季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

ヒノキ花粉症の症状と対策。時期はいつまで?スギとの違いは?

Sponsored Link

日本人の国民病と言われている花粉症

 

花粉症にかかっている患者さんは年々増加傾向で、今では日本人の25%~30%ともいわれています。

 

また厄介なことに花粉症の原因と言われているものには数種類ありますので、どれが原因で花粉症にかかっているのか調べて貰う必要があります。

 

今回はヒノキ花粉症について症状、治療方法について詳しく調べていきたいと思います。

・ヒノキ花粉症とは?症状は?
・ヒノキ花粉症の時期はいつからいつまで?
・ヒノキ花粉症の対策は?スギ花粉症との違いは?
・ヒノキ花粉症の治療方法は?
・ヒノキ花粉症が比較的少ない地域は?

 

Sponsored Link

ヒノキ花粉症とは?症状は?

ヒノキ 花粉

 

ヒノキ花粉症とは?

日本人の花粉症患者の中で、2番目に多い原因とされているのがヒノキの花粉です。

 

このヒノキの花粉が人の体の中に入って、異物と認められて追い出そうとするところから、花粉症の症状が出ると言われています。

 

ヒノキは現在植樹されている本数も多く、特に関西方面はスギの木よりもヒノキの木が多い地域とされています。

 

ヒノキ花粉症の症状は?

花粉症の症状といえばくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどがあり、ヒノキ花粉症もこれらの症状が出ます。

 

特徴的なのは、ヒノキ花粉症の人は特にのかゆみの症状が強く出るようです。

 

ヒノキ花粉症の時期はいつからいつまで?

ヒノキ花粉症 時期
ヒノキ花粉症の時期は3月~5月と言われています。

地域によっては早いところですと、2月からヒノキ花粉症の症状が出始める方もいるようです。

スギ花粉症の時期が少し落ち着いた辺りから、ヒノキ花粉症の症状が出始めるということです。

 

ところがヒノキ花粉症の症状を持っている方は、スギ花粉症もかかりやすいと言われています。

 

スギ花粉症の時期が1月~2月くらいから始まると言われているので、年が明け始めてからずっと花粉症に悩まされるという方が増えてきているのも現実です。

 

またヒノキが植樹されてから40年~60年辺りが、花粉の飛散が増えると言われています。

 

その年数がちょうどさしかかろうという時期に来ていると、まさにこれからがヒノキ花粉症の本番となりますので、花粉症にかかっている方にとっては辛い時期が始まります。

 


Sponsored Link

ヒノキ花粉症の対策は?スギ花粉症との違いは?

花粉症 対策

 

ヒノキの花粉症対策は?

花粉症は身体に花粉が入らないようにするのが大事です。

そのためには次のような対策が必要です。

 

マスクをする。

から花粉が入らないようにします。

 

鼻や口をしっかりと覆うのにフィットしサイズも豊富になったマスクが市販されています。

 

花粉対策用メガネ

から花粉が入らないようにします。

 

特にヒノキ花粉症は目への症状が強いと言われていますので、ゴーグルのように完全に防いでくれるものがよいでしょう。

 

帽子を着用する

髪の毛などに花粉が絡まるととても厄介です。

そこで帽子をかぶると髪の毛の付着が少なくなります。

 

うがいや手洗い目薬をする。

帰宅後は家の中に花粉を持ち込まないように、洋服などについた花粉をはたき落としてから家の中に入りましょう。

 

そしてうがいや洗い、洗顔などをして花粉をきれいに洗い流します。

特に目のケアとして洗い流した後目薬をつけると良いでしょう。

 

スギ花粉症との違いは?

アレルゲン 検査
スギ花粉症とヒノキ花粉症はじような症状が出ます。

 

そのなかでスギ花粉症はくしゃみに、ヒノキ花粉症は目のかゆみに症状が出やすいと言われています。

 

ですが自分でどの花粉がアレルゲンなのかを判断せずに、きちんと病院で検査をしてもらうようにしましょう。

 

ヒノキ花粉症の治療方法は?

花粉症 治療
現在花粉症に対しての市販薬もかなりの数が出ております。

 

くしゃみ・鼻水~抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬には、アレルギー症状が出てから対処するためのお薬として有効とされています。

 

また抗ヒスタミン薬には第一世代と第二世代があり、第一世代には眠気を催す成分が含まれていますので、車の運転などされる方は第二世代の抗ヒスタミン薬を飲むようにして下さい。

 

鼻水~抗アレルギー薬、点鼻薬

抗アレルギー薬 点鼻薬
抗アレルギー薬は、細胞からアレルギー反応であるヒスタミンなどが放出されるのを抑えたりしてくれます。

 

花粉が飛散する少し前から飲むようにすると、飛散時期が一番ひどいときには、症状が軽いようになるという予防の意味でも有効的のようです。

 

点鼻薬も鼻の通りを良くしてくれますので、鼻づまりからくる頭痛の軽減にも役立ちます。

 

目のかゆみ~点眼薬

点眼薬 有効
点眼薬にも抗ヒスタミン配合の点眼薬と、抗アレルギー成分が入った点眼薬などがあります。

自分にあった点眼薬を使用して下さい。

 

これらの薬が有効とされています。

しかし市販薬は、長期に渡って使用するには副作用の危険性があります。

 

一時的な対処には良いですが、やはり病院で検査を受け、医師の指示のもと薬の服用をするのが望ましいと思います。

 

ヒノキ花粉症が比較的少ない地域は?

日本 地域
それではヒノキ花粉症が少ない地域とはどのあたりになるのでしょう。

北海道と沖縄では、ほとんどヒノキの植樹はされていないようです。

一番ヒノキ花粉症の被害がない所と行っても良いでしょう。

 

次に東北の北部が少ないようです。

ヒノキは東北の福島県より南の方に、主に植樹をされていると言われています。

 

ヒノキ花粉症には早めの予防を!

花粉症 予防

 

【関連記事】
ブタクサ花粉症の症状と対策。季節や時期は?少ない地域は?
カモガヤ花粉症の症状と対策。時期や季節はいつ?食べ物は?
イネ科花粉症の症状と対策。時期はいつまで?注意する食べ物。
スギ花粉の時期はいつからいつまで?飛散状況やピークは?

 

毎年ヒノキ花粉症の患者さんが増えていく中、医療の面でも研究がされ続けています。

 

まだまだ対処療法が中心と言われていますが、それでも成果は上がってきているようです。

 

私たちは日頃の予防に気をつけて、少しでも軽い症状で日常を過ごすことができるようにしたいものです。

Sponsored Link