季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

インフルエンザの出勤や停止期間は法律でどうなってるの?

インフルエンザが流行する季節になりましたね。

 

インフルエンザには誰でもかかりたくないもの。もし、かかってしまったら、熱が高くて苦しい場合は止むを得ず出勤を断念しますよね。

 

でも熱がひいて峠を越した場合はどうでしょうか。職場のみんなに移したら迷惑。でも休めばどんどん仕事がたまる一方だし…とちょっと悩みますよね^^;

 

また、インフルエンザの出勤や停止期間は法律ではどうなっているのでしょうか。今日はそのあたりを中心に調べてみたいと思います。

 

・インフルエンザと出勤停止は法律ではどうなってるの?
・インフルエンザに罹ったら出勤停止?
・学校・幼稚園(保育園)や老人施設などの仕事に従事している場合は?
・インフルエンザの出勤停止中は給料がもらえない?

 

上記のテーマに沿ってまとめていきますね。

 

Sponsored Link

インフルエンザと出勤停止は法律ではどうなってるの?

本

 

厚生労働省はこれまでの基準を改正し、

幼稚園(保育園)児に関しては
発症後5日経過、解熱した後に3日経過するまで」登園停止

 

学童に関しては
発症してから5日を経過し、さらに、解熱した後に2日以上経過するまで」登校停止

としました。

 

これを読んで、え?と思った人も居るでしょう。そうです。大人に関しては実は何の基準もないのです。

 

つまり、インフルエンザにかかったら出勤停止というのは、一般的な社会通念(マナー)であって、その規定は会社によって違うのです。

 

本人がインフルエンザを発症し、高熱で苦しんでいるわけですから「止むを得ず」出勤停止状態になっている場合がほとんどで、会社によっては規定すらなく上司の一存で決められている場合も少なくありません。

 

厚生労働省の見解は?

女性 風邪

 

平成21年『新型インフルエンザ(A/H1N1)に関する 事業者・職場の Q&A』において『インフルエンザと診断された場合は、新型インフル エンザと確定されない場合でも』この対応を『参考にしてください』として、

 

労働者の感染が確認された場合、事業者は、労働者全員を自宅待機させる必要はないまでも感染拡大防止の工夫をしていただきたいと考えます』『就業禁止の措置を講ずることは要しません』としています。

 

つまり、幼稚園(保育園)児や学童と違って成人に関しては法律では決めませんからそれぞれの会社で決めて下さいよ」ということなんです。

 


Sponsored Link

インフルエンザに罹ったら出勤停止?

インフルエンザ

 

インフルエンザは、その感染力が強大であることから近年、かかってしまった場合の出勤についての規定を設ける会社が増えてきました。他の社員に感染した場合のリスクが高いということでしょう。

 

しかしその対応は、一定期間の「出勤停止」から「マスクをつけて出勤」を義務付ける会社、他の社員から隔離した場所での作業を義務付ける会社など、さまざまのようです。

 

 

また、インフルエンザにかかってしまった場合の出勤停止規定を設けている会社では、出勤停止期間中の給与支給に関しても全額支給(有給扱い)や、一部支給(部分控除)などの措置を設けているようです

 

万が一インフルエンザにかかってしまったら、まずは会社に連絡をし、出勤についての可否を確認しましょう。

 

また出勤停止の場合は、どの程度出勤停止期間が必要かを確認した上で感染拡大を防ぐことが重要です。

 

インフルエンザの出勤停止期間について

会社員 インフルエンザ

 

先にも述べたとおり、成人に関してのインフルエンザによる出勤停止規定は、法律ではなく会社にゆだねられています

 

厚生労働省の学童に関しての「発症してから5日を経過し、さらに解熱した後に2日以上経過するまで」を参考にして、解熱後2日から一週間程度にしているところが多いようですが、医師による「治癒証明」が必要な場合もあるようです。

 

 

詳しくは会社に問い合わせるようにしましょう。

 

インフルエンザによる出勤停止規定の無い会社の場合は、上司の一存に任せられているので、よく相談しましょう。

 

その場合、給与支給(有給扱いか、一部支給か、無給か)についても確認し、その上司が給与支給に関しての権限を持たない場合は、給与責任者に確認をとってもらうことを忘れずに。

 


Sponsored Link

学校・幼稚園(保育園)や老人施設などの仕事に従事している場合は?

保育士

 

もし学校関係者や老人施設関係者など、子供やお年寄りと密接に関わるお仕事をされている場合は、子供やお年寄りに移さないためにも、

 

幼稚園(保育園)児に関しては「発症後5日経過、解熱した後に3日経過するまで登園停止

 

学童に関しては「発症してから5日を経過し、さらに解熱した後に2日以上経過するまで登校停止

 

に準じて出勤を控えたほうがいいと思います。

 

それはインフルエンザは成人に関してはさほど重症になりませんが、子供やお年寄りがかかった場合は重症になる確率が高いからです。職場とよく相談してくださいね。

 

インフルエンザの出勤停止中は給料がもらえない?

給与

 

インフルエンザによる出勤停止規定の存在しない会社において、熱が下がったのに、上司の一存で無理やり出勤を止められ、かつ有給が無いために無給休暇扱いとなる、最悪のケースについて考えましょう。

 

どうにもこうにも、踏んだり蹴ったりですね^^;この場合、2つの解決策が考えられます。

 

上司を説き伏せ、出勤する

出勤停止規定が無いのですから、出勤する権利があります。インフルエンザにかかった責任は、本人にはありません。成人に関する法律が無いのですから、当然出勤する権利があります。

 

ましてや熱が下がっているのですから、本人はインフルエンザに対して免疫ができた状態です。そのあたりを説明して上司を説得して出勤しましょう。

 

 

給与の全額、もしくは一部支給を勝ち取って出勤停止する

『債権者の責めに帰すべき事由によって債務を履行することができなくなったときは、債務者は反対給付を受ける権利を失わない』と定められています。

 

簡単にいうと、「会社側の責任で働けなかった場合は賃金を請求できる」ということです。

 

『使用者の責任に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当てを支払わなければならない』と定められています。

 

つまり会社側の責任で働けなかった場合は最低6割の賃金を請求できる」ということです。

 

以上の2点を根拠に、該当期間の給与の6割以上の支給を勝ち取って出勤停止する方法があります。この場合、相談する上司に自分の給与の支給についての権限があるかどうか、よく注意が必要です。

 

上司にその権限が無い場合は、給与責任者に話を確実に通しておいてもらって下さいね。

 

法律

・成人に関してはインフルエンザによる出勤停止の法律はない

・インフルエンザによる出勤停止は会社によってさまざま

【関連記事】

インフルエンザ解熱後はいつから出勤可能?出勤停止期間は?

家族がインフルエンザにかかったら出勤停止?期間や給与も気になる!

 

会社にインフルエンザによる出勤停止規定があるにも関わらず、自分の有給を消化して休暇をとった、なんてことは避けたいものです。

 

上司が規定をよく掌握していなかった、なんてこともありますから、元気なうちに一度、上司に確認しておくのもおすすめです。

 

また、迷惑をかけないためにも、積極的に予防接種を受けたり、予防のためのマスク、こまめな手洗いやうがい、室内の加湿など、かからないための対策も重要です。

 

どうかこの冬はインフルエンザにかからないで、元気にお過ごし下さいね。


Sponsored Link