季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

じゃばらで花粉症対策!効果と飲み方は?ジュース・サプリ

歌山県にある北山村。

この村は、和歌山県でありながら三重県と奈良県に囲まれている、日本で唯一の『飛び地』と呼ばれている村です。

 

この村には、邪を払ってくれることから『じゃばら』と呼ばれる縁起の良い果実の樹が自生していました。

 

じゃばらを村の特産物にしようと試みを始めてはみたものの、なかなか成果はあがりませんでした。

 

そんな中、毎年20㎏購入される方がいらっしゃったので、その方に理由を訊ねてみたところ「息子の花粉症に効く」という答えが返ってきたのです。

 

このことがきっかけとなり、じゃばら産業は一気に巻き返し、北山村のじゃばらと花粉症の新しい関係が始まったのです。

 

今回はそんな経緯のある、“じゃばら”の花粉症などへの効果や飲み方について書いていきたいと思います。花粉症の方はぜひ読んでみてくださいね。

・じゃばらとは?効果は?
・じゃばらはどんな効能があるの?
・しゃばらのおすすめの食べ方や飲み方は?

 

Sponsored Link

じゃばらはどんな効能があるの?

じゃばら ナリルチン
じゃばらに含まれている『ナリルチン』という成分が、粉症に効果的といわれています。

 

そもそも花粉症とは?

花粉症 くしゃみ

 

身体の中に花粉(異物)が入り込んできたとき身体の中では、この物質を受け入れるべきかどうか会議が始まります。

 

受け入れないと決定されると、次に異物が入り込んできたときには、何としてでも花粉(異物)を身体の中から排除しようとする働きが起こります。

 

この働きに伴って出る症状が、くしゃみや鼻水、涙です。

吹き飛ばそうとしたり、洗い流そうとしたりします。

これが花粉症の仕組みです。

 

症状は辛いです。

でも身体が正常に闘っている証拠でもあります。

 

原因となる物質を身体の中に入れない予防が一番ですが、入り込んでしまったときには、頑張っている身体をちょっと癒してあげましょう。

 

じゃばらの効能

じゃばら 効能
じゃばらに含まれるフラボノイド成分の『ナリルチン』には、くしゃみや鼻水、涙などの症状を抑える働きがあります。

 

花粉症の諸症状(くしゃみや鼻水、涙)によって、集中力が低下したり、イライラしたりしますよね。

そういった症状も緩和して改善してくれます。

 

柑橘類に多く含まれるナリルチンですが、じゃばらには、特に多くナリルチンが含まれています。

じゃばら1個で伊予かんやグレープフルーツ4個分に相当するそうです。

邪気を払い、花粉症対策にもなる、縁起の良いじゃばらの紹介動画です。

 

栽培のされ方や食べ方飲み方などがまとまっていますので、どうぞご参考くださいね。

 

 

じゃばらとは?効果は?

じゃばらとは?

じゃばら クエン酸

大きさは小ぶりのミカンよりもさらに一回り小さいサイズです。

収穫したての頃は青みが残っていますが、時間が経ち完熟するとゆずのように黄色くなります。

 

収穫したての時期のものの方が多くナリルチンを含んでいます。

酸味がとても強く苦味もある果実です。

 

効果は?

ナリルチンが多く含まれているじゃばらですが、クエン酸も多く含まれています。

じゃばらの酸っぱさの素になっているのはクエン酸のようです。

 

クエン酸といえば、疲労回復に効果のある成分です。

試合の時、スポーツ選手が『レモンのはちみつ漬け』を食べているのを見たことがあると思います。

その他に、抗酸化作用の働きで活性酸素を除去してくれます。

活性酸素が増えすぎると、身体の中が酸化してサビついてしまいます。

このサビが様々な病気や老化の原因ではないか?といわれています。

 

実は、先ほどのナリルチンにも抗酸化作用があり、クエン酸には花粉症の抑制効果があります。

じゃばらに含まれるナリルチンとクエン酸で、花粉症の諸症状をWブロックするのです。

 


Sponsored Link

じゃばらのおすすめの食べ方・飲み方

じゃばら 果実
とても酸味が強い果実なので、ミカンのように果肉をそのまま食べることはしません。

焼き魚やドレッシングなど調理に使う他、果汁を水や炭酸で割って飲む方法があります。

 

また、果実より果皮に多くナリルチンが含まれているので、皮ごと食べることをお勧めします。

 

レモンのはちみつ漬けならぬ『じゃばらのはちみつ漬け』にすると皮ごと食べることができるので、栄養をたくさん摂ることができます。

はちみつじゃばら 商品
ジュース、飴、サプリ、スイーツなど様々な種類のじゃばら商品が様々なサイトで販売されています。

果実が入手できない場合は、そのような商品を代用してもよいでしょう。

 

薬のように即効性の効果は得られないかもしれませんが、毎日少しずつ摂って継続していくことで効果はあらわれてくると思います。

 

もちろん、全ての人に当てはまるものではありませんが、試してみる価値はあります。

選択肢は多い方がいいですよね。

 

健康も美しさも!

健康 栄養成分

 

【関連記事】
花粉症対策の食べ物まとめ!改善におすすめの食事や飲み物
花粉症に効果的なヨーグルトの種類と食べ方。量と期間は?
花粉症対策に効く飲み物・お茶は?効果は?(緑茶・べにふうき)
花粉症で喉に違和感(かゆみ痛み)がある時の症状と対策
花粉症で頭痛時の症状と対策まとめ!吐き気や肩こり時の対処法

花粉症で目のかゆみや痛みがある時の対処法まとめ(しょぼしょぼ・腫れ)

 

ゃばらには、ミネラル、ビタミンなどの栄養成分が豊富に含まれています。

その中でも特に豊富に含まれているナリルチンとクエン酸

 

この二つの力を借りて日常生活を快適に、そして、サビない身体で美しく過ごしていきたいですね。