季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

ほくろが増える原因。10代20代の理由。急に増えるのは病気?

生まれたときから顔や身体にあるほくろは、目にしても違和感はありませんよね。

 

私はもともとほくろが多いほうなので、いちいち気にせず生活しています。

 

それでも新しいほくろがあるのに気付いたら、一瞬「おや、こんなところに?」と気になります。

 

いちど気になり始めたら、気になって仕方なく、何か悪い病気なんじゃないか?というところまで妄想がふくらんだこともありました。

 

ほくろが増える原因はなんなのでしょうか。

そして病気の可能性はあるのでしょうか。

 

下記のテーマ順にまとめていきます。

 

・急にほくろが増える原因は?
・10代20代で急にほくろが増える理由。病気の可能性は?
・ほくろを除去したくなったら

 

Sponsored Link

急にほくろが増える原因は?

目の下 ほくろ

 

 

ほくろができる原因は、メラニン色素のかたまりであるメラノサイトが、皮膚の一部に集中して、それが凝縮するからです。

 

シミと似ていますが、シミはメラニン色素が肌にたまってできたもので、ほくろはそれが集まったものなので盛り上がっています。

 

 

メラニン色素は、紫外線を肌が吸収することで自然に増えるものです。

 

日焼けすることが多くなったり、ケアを怠って放置していれば、知らず知らずのうちにほくろが増える原因になります

 

とくに女性は、ホルモンバランスやストレスが原因でメラニン色素が大幅に増えることがあります。

 

 

また、ほくろができやすい体質は遺伝するものなので、両親に聞いてどちらかができやすいと言っていたら、「そうか、それが原因なんだ・・・」と納得できますよね。

 

ただし、いつもできるほくろとは違う真っ黒な色をしていたり、出血していたり、どんどん大きくなっていったら皮膚がんの可能性もありますので、直ちに病院に行きましょう。

 


Sponsored Link

10代20代で急にほくろが増える理由。病気の可能性は?

女性 ほくろ

 

もしあなたが10代や20代という若さで、急にほくろが増えるとしたら、いくつが原因が考えられます。

 

まず、紫外線を浴びすぎていないかということです。

 

若いころは日焼けしてもシミになることは少ないのですが、それでも紫外線から顔や身体を守る対策をしていないとシミはできますし、それが原因でほくろができてしまうこともあります。

 

 

それから、市販のサプリメントやインスタント食品、ファストフード、甘いものをとりすぎていませんか?

 

サプリメントやインスタント食品に含まれる食品添加物、ファストフードに多いトランス脂肪酸、甘い物に含まれる白砂糖・・・すべてお肌の大敵です。

 

 

つぎに気をつけたいのが、ほくろの中でもできる箇所によって悪性のものがあり、とくに足の裏にできるほくろはメラノーマという悪性のがんであることが多いのです。

 

じつは足の裏にはメラニン色素がないので、ほくろができるのはおかしいですし、歩くことによって刺激を受け、どんどん悪化してしまいます。

 

 

若いときは、がんの進行が早いのでなおさら注意が必要です。

ほくろが足の裏にできていたら、皮膚科を受診しましょうね。

 


Sponsored Link

ほくろを除去したくなったら

足 ほくろ

 

顔にできたほくろは、鏡を見るたびに気になって、気に入らない場合取りたくなるのは当然です。

 

最近では様々な民間療法もあるようですが、お医者様にとってもらうのオススメします。

 

 

なぜなら、ほくろの大きさや形、できた場所によって、レーザー除去や切開など、お医者様が最適な方法を選んで除去してくれるので安全だから。

 

切開というとギョッとしますが、局所麻酔を使うようなので手術中は痛くはないようです。

 

レーザー除去でほくろをとった女性のお話を、こちらの動画で見ることができますよ。

 

 

【関連記事】

顔のシミを自分(男女)で消す方法。レーザーを使わない取り方は?

そばかすを消す方法。増える原因は?自力で簡単に消したい!

紫外線から全身を守る対策グッズまとめ。帽子、服、食べ物など

老け顔の女性(10・20代)の原因と改善方法。髪型やメイクで対策。

 

誰にでもあるほくろ。

 

ほくろが顔のアクセントになったり、ほくろの場所によっては顔相学的に運気が上がる原因になるといわれていますので、そんなに邪魔ものあつかいする必要はありません。

 

ですが、怖い病気が隠されていることもありますので、最近理由もなく増えるのはなぜだろうと思ったら、そのまま放置せず、早目に皮膚科を受診しましょう。


Sponsored Link