季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

家族がインフルエンザにかかったら出勤停止?期間や給与も気になる!

インフルエンザが流行する季節になりましたね。インフルエンザには誰でもかかりたくないもの。

 

でも、もしかかってしまったら仕事は止むを得ずお休みするでしょう。職場のみんなに移したら迷惑ですしね。

 

でも自分はかからなくても、家族の誰かがインフルエンザにかかった場合はどうなるのでしょう?自分には自覚症状がなくても出勤停止になるのでしょうか。

 

仕事を休んだら、職場のみんなも困るだろうし、仕事もどんどんたまる一方・・・と悩みますよね。

 

そんなお悩みを解決するために、今日は家族がインフルエンザにかかった場合の出勤停止について、その期間や給与、有給について調べてみました。

 

・自分がインフルエンザにかかった場合は出勤停止?園児・学童と大人の違い
・家族がインフルエンザにかかったら出勤停止?
・インフルエンザによる出勤停止で給与や有給はどうなるの?
・家族がインフルエンザにかかった場合の対策と注意点

 

上記のテーマに沿って書いていきたいと思います。

 

Sponsored Link

自分がインフルエンザにかかった場合は出勤停止?園児・学童と大人の違い

会社員 インフルエンザ

 

厚生労働省はこれまでの基準を改正し、

幼稚園(保育園)児に関しては
発症後5日経過、解熱した後に3日経過するまで」登園停止

 

学童に関しては
発症してから5日を経過し、さらに、解熱した後に2日以上経過するまで」登校停止

としました。

 

これを読んで、え?と思った人も居るでしょう。そうです。大人に関しては実は何の基準もないのです。

 

 

つまり、インフルエンザにかかったら出勤停止というのは、一般的な社会通念(マナー)であって、その規定は会社によって違うのです。

 

本人がインフルエンザを発症し、高熱で苦しんでいるわけですから「止むを得ず」出勤停止状態になっている場合がほとんどで、会社によっては規定すらなく上司の一存で決められている場合も少なくありません

 

万が一、インフルエンザにかかってしまったらまずは会社に連絡をし、どの程度出勤停止期間が必要かを確認した上で、感染拡大を防ぐことが必要です。

 

Sponsored Link

家族がインフルエンザにかかったら出勤停止?

熱 子ども

本人が、インフルエンザにかかった場合の明確な出勤停止基準が無い以上、家族がインフルエンザにかかった場合の出勤停止基準も存在しません

 

とはいえ、近年では家族に保菌者(疑わしいを含む)が居る場合についても会社で「出勤停止規定」を設けるところが増えてきました。インフルエンザは感染力が強大ですので、社内感染によるリスクも高いということですね。

 

 

擬似保菌者の扱いについては、一定期間「出勤停止」とする会社から、「マスクをつけて出勤」を義務付ける会社、他の社員から隔離した場所での作業を義務付ける会社など、さまざまのようです。

 

心配な場合は、あらかじめ会社に問い合わせをしておくことをおすすめします(^-^)b

 

家族がインフルエンザにかかったときの出勤停止期間

 

家族にインフルエンザ発症者がいる、擬似保菌者のについての出勤停止規定が存在する会社の場合は、その規定に従って下さい。

 

家族にインフルエンザ発症者が居る場合の出勤期待が存在しない場合は、上司とよく相談する必要があります。

 

 

インフルエンザの潜伏期間は約2日前後、場合によっては1週間潜伏することもあることから、家族の発症から最低5日、もしくは解熱後最低2日間程度の出勤停止が妥当なようです。

 

会社に規定が存在しない以上、上司の一存によるところが大きいですから、お互いに十分に理解を得ることが必要になりますね。

 

Sponsored Link

インフルエンザによる出勤停止で給与や有給はどうなるの?

給与明細

 

家族にインフルエンザ発症者がいる擬似保菌者についての出勤停止規定が存在する会社においては、その給与についても規定されています。

 

一般的には、

・出勤停止期間中は全額支給する(有給扱い)

・出勤停止期間中はある程度支給する(一部控除)

・出勤停止期間中は支給しない(全額控除)

となりますが、あくまでも規定が存在する以上「会社側からの出勤停止命令(社員には責任はない)」ということになるため全額支給、もしくは一部支給とする会社がほとんどのようです。

 

 

一方、家族にインフルエンザ発症者がいる擬似保菌者についての出勤停止規定の存在しない会社においては、上司の一存による場合が多いため、出勤停止期間中の全額支給・一部支給は補償されません

 

その多くは自己の有給を消化する、有給が無い場合は無給で出勤停止となりますので、出勤停止期間を相談する際に、合わせてよく相談しておく必要があります。

 

出勤停止の上に給料がもらえない?

悩む

 

家族にインフルエンザ発症者がいる擬似保菌者についての出勤停止規定の存在しない会社において、上司の一存で出勤を止められ、かつ有給が無いために無給休暇扱いとなる、最悪のケースについて考えましょう。

 

どうにもこうにも、踏んだり蹴ったりですね。この場合、2つの解決策が考えられます。

 

上司を説き伏せ、出勤する

出勤停止規定が無いのですから、出勤する権利があります。

 

家族がインフルエンザにかかった責任は、本人にはありません。当然、出勤する権利があります。

 

そのあたりを説明して上司を説得して出勤しましょう。

 

 

給与の全額、もしくは一部支給を勝ち取って出勤停止する

『債権者の責めに帰すべき事由によって債務を履行することができなくなったときは、債務者は反対給付を受ける権利を失わない』と定められています。

 

簡単にいうと、「会社側の責任で働けなかった場合は賃金を請求できる」ということです。

 

『使用者の責任に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当てを支払わなければならない』と定められています。

 

つまり会社側の責任で働けなかった場合は最低6割の賃金を請求できる」ということです。

 

以上の2点を根拠に、該当期間の給与の6割以上の支給を勝ち取って出勤停止する方法があります。この場合、相談する上司に自分の給与の支給についての権限があるかどうか、よく注意が必要です。

 

上司にその権限が無い場合は、給与責任者に話を確実に通しておいてもらって下さいね。

 

家族がインフルエンザにかかった場合の対策と注意点

咳

 

まずは、家族にインフルエンザ発症者がいる擬似保菌者についての出勤停止規定が、自分の会社に存在するのか、日ごろからよく調べておきましょう。

 

存在する場合は、その期間の給与支給額や有給についても規定されているはずですので、把握しておく必要があります。

 

「家族がインフルエンザにかかって、その看病のために自分の有給を消化して休んだ」ということだけは避けたいものです。

 

 

もし家族の誰かがインフルエンザにかかったら、すみやかに会社に報告し、所定の手続きをとりましょう。

 

特に発症してから2日前後は潜伏期間ですから、自分も「クロ」の可能性があります

 

無理な出勤は、他の社員にも迷惑がかかりますし、ひいては会社にも重大な損害を与えることにもなりかねません。

 

 

また、期間中はマスク、手洗い、うがいを忘れずにして擬似保菌者から発症者にならないように留意しましょう。

 

空気が乾燥していると感染しやすくなるので、加湿器などで部屋を十分に加湿することも忘れずに。

 

インフルエンザ

 

【関連記事】
インフルエンザの出勤や停止期間は法律でどうなってるの?
インフルエンザウイルスを予防するなら湿度管理?死滅させる対策

 
家族がインフルエンザにかかった場合の出勤停止やその期間、給与、有給については、近年、規定を設ける会社が増えつつありますが、まだまだ会社によって違いがあるのが現状です。

 

うやむやのうち、なし崩し的に出勤停止になるのは誰もが納得いかないところ。自分の会社はどのように規定されているのか、日ごろから把握しておきましょう。

 

また、こうした事態に陥らないよう、家族全員で予防接種を受けておくことも良い対策ですね。この冬はバッチリ対策をして、元気に出勤したいものです^^

Sponsored Link