季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

インフルエンザウイルスを予防するなら湿度管理?死滅させる対策

インフルエンザを予防するには湿度管理が重要だとご存知でしたでしょうか。実はただ加湿すれば良いわけではなく、室温管理も重要なんです。

 

そこで、インフルエンザを予防するために最適な温度と湿度についてご紹介していきたいと思います。下記の流れでお伝えしていきますね。

 

・インフルエンザウイルスと温度・湿度の関係は?
・インフルエンザ予防 のどの粘膜と湿度の関係は?
・インフルエンザ予防 「快適」と感じる温度と湿度は?
・インフルエンザウイルス予防と対策について

 

Sponsored Link

インフルエンザウイルスと温度・湿度の関係は?

グラフ 湿度 温度 インフル

 

インフルエンザの感染率には温度や湿度と深い関係があります。その根拠は1961年にG.J.Harperという人によって発表された「survival test with for viruses」という論文。

 

この論文の内容の結果から、インフルエンザウイルスは「高温・多湿」によって死滅するものと考えられてきました。しかし実際はそれだけではありません。

 

高温・多湿だけで死滅するなら、世界的に見ても熱帯地方でインフルエンザが流行するはずがありませんね。しかし現実は、熱帯地方でもインフルエンザは流行します。しかも多湿なはずの雨季にです。

 

インフルエンザウイルス

 

正確には、インフルエンザウイルスは高温・多湿のときに空気中の水分によってウイルス自体が重くなり、遠くまで飛ばなくなって、結果、空気中に浮遊している間に「紫外線」や「時間の経過」によって死滅する確率が高くなるのです。

 

だから熱帯地方でも、雨季には紫外線が減少するので流行することがあるのです。

 

過去に日本でも、平年以上に降水量の多かった夏にインフルエンザが流行したことがあります。とはいうものの、日本の冬の時期において、室内の紫外線の量を調節するのは不可能に近いですね。

 

やはりここは「温度と湿度」で対処するしかなさそうです。

 

Sponsored Link

インフルエンザ予防 のどの粘膜と湿度の関係は?

 

インフルエンザが冬に流行するのには他にも訳があります。それはのど(気道)の粘膜。気道の粘膜は適度な湿度のときには、ウイルスの侵入を防御してくれる役割を果たしています。

 

ところがこの粘膜は乾燥に弱く、湿度が低下すると荒れてしまい、インフルエンザウイルスの侵入を許してしまうのです。

 

皆さんのなかでも「空気が乾燥し過ぎてのどがイガイガする」といった経験はありませんか?それは空気の乾燥によって、のどの粘膜が荒れてしまった状態に他ありません。

 

インフルエンザウイルスは、ヒト(生物)の細胞内において増殖するのであって空気中では増殖しません。ただ浮遊しているだけです。

 

 

空気中のウイルスが増殖しない以上、のど(気道)の粘膜の防御機能の低下を抑えることは、インフルエンザを予防する上での重要なファクターと言えます。これは、厚生労働省の見解においても発表されています。

 

インフルエンザ予防。厚生労働省の見解は?

厚生労働省は『成27年度インフルエンザQ&A』において、

空気が乾燥すると気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

としています。

 

Sponsored Link

インフルエンザ予防 「快適」と感じる温度と湿度は?

エアコン

 

G.J.Harperの論文のデータにあるように、インフルエンザウイルスは温度32℃、湿度80%で完全に死滅します。しかしそんな高温多湿では、私たち人間も「不快」に感じてしまいますよね。

 

湿度80%では、たとえウイルスが死滅したとしても、今度はダニやカビが増殖するでしょう。第一、冬場に32℃の室温なんて保てるはずがありません^^;

 

.png.pagespeed.ic.OaHDpUMEOu

 

いったい私たち人間は、どのくらいの室内温度と湿度を「快適」と感じるのでしょうか?ある温度計・湿度計メーカーの発表によると、

・夏場 室内温度25℃~28℃湿度55%~65%

・冬場 室内温度18℃~22℃湿度45%~60%

なのだそうです。

 

この、私たちが冬場に快適に感じる温度、18℃~22℃は、インフルエンザウイルスを死滅させる温度としても理にかなっています。

 

 

G.J.Harperの論文のデータからもわかるように、それ以下の温度下においては、湿度をいくら上げてもインフルエンザウイルスの生存率が30%以上あるからです。

 

これをもとに、冬場の快適温度18℃~22℃において、インフルエンザウイルスを全滅とまではいかなくても、かなりの割合(90%以上)で死滅させ、なおかつ、のどの粘膜を正常に保つ湿度を探っていきましょう。

 

インフルエンザを予防するために最適な温度と湿度は?

冬場の快適な室内温度18℃~22℃において、

・ウイルスを90%以上死滅させるには・・・湿度50%以上

・のどの粘膜を正常に保つには   ・・・湿度40%~60%

・快適と感じるには        ・・・湿度45%~60%

よって、冬場にインフルエンザを予防するために最適な温度と湿度は、室内温度18℃~22℃、湿度50%~60%になります。

 

インフルエンザ警報付き温湿度計

 

冬場にインフルエンザを予防するために最適な室温と湿度は、室内温度18℃~22℃、湿度50%~60%。しかし室温が18℃以下の時や22℃以上のときもありますし、四六時中湿度計を見張っているわけにもいきません。

 

今は、インフルエンザ警報付き温湿度計というものが発売されています。

 

室内の絶対湿度を計測して相対湿度に換算し、アイコンとLEDランプによって警告。暖房・加湿の対処法も表示してくれます。夏場の熱中症の警告も発してくれる優れもの。

 

熱中症警告にはブザー機能も付いています。お値段は2,000円台~3,000円程度。お気に召した方は是非購入してみて下さいね。

 

インフルエンザウイルス予防と対策について

手洗い

 

インフルエンザ予防としては、オーソドックスな、手洗い・うがい・人ごみでのマスクの着用などを別として、室温と湿度の管理が重要であることはご説明しました。

 

特に、暖房にエアコンや電気ストーブを使用する場合は加湿不足が深刻になります。

 

排気を室内に出すファンヒーターや石油ストーブは、燃焼によって水蒸気が発生するので加湿量が少なくてすみますが、エアコンや電気ストーブは水蒸気を全く発生させないからです。

 

加湿器による加湿のほか、室内に洗濯物を干す、カーテンに霧を吹くといった方法が効果があります。

 

加湿器

 

なお、濡れたタオルを1枚程度干しただけでは湿度を50%以上に保つことは不可能という実験データがありますので、参考にして下さい。

 

その他には適度な換気が挙げられます。室温を一定に保つため、冬場はどうしても室内を密閉しがち。

 

 

ウイルスが死滅するのを待つより、適度な換気によって空気中に浮遊しているウイルスの絶対数を減らすことも重要です。

 

インフルエンザウイルスは死なない?

ここまで説明してきて、今更なのですが…。実はインフルエンザウイルスは「死滅」しません

 

インフルエンザウイルスは、その名のとおり「ウイルス」です。ウイルスは「生物」の定義である細胞を持っていません。だから「生きている」と言うのとはちょっと違います。

 

生きていないのだから、厳密に言うと「死ぬ」ことも「死滅」することもありません。ただし、不活性化する、壊れることはあります。

 

今まで便宜上、たびたび「死滅する」という言葉を使用してきましたが、実はウイルスが不活性化すること、壊れることを示しています。

 

インフルエンザ予防接種はいつから?効果や副作用は?

 

女性 マスク

 

・インフルエンザを予防するためには、室温18℃~22℃、湿度50%~60%が最適。

 

室温が低いと加湿しても効果が上がらない。

 

・エアコン、電気ストーブ使用時は特に加湿不足に注意する。

 

適度な換気を心がける。

 

【関連記事】

家族がインフルエンザにかかったら出勤停止?期間や給与も気になる!

 

私たち人間が快適に感じる温度と湿度が、実はインフルエンザウイルスには大敵だったなんて、ちょっと意外でしたね。

 

加湿をしないと、暖房によって室内温度が上昇するにつれて、相対湿度はどんどん低下してしまいます。

 

今年の冬は、室温と湿度管理に留意して、インフルエンザ予防を心がけて下さいね(^-^)b

Sponsored Link