季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

インフルエンザ予防接種したのに感染・発症するの?対処法は?

冬はいろいろな感染症が流行る季節。

そのなかでもインフルエンザは代表格。

 

老若男女年代を問わず感染するインフルエンザ、流行するシーズン前にはしっかり予防接種をして感染を防ぐという人も多いですよね。

 

でもたまに予防接種をしたのにインフルエンザに感染してしまったなどという話を聞きませんか?

 

いったいどういう事なんでしょう。

 

今回は、インフルエンザ予防接種後の感染・発症について対処法などをまとめてみましたのでご参照ください。

 

・インフルエンザ予防接種後にも感染・発症する?
・インフルエンザに感染・発症した場合の症状は?
・インフルエンザに感染・発症した場合の症状は?
・インフルエンザ予防接種後に感染・発症した時の対処法は?

 

Sponsored Link

インフルエンザ予防接種後にも感染・発症する?

予防接種後でもインフルエンザに感染・発症する可能性はある!

医師 カルテ
結論から言いますと、たとえインフルエンザの予防接種をしていてもインフルエンザに感染する可能性はゼロにはなりません。

インフルエンザの予防接種は、感染する可能性をゼロにするものではないんです。

予防接種の目的はインフルエンザに罹(かか)りにくくしたり、罹っても症状が重症化しないようにすること。

「予防接種をしても罹るなら、予防接種はしなくていいや」と思いますか?

でもそれは間違いです。

インフルエンザはただの風邪ではなく恐ろしい感染症で、最悪の場合は死に至ることもあります。

特にお年寄りや小さな子どもの場合はたかがインフルエンザと見くびることはできません。

 

お年寄りや子ども本人が予防接種を受けるのが大切なのはもちろんですが、大人も予防接種を受けることで周りにインフルエンザをうつしてしまう恐れが減ります。

 

インフルエンザの予防接種をしていてもインフルエンザに感染する可能性はありますが、決して全くの無駄ではないということなんですね。

 

インフルエンザに感染・発症した場合の症状は?

インフルエンザに感染した時の一番の特徴は発熱!

看護師 病院
インフルエンザと普通の風邪の特徴的な違いは、インフルエンザに感染するとたいていの場合高熱が出ること。

 

しかも症状が速に表れることが多いです。

 

なんだか背筋がゾクゾクする、肘などの節々が痛い、熱を測ってみたら38度以上だった、というときにはインフルエンザの可能性大。

 

すぐに病院を受診しましょう。

他にも痛み頭痛などの症状が出ることもあります。

 

インフルエンザに感染して受診しようとすると、感染後すぐに検査をしてもインフルエンザの反応が出ないから1日待った方がいいという人もいます。

 

確かに以前はそうだったのですが、今は発症後すぐでもインフルエンザに感染しているか検査・診断できる病院が増えています。

 

インフルエンザの薬は発症後できるだけ迅速に服用した方がいいものも多いので、インフルエンザに感染したかなと思ったらすぐに病院へ行きましょう。

 


Sponsored Link

インフルエンザ予防接種後に感染・発症した時の対処法は?

通常のインフルエンザ感染時と同じ、安静に過ごそう

医師 受診
インフルエンザの予防接種を受けたにも関わらずインフルエンザに感染してしまった場合も、まずは病院を受診しましょう。

 

そして出された薬を指示通り飲みきり、数日家で安静に過ごします。

予防接種を受けていれば多くの場合は症状がく済みます。

熱や寒気も1、2日程度で収まることが多いですよ。

 

ただし、インフルエンザは熱が下がった後も他の人にうつしてしまう恐れがあるんです。

 

予防接種を受けていたか、いなかったかに関わらず、熱が下がった後も出来れば2日程度は外出せずに過ごしましょう。

病院 検査
また、予防接種を受けていると症状が軽く済むのですが、幸か不幸かそのせいでインフルエンザに感染したとしてもちょっと風邪気味かなと感染を見過ごしてしまうケースもあります。

 

こうなると本人が気がつかないうちにインフルエンザのウイルスを周囲にばらまいてしまっていることに…!

 

インフルエンザの予防接種を受けた人は、風邪の症状が出たら念のため病院で検査をしてもらうのがおすすめです。

 

感染するととてもしんどいインフルエンザ。ぜひ予防接種を受けよう!

予防接種 インフルエンザ

 

【関連記事】

インフルエンザ予防接種後の副作用と症状は?熱や腫れについて

インフルエンザウイルスを予防するなら湿度管理?死滅させる対策

インフルエンザ解熱後はいつから出勤可能?出勤停止期間は?

インフルエンザa型b型の違い。症状や流行期。併発はする?

 

インフルエンザの予防接種を受けても感染の恐れはあると聞くと、予防接種なんて無駄なんじゃ…とつい感じてしまいますよね。

 

でも予防接種を受けておけば、例え感染しても症状は軽くて済みます。

辛い高熱や節々の痛みが軽くなるなら予防接種をけた方がいいですよね。

 

今年の冬も健康で楽しく過ごせるように、ぜひインフルエンザの予防接種を受けてくださいね。