季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

ひな人形を飾る時期や場所の方角は?上手な飾り方や片付け方

女性ならば、昔から慣れ親しんでいるひな人形

子供の頃、母親がひな壇の設置をはじめるとワクワクされた方も多いかもしれません。

 

でも、子供の頃の自分はワクワク感でいっぱいで、ひな人形に深い意味を考えてなかった方が多いかもしれませんね。

 

ひな人形を飾る意味や時期と場所には、実はちゃんと理由があるようです(^-^)b

 

この記事ではひな人形の意味と飾り方、また、だらだらと飾りっぱなしにしがちな、ひな人形の片付ける時期や方法についてご紹介します。お送りする順番はこちら。

 

・ひな人形の飾る時期・片づける時期
・ひな人形を飾る場所と方角
・ひな人形の上手な片づけ方
・ひな祭りとは?ひな人形をなぜ飾るの?
・ひな人形は女の子を守る!

 

Sponsored Link

ひな人形の飾る時期・片づける時期

 

ひな人形は、節分の翌日(立春2月4日)から雨水の日(2月18日から20日あたり)までに飾ります。

 

雨水の日とは、雪が雨に変わり春が訪れる時期という意味を持ち、縁起がよいとされています。ひな祭りの前日に慌てて飾ることを「一夜飾り」といい、こちらは反対に縁起が悪いとされているようです。

 

由来は諸説ありますが、一例として「お葬式は一夜で終わる」ので、それと同じように一夜で終わらせることは、縁起が悪いという考えがあるのが理由のようですね。

 

 

ひな人形は“早く飾って早くしまうのがよい”とされていますので、しまう日も注意が必要です。

 

啓蟄の日(3月6日)頃がよいとされています。啓蟄とは、虫が冬眠から覚めて出てくる=春が訪れるという意味を持ちます。

 

春分(3月20日・21日頃)までを啓蟄と呼びますので、遅くてもその日までにはしまいましょう。

 

 


Sponsored Link

ひな人形を飾る場所と方角

雛人形

 

特に場所や方角は決められていないようですが、どうしても気になる方は、神棚と同じく南向きや東向きにしてみるとよいでしょう。一番は、家族みんなの目につく場所に置くのがよいですよね。

 

初節句で親族を集めてのお祝いをする場合は、せっかくですからお祝いをする部屋に飾るとよいでしょう。

 

長くきれいな状態でひな人形を保たせるために、部屋の環境に注意してください。湿気や結露・直射日光が当たる場所は避けたほうがよいですよ(^-^)b
お雛様の飾り方は?雛人形(七段・五段・三段)の並べ方

 


Sponsored Link

ひな人形の上手な片づけ方

akoamxhydn

 

天気が良く、空気の乾いた日に行います。筆や羽根はたきでほこりを落とします。

 

ここで注意したいのが、素手で触らないこと。変色してしまうこともあるそうなので、布手袋を着用しましょう。

 

 

続いて、人形が持っているものを外し、人形をティッシュや布で包みます。

 

最後に箱にいれ、人形用の防虫剤をいれます。防虫剤を使用してよいかは人形の取り扱い説明書などで確認してください。

 

極端な乾燥や湿気がなく、寒暖差の少ない場所に保管しましょう。長くきれいな状態を保つためには、正しく片づけるのがベストです。
雛人形はいつまで(期間・年齢)飾るの?片付け方は?

 

ひな祭りとは?

出典:soraouji.com

出典:soraouji.com

 

ひな祭りとは、両親や祖父母・親戚・仲人などが集まり、ちらし寿司や蛤のお吸い物をいただきながら、女の子の健やかな成長を祈願する伝統的行事です。

 

今では簡素化され、ひな人形を飾り食事をしてお祝いをする程度となっていますが、大昔にはもっと深い意味がある行事でした。
ひな祭りの意味や由来は?食べ物・歌詞・ひな人形について

 

ひな人形はなぜ飾るの?

fff8ca4522390cd29099c3a3eff9c0dc

 

昔の人々は、人形は人間の代わりに災難をうけてくれるものと考えていました。

 

紙で作った人形で体をこすり、病気や邪気を人形にうつして川に流す「流しびな」という行事があったのです。それとは別に、小さな子が人形で遊ぶ「ひいな遊び」という遊びがありました。

 

流し雛

 

やがて二つの人形が結びついて、ひな人形の原型ができ、技術の発達から立派になったひな人形を流すのではなく、家に飾るようになりました。

 

ひな人形を飾り、女の子が健やかに成長することを願うようになったというわけですね。

 

ひな人形は女の子を守る!

雛人形

 

いかがでしたか?ひな人形にはとても重要な役割がありましたね。

 

女の子が健やかに成長するように代わりに災難を担ってくれるひな人形ですから、家族みんなが目に届く場所で明るいお祝いをしたいですよね。

 

早く飾ると早く嫁に出す・早く片づけると早く嫁に行く(片付く)、という言い伝えは今でもあるそうです。

 

ひな人形を飾る時期・しまう時期にもちゃんとした意味があります。“早く飾って早くしまうのがよい”これを実践していきましょう!

 

【関連記事】

初節句で女の子へのお祝いの料理や金額は?お返しの品物は?

 

女の子の初節句であるひな祭り。上記の記事では、お祝いする料理や金額、お返しの品物などについてまとめています。こちらも合わせてお読みください。


Sponsored Link