元日から六日までの各日に、獣畜をあてはめていを行う風習がありました。

 

元日には鶏を、二日には狗(いぬ)を、三日には羊を、四日には猪(いのしし)を、五日には牛を、六日には馬を占いました。

 

それぞれの日には占いの対象となる獣畜を大切に扱う日でもありました。

 

新年七日目は人を占う日だったので、人を大切にする「人日(じんじつ)」の日としたのです。

 

この日は人を大切にする観点から、刑罰を行わない日でもありました。

 

そして、無病息災を祈る為に七種類の若菜を入れた温かい吸い物(七種菜羹〔ななしゅさいのかん〕)を食べて祈りました。

 

日本では、宇多天皇の寛平二年(890年)に、この1月7日、人日を正月で最もめでたい日としました。

 

そして後の江戸時代から、五節句の第一の日として定められたという由来があります。

ちょっと紐解くと、さまざまな歴史の流れや由来があるものですね。

 


Sponsored Link

人日の節句に七草がゆを食べる理由は?

 

中国では、人日の節句に七種類の若菜を入れた温かい吸い物を食べる習慣があったことは、先ほどの“人日の節句の由来”で紹介しましたね。

 

でも、何故、七草を食べることが無病息災に繋がるのでしょうか?

 

それは、の生き生きした植物である七草を食べれば自然界から新たな生命力をもらえるから、無病息災で長生きができると考えられたからです。

 

この習慣が日本に伝わり、最初は7種類の穀物で使った塩味の利いた「七種粥」が食べられようになりました。

 

その後日本に元々あった、年の初めに雪の間から芽を出した若菜を摘む、「若菜摘み」という風習と結びついて「七草粥」になったといわれています。

 

江戸時代には幕府が公式行事として「人日」を祝日にしたことで、「七草粥」を食べる風習が一般の人々にも定着しました。

 

この七草粥、昔は冬に不足しがちなビタミンCを補う貴重な料理でまさに健康食でした。

 

現代の七草粥はどちらかというと、お正月のご馳走の後に淡白な粥で胃腸を休めるという意味で広く親しまれていますね。

 

七草は摘んでこないとダメなの?七草がゆの作り方は?

 

春の七草

昔の和歌に「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ 春の七草」という歌があります。

 

これに歌われている7種類の草を粥に入れたものが七草粥です。

 

昔は、前日に野山で若菜を摘んで、神棚の前で七草囃子(ななくさばやし)を唄いながらすりこ木でたたいたそうです。

 

こうすることで、七草の力をさらに引き出すことができると考えられていたのです。

 

現在では1月7日には、スーパーなどでもセットにして販売されていますから、手に入れるのも簡単になっていますね。

 

七草粥の作り方

七草囃子

 

1.七草囃子を唄いながら、まな板に乗せた七草をすりこ木や包丁でたたきます。

 

2.お米は、4.5倍のお水に30分間浸してから、強火で沸騰させます。

 

3.吹いてきたら弱火にして、2~30分加熱します。

 

4.火を止める直前に刻んだ七草を入れ、塩で味をつけて完成です。

 

人日の節句に行われる風習

 

節句には節句菓子があります。

 

ひな祭りの雛あられや、菱餅などは親しみがありますよね。

 

実は、人日の節句にも他の節句同様、節句菓子があります。

代表的なのは、花びら餅(菱はなびら)です。

 

他に人日の節句の面白い風習は、爪を切るという風習です。

 

昔は、新年になって始めて爪を切る日とされていて、七草を浸した水に爪を浸けて柔らかくしてから切るとその年は風邪をひかないといわれていたんですよ。

 

人日の節句は体を労わって

 

【関連記事】

秋の七草の覚え方。意味や由来は?食べることはできる?

重陽の節句はいつ?意味や由来は?食べ物や飲み物について。

小正月の意味と由来。小豆粥を食べる理由。なぜ餅花を飾るの?

ひな祭りの意味や由来は?食べ物・歌詞・ひな人形について

正月鏡開きのお餅はいつ食べる?おしるこの意味や由来は?

節分の食べ物の由来と意味。恵方巻き、いわし、そばの理由は?

 

今回は、日の節句の意味や由来、七草がゆを食べるようになった理由をまとめてみました。

 

人日の節句は元々は人を大切にする日だということ、七草がゆを食べるのにもちゃんと理由があることが分かりましたね。

 

現代では1月7日というと、お正月気分が抜けて慌ただしい時ですが、体と胃を休める為にも七草がゆの習慣を取り入れたいですね。


Sponsored Link