季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

弘前ねぷた祭り2017の日程。運行コースとおすすめ鑑賞場所。

弘前ねぷたまつりは、青森県弘前市で8月の初旬に行われるお祭りです。

 

勇壮にして幽玄な弘前ねぷたは、扇ねぷたが中心ですが、表の絵(鏡絵)と裏の絵(見送り絵)には違いがあります。

 

表側は勇壮な武者絵が鮮やかに描かれていますが、裏側は憂いのある妖艶な美女が描かれているんですよ。この動と静の対比が弘前ねぷたの魅力の1つとなっています。

 

ねぷたとは、夏場の農作業中のけだるい睡魔を追い払い、病気や怪我などの厄災を水に流す「眠り流し」が原型で、『眠り流し→ねむた流し→ねむた→ねぷた』と変化していったとされています。

 

弘前ねぷた祭りは、その名の通り、眠たさも吹き飛ぶほどの鮮やかさ!大きさも音も迫力満点です。

 

そこで弘前ねぷた祭りの日程や見どころ、運行コースやおすすめ鑑賞場所など、弘前ねぷた祭りの魅力を下記の順番でたっぷりご案内をしたいと思います。

 

・弘前ねぷた祭り2016の日程は?
・弘前ねぷた祭りの見どころは?
・ねぷた運行コースのおすすめ観覧スポットは?有料観覧席はある?
・弘前ねぷた祭りの楽しみ方、参加はできる?
・弘前ねぷた祭りのアクセス情報と混雑状況について

 

Sponsored Link

弘前ねぷた祭り2016の日程は?

 

日程:2016年8月1日(月)~8月7日(日)

・主なベントスケジュール

8月1日~4日:土手町コース 19:00~
8月5日・6日:駅前コース 19:00~
8月7日(なぬか日):土手町なぬか日コース 10:00~

岩木川河川敷(茜橋付近)でフィナーレ19:00~20:30(開場17:00~)

 


Sponsored Link

弘前ねぷた祭りの見どころは?

漆黒の夜の闇に浮かぶ勇壮華麗な扇ねぷた

 

弘前ねぷたには、扇型をした「扇ねぷた」と人形型の「組ねぷた」があり、扇ねぷたを中心に大小厄80台のねぷたが市内を練り歩きます。

 

この数は県内最多のねぷた運行で、国の重要無形民族文化財にも指定されています。

 

ねぷたは正面を「鏡絵」、背面に描かれるものを「見送り絵」と言います。

 

鏡絵は、三国志や水滸伝、地獄の閻魔大王などを題材に描かれた勇猛果敢な武者絵で、見送り絵は美人画が多いのが特徴。

 

弘前ねぷた祭り 美人画

 

どのねぷたも、ねぷた絵師の技巧を凝らした見事なもので、表と裏で全く違った表情なため、通り過ぎた後まで楽しめるものとなっています。

 

腹の底に染み入る掛け声

勇壮華麗なねぷたは、「ヤーヤドー」の掛け声ととに市内を練り歩きます。

それぞれのねぷたの後ろに続くのは、哀愁を帯びた笛の音と、力強い太鼓のお囃子。

 

青森ねぶたは“凱旋ねぶた”、弘前ねぷたは“出陣ねぶた”。

これから戦いに出向くような力強い声が夜空に響きます。

 

小型のねぷたから順に運行され、後半になるにつれて大型のねぷたが登場するので、見応えも充分ですよ。

 

ちなみに帰り(もんどり)の掛け声は、「ヤーレヤーレヤーレヤー」にかわります。

 

趣向を凝らした数々の技が祭り気分を盛り上げる!

 

最大9m超の大型ねぷたが、観客に見得を切りながら電線や看板をかわしていく様子や、何tもの重量があるねぷたを止めることなく曳き廻していく男衆の姿も見ものです。

 

また直径3.3mの津軽情っ張り(じょっぱり)大太鼓、直径4mの津軽剛情張(ごうじょっぱり)大太鼓も迫力満点。

 

弘前陸上自衛隊の凛々しい「剣舞」も祭りに華を添えます。

 

 

子供たちが提灯として持っている「金魚ねぷた」は、津軽で飼育されていた金魚を模したもの。大きく丸い目玉と赤いまんまるな胴体がとても可愛いので、ぜひ注目して下さいね。

 


Sponsored Link

ねぷた運行コースのおすすめ観覧スポットは?

気になる運行コースをご紹介しましょう。

赤は8月1~4日の土手町コース、青は8月5・6日の駅前コース、黄は8月7日の土手町なぬか日コースです。

 

おすすめ観覧スポットは、ズバリ、有料観覧席の近くと大きな交差点

 

この場所では、ねぷたを左右に大きく振ったり、ぐるぐる回ったりと、見得を切って(観客アピールをして)くれるからです。

 

土手町コースでは下図の4ヶ所(赤)がおすすめ。

駅前コースでは下図の5ヶ所(青)がおすすめですよ。

 

 

有料観覧席はある?

 

弘前ねぷた祭りの有料観覧席もあります。こちらの販売は7月1日から。

 

料金は1800円で、窓口販売とチケットぴあから購入すると、弘前産りんごジュース・ねぷたうちわ・ガイドひろさき(最新)が付きます。

 

有料観覧席の場所は以下の通り。

出典:http://www.hirosaki-kanko.or.jp/

出典:http://www.hirosaki-kanko.or.jp/

 

販売座席数は窓口販売分が

8月1~4日(土手町コース):桜大通りイス席/各日150席、

8月5・6日(駅前コース):JR弘前駅前イス席/各日130席で、

弘前市立観光館と弘前市まちなか情報センターで購入できます。

 

販売は先着順で、売切れ次第終了ですのでお早めに購入下さいね。

 

またチケットぴあ販売分の座席数は

8月1~4日(土手町コース):桜大通りイス席/各日約300席、

8月5・6日(駅前コース):JR弘前駅前 イス席/各日約250席で、

全国の「ぴあ」ステーション・スポット、コンビニエンスストアのサ-クルK・サンクス、セブン-イレブンにて購入できます。

 

弘前ねぷた祭りの楽しみ方、参加はできる?

 

祭りは参加してこそ、意義があると思っている方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、弘前ねぷた祭りには、地元の人じゃないと参加できないんじゃないの?と思ってはいませんか?そこで、弘前ねぷた祭りに参加する方法をご紹介します。

 

まず、メインであるねぷた曳きに参加する方法。以下の団体では、弘前ねぷた祭りの参加者を募集しています。

 

さくら組 出陣日:8/2~6
茂森津軽ネプタ愛好会 出陣日:8/2、4、5、6
津軽ねぷた歴史研究会 出陣日:8/1、4、6
槌子ねぷた愛好会 出陣日:8/2、3、5
独狐ねぷた愛好会 出陣日:8/2、4、6
西地区ねぷた親交会 出陣日:8/2~7

 

参加についての詳細は弘前市立観光館(TEL0172-37-5501)までお問い合わせ下さい。

 

 

また、勇壮な大太鼓、津軽情っ張り大太鼓も曳き手と叩き手の参加者を募集しています。

 

叩き手は事前の練習と、簡単なテストに合格することが必要ですが、曳き手は老若男女、誰でも曳くことができます。

 

我こそは!と思う方は、津軽情っ張り大太鼓保存後援会事務局 (TEL0172-35-3131)までご連絡下さい。

 

屋台情報

 

土手町コース、駅前コースそれぞれの運行コース沿道には屋台も出店しています。

 

土手町コースだと弘前市民センター前やまちなか情報センター前、駅前コースだと駅前広場と松森町ふれあい広場、みちのく銀行前がわりと集中していると思います。

 

また、イトーヨーカドーでは催事場で観光客向けのお土産売り場を展開していると思います。少し早めに出かけて行って、お土産を先にGetしておくのもいいですね。

 

青森ですから、リンゴ関係やほたて類、津軽塗りの小物なんかがおすすめですよ。

 

弘前ねぷた祭りのアクセス情報と混雑状況について

 

会場:青森県弘前市市街地

住所:青森県弘前市

電話:0172-37-5501(弘前市立観光館)

地図:


公式HP:弘前ねぷた祭り

電車の場合:JR弘前駅→徒歩15~20分(土手町コース)。弘前駅前コースは徒歩すぐ

車の場合:東北道大鰐弘前ICから国道7号経由30分

 

駐車場

弘前ねぷた祭りの臨時・特設駐車場はありませんので、周辺有料駐車場を利用していただくことになります。比較的収容台数の多い駐車場をご紹介しておきますね。

・東天第3パーク駐車場:150台

・ワンコインパーキング朝日:270台

・ワンコインパーキング朝日第2:65台

・佐和家パーキング:60台

・観光館地下駐車場:100台

ただし周辺駐車場は早い時間から満車状態になります。なるべく近隣の駅よりパーク&ライドすることをおすすめします。

 

交通規制

ねぷたの運行に伴い、運行経路と周辺の道路は交通規制が敷かれますのでご注意下さい。

 

8月1日~6日は18:00~22:00、7日は9:30~11:00の予定ですが、状況により早まったり延長されたりするので、警察官等の指示に従って運転下さい。

 

また、弘前公園近くの桜大通りは8月1日~4日の間、17:30~車両通行止めになりますのでご注意下さいね。

 

混雑状況

弘前ねぷた祭り 混雑

 

毎年150万人の観客動員数がある弘前ねぷた祭り。7日間の開催とは言え、夜間の限られた時間だけでこの人数ですので、大変な混雑と言えるでしょう。

 

最も混雑する場所では、ベビーカーや車椅子の使用は厳しいと思います。少し場所を変えるだけで、ぐんと混雑が減りますので、場所を移動して混雑を上手に避けて下さいね。

 

夜間ですので、お子様の迷子には充分注意する必要があります。手を離したらすぐ人混みに紛れてしまうほどの人出がありますので、しっかり手を握っていてあげて下さい。

 

ねぷたの意味は?ねぶたとの違いはあるの?

 

「ねぷた」の意味は、夏場の農作業中のけだるい睡魔を追い払い、病気や怪我などの厄災を水に流す「眠り流し」が原型で、ねぷた=眠たいが訛ったものだと言われています。

 

「ねぶた」も同じで、眠たいが訛ったもの。

では「ねぷた」と「ねぶた」の違いは何なのでしょう?

 

 

よく言われるのが、ねぶたは3D(立体)でねぷたは2D(平面)だとか、ねぶたは人形型でねぷたは扇型だとか言われるものです。つまり「形状によって名前が違う」という説ですね。

 

でもこれは間違いです。弘前ねぷたと青森ねぶたが有名なので、この2つの祭りの先入観から発生した誤りだと思います。弘前ねぷたにも3Dの人形型のねぷたはあります。

 

 

ではねぷたとねぶたの違いは?

結論から言うと、ねぷたもねぶたも同じ。

違いはありません

「眠たい」が訛った時に、地域によって違いが生じたものです。

 

ただ、初めは「ねぷた」だったけれど、明治時代にねぷたを漢字で『佞武多』『佞悔多』と書いたものを「ねぶた」と読んだために、ねぷたとねぶた両方の読み方が生まれたとも言われています。

 

地域別でいうと、弘前を中心にした津軽方面は、ねぷたと呼ばれることが多く、青森を中心とした北津軽や下北の幅広い範囲ではねぶたと呼ばれています。

 

 

実はねぷた(ねぶた)は弘前と青森だけのお祭りでは無いんですよ。実にたくさんの市町村や地域でねぷたやねぶた祭りが行われています。

 

それぞれのねぷたやねぶたで形やお囃子に地域性があって、個性豊かなお祭りとなっています。

 

早い現地入りで弘前ねぷたをより深く楽しむ

 

【関連記事】

青森ねぶた祭りの日程と見どころ。ハネト参加の注意点は?

秋田竿燈まつりの日程と楽しみ方。夜竿燈見るならココ!

仙台七夕まつりの日程と楽しみ方。花火やイベント情報。

西馬音内盆踊り日程と見どころ。桟敷席、宿泊所情報。

八戸三社大祭の日程。山車のおすすめ鑑賞場所は?

盛岡さんさ踊りの日程とイベント時間。おすすめ宿泊所は?

 

弘前ねぷたは、早い時間に行くと間近でねぷたを観ることができたり、場合によってはねぷたの中がどうなっているのか見せてくれたりします。

 

従って、良い場所で観覧するためにも、ぜひ早い時間に現地入りすることをおすすめします。

 

また、特等席の有料観覧席も、早い時間であれば当日でもチケットを入手できる可能性がありますよ。

 

今年の夏はぜひ、勇壮かつ優美で迫力満点の、弘前ねぷた祭りを楽しんで下さいね!


Sponsored Link