季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

雛人形の処分と供養について!時期や方法は?

3月3日といえば桃の節句、ひな祭り

 

年に一回の女の子をお祝いする、おめでたい日ですから、女の子のいるご家庭では楽しみなイベントのひとつですね。そしてひな祭りと言えば「雛人形」

 

子どもが小さいうちは毎年きちんと飾っているご家庭が多いと思いますが、

 

子どもが大きくなるにつれて飾らなくなってしまい、気付いたら押し入れなどの奥にしまったままになっている…。という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

雛人形を飾らなくなってしまったり、不用になってしまっても、処分の仕方が分からず手放せずにいる方も多いはず。

 

今回はそんなお悩みを解決するため、雛人形の処分方法について下記のようにまとめてみました!

 

・雛人形を処分する時期とは?
・雛人形を処分するにはどんな方法があるの?
・雛人形の供養はどうしたらいい?
・雛人形を処分する際に注意することはある?

 

Sponsored Link

雛人形を処分する時期とは?

「雛人形を処分したい。」そう思うきっかけや処分の時期とはいつなのでしょうか?

 

雛人形

 

雛人形を飾らなくなった

 

これは比較的多いきっかけかもしれません。確かに「飾らない=使わない」ですから、不用ということになりますね。

 

雛人形を飾る場所や保管場所がなくなった

 

これは物理的な事由によるものですが、飾りたくてもスペースがない、保管するためのスペースがないなど、住環境の中で無理が生じた場合は、処分が必要になってしまいますね。

 

 

結婚をして親元を離れる

 

人生の大きな節目である「結婚」。結婚をして幸せになったということは雛人形の役目は終わった。という処分の区切りにもなるようです。

 


Sponsored Link

雛人形を処分するにはどんな方法があるの?

雛人形 箱

 

雛人形を処分することにしたところで、次に気になるのが処分する方法ですよね。実際にどのような方法があるのでしょうか?

寺社で供養し処分する

雛人形 供養

 

これは多くの方が実際に行っている一般的な処分方法ですね。全国各地に「人形供養」を行っている寺社があるので、そこへ相談し供養して処分するという方法です。

 

実際に持ち込むほか、郵送で対応してくれるところもあるようです。費用面も寺社によって異なるので、問い合わせたときに確認したほうが良さそうですね。

 

寄付や譲渡で手放す

 

寄付というと、だいたい園や施設になると思います。保育園や幼稚園、児童養護施設、福祉施設などを近くのエリアで探してみるといいかもしれません。

 

また、海外への寄付活動を行っている団体でも受け付けてくれるところがあるようです。そして譲渡は、主に親戚や友人などへ譲ることが多いようですね。

 

 

オークションへの出品や買取で手放す

 

オークションは現代のインターネット社会を上手く使っての処分方法ですね。写真の撮り方や説明文章が上手だと買い手が現れやすいようです。

 

一方買取は、保存状態が良く小物など必要なものがすべて揃っていて、価値があるタイプのものだと値がつきやすいんだそうです。

 


Sponsored Link

雛人形の供養はどうしたらいい?

雛人形 供養

 

雛人形には、子どもの身代わりとして厄や災いを受けてくれる人形(ひとがた)の役割があります。

 

そんな雛人形を手放すときは「ありがとう」という感謝の気持ちを持ちたいですよね。それが「供養」になるのだと思います。しかし実際に「供養」とは、どのようにしたらいいのでしょうか?

 

寺社の人形供養

 

全国各地に人形供養を行っている寺社があるので、そこに持ち込む方法です。中には郵送で受け付けてくれるところもあるそうです。

 

費用が寺社によって異なるようなので、問い合わせの際は確認するようにしたいですね。

 

 

人形供養代行サービス

 

日本人形協会と日本郵政が提携して人形供養を代行してくれる、忙しい方にピッタリのサービスです。ゆうパックによる引取りは通年で行っていて、電話もしくはインターネットで申し込めます。

 

引取った人形は毎年10月頃に東京大神宮で行われる「人形感謝祭」で供養されるようです。ただ、大きさや重さに条件があるのでそこは注意が必要になりますね。

 

人形供養祭

 

全国各地で定期的に行われている「人形供養祭」。これに参加し、供養して処分するという方法。

 

ただし、あくまで人形のみでガラスケースなどは対象外となる場合が多いようなので注意が必要ですね。また、費用もあらかじめ確認しておいたほうが良いでしょう。

 

 

雛人形を処分する際に注意することはある?

雛人形を処分するときに注意しなければならないことはあるのでしょうか?

 

供養料

 

寺社により違いがあるようですので、必ず確認したほうが良いと思います。

 

送料や手数料

 

これは郵送の場合に多いですが、荷物の大きさや送り先の距離などで高くなってしまう場合があるので気を付けたいですね。

 

人形以外の小物やケースが対象外になるか

 

人形供養はあくまで人形のみの供養で、付属品の小物やガラスケースなどは対象外で処分できなかったり、別で費用が掛かったりする場合があります。きちんと処分できるよう確認するようにしたいですね。

 

事前申し込みが必要か

 

寺社によっては、事前申し込みが必要な場合があります。突然持ち込んで、受け付けられないとなると無駄足になってしまうので、確認はしておいたほうが良さそうですね。

 

雛人形 供養

出典:http://www.fujinuma.com/

 

【関連記事】
雛人形はいつまで(期間・年齢)飾るの?片付け方は?

関西でひな人形を飾る時期と並び(配置)について!処分や供養は?
いかがでしたか?一言で「処分」と言っても、その方法はいくつかあるのですね。無理にではなくて納得のできる方法で、ぜひ感謝の気持ちを込めて手放したいものです。

 

おうちに眠ってしまっている雛人形がある方は結構いるようです。人形にとって出番がないというのは、きっと悲しいことですよね。人形のためにもこの機会に手放す方法を考えてみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link