季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

板橋花火大会2016の日程。おすすめの穴場と場所取り方法。

板橋花火大会についてご紹介させて頂きます。

 

板橋花火大会は昭和時代に埼玉県戸田市との県境を整理したことを記念に開催されたイベントで、昭和27年より現在まで続いている歴史ある花火イベントの一つです。

 

板橋花火大会で打ち上げられる花火の数はなんと10,000発以上!仕掛け花火にも力を入れており「力のいたばし」とも言われています。

 

東京三大花火大会とも遜色ない大規模花火イベントへ、是非足を踏み入れてみませんか?板橋花火大会の日程やおすすめ観覧スポットなどを下記の流れでご紹介します。

 

・板橋花火大会の日程や雨天時は?
・板橋花火大会へのアクセスは何がお勧め?
・板橋花火大会を十二分に楽しむための、おすすめ観覧スポット一覧
・花火を見ながらご飯も食べたい!屋台情報ご紹介

 

Sponsored Link

板橋花火大会の日程や雨天時は?

 

まず板橋花火大会は毎年8月の第一週になる土曜日に開催されています。

 

日程:2016年8月6日(土) 19:00~20:30

 

 

最初の一時間は大型の打ち上げ花火が続き、残り一時間半は仕掛け花火等の特殊な打ち上げが続きます。

 

雨天時は翌日の休日、日曜日に振替となるのが毎年の恒例のようですね。

 

折角来たけれど雨が降って何も見れなかった…ということのないよう、天気予報も事前にしっかり確認しておきましょう。但し小雨程度ならば決行するという方針でもあります。

 

 

板橋花火大会は都内最大と言われる「五寸玉」、関東最長級と言われる長さ700mの仕掛け花火「ナイアガラの滝」が一番の見どころです。

 

またコラボ花火も開催しており、妖怪ウォッチ花火もあげられました。今年のコラボも見逃せませんね!

 

Sponsored Link

板橋花火大会へのアクセスは何がお勧め?

出典:http://itabashihanabi.jp/

 

板橋花火大会では、公共交通機関を使用してのアクセスが推奨されています。車での来場は板橋区側から不可と指定されているので、電車を使用してのアクセスルートを考えておくとよいですね。

 

ちなみに会場付近のほとんどが、当日は車両進入禁止区域となります。

 

出典:http://itabashihanabi.jp/

出典:http://itabashihanabi.jp/

 

会場の主な最寄駅は、JR埼京線の浮間舟渡駅、都営三田線の高島平駅、西台駅、蓮根駅下車の4つで、いずれも会場までは30分かけて歩く必要があります。

 

他は東武東上線の成増駅か東武練馬駅より、国際興業バスを利用するという方法もありますよ。ちなみにJRである浮間舟渡駅は毎年大混雑となるようです。

 

比較的通りやすいのは都営三田線の高島平駅からのルートで、他ルートに比べると混雑度合いは随分緩和されるようですよ。

 

他には西台駅は会場中央に近い為、浮間船渡駅と同じく混雑ポイントとなります。

 

 

また差はあれど原則どの駅も混雑することには変わりがない為、SuicaやPASMOには前もって乗車分の金額を入れておく必要があります。

 

駅で足を止められてしまうとそれだけ会場での場所取りにも響く為、素早く動ける準備が大事になってきそうですね。

 

 

一般観覧場所は基本的に会場の両端になりますが、JRに近い右側のエリアは混雑しやすい面があります。

 

観覧場所を押さえるという意味でも、左側エリアに早く向かえる高島平駅ルートが楽々移動できそうですね!

 

Sponsored Link

板橋花火大会を十二分に楽しむための、おすすめ観覧スポット一覧

出典:http://itabashihanabi.jp/

出典:http://itabashihanabi.jp/

 

次は板橋花火大会の観覧場所についてご説明いたします。

 

荒川の川沿いをフルに使い、ゆったりと花火が見られるよう席が揃えられているのが特徴です。一番眺めのいい中央周辺は有料席、両端の1~4、14~17と番号がされたエリアが無料一般席です。

 

出典:http://itabashihanabi.jp/

出典:http://itabashihanabi.jp/

 

有料席については上記の金額で販売されます。6月中盤からチケットぴあでの販売が行われるので、来場予定の方はできるだけ早く購入してしまうのが一番ですね。

 

買い逃した方も、余りがあれば当日の券売所で購入のチャンスがありますよ!

 

ちなみにナイアガラの滝は有料エリア正面に基本配置されてしまうので、一般エリアからは見づらかったり、どうしても綺麗に見えなかったりという問題があるかもしれません。

 

ですがスターマインや大きな花火の方を見たい方は一般エリアでも十分楽しめます。

 

 

ですが、逆側からならナイアガラが観覧できるエリアもあります。

 

県境にある戸田市の戸田公園です。こちらは花火をよく観賞できる上に、JR戸田公園駅が30分内の距離にあるので、帰りも混雑に巻き込まれずに済むという隠れた場です。

 

出典:http://4travel.jp/

出典:http://4travel.jp/

 

ゆっくり誰にも邪魔されず花火が見たいカップルやご家族の場合は、川口センターホテルがお勧めです。

 

ホテルから花火が観賞できる上に、駅にも近く移動がスムーズなのが魅力です。スターマインや大型花火ならここからも十分観賞できますよ!

 

花火を見ながらご飯も食べたい!屋台情報ご紹介

 

花火の打ち上げ時間がちょうど夕飯時なのもあり、花火を見ながら屋台飯も楽しみたいという方は多いでしょう。

 

暑い時期ですし、かき氷などで喉も潤したいタイミング。屋台の場所等についてをまとめてご案内致しますね。

 

まず屋台の出没スポットとして、西台駅や高島平駅を始めとした駅から会場までの道のり全般です。ここを通りながら食料を確保していく方も多いので、移動経路に屋台が一気に集う形になるようですね。

 

 

また、観覧エリアにも出店は配置されます。こちらは有料エリアから一般エリアまで幅広く屋台が出店しているので、花火が始まるのを席で待ちながらのんびり食事を楽しむことができます。

 

ちなみに板橋花火大会は屋台が点在する傾向があるようで、駅周辺の市街地なら居酒屋食堂等もこの日限定で屋台出店を行なっています。

 

普通の屋台ものとは違うちょっと美味しいものを食べたい場合は、こちらを狙ってみるのもお勧めですよ!

 

美しい巨大花火をゆっくり楽しみましょう~♪

 

【関連記事】

足立花火大会の場所取り方法と穴場。おすすめ時間帯は

江戸川区花火大会の日程と場所取り方法。有料席は

市川市民納涼花火大会の日程と混雑状況。屋台の時間は?

神奈川新聞花火大会の日程。有料席でない穴場スポットは?

 

橋花火大会の案内記事はいかがでしたか?

 

板橋区側で観覧エリアが整備されていて、有料席もお手頃価格な板橋花火大会は、のんびりとしつつ大規模な花火イベントを楽しみたい方には大変おすすめですよ。

 

夏の思い出作りの一つとして、今年の夏は是非板橋花火大会へ足を運んでみてください。

 

都内最大と言われる目玉花火、尺五寸玉の美しい巨大な花火を、是非ご自身の目で楽しめるといいですね!

Sponsored Link