季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

雛人形はいつまで(期間・年齢)飾るの?片付け方は?

女の子のお子さんがいる方は3月になると祭りがあります。

 

当日の料理やご両親をお招きする用意などいろいろとやることがありますよね。

 

もちろん、メインの飾りの雛人形の準備もあります。

 

そもそも、雛人形はいつまで飾るのか、そのあとの片付けはどうしたらいいのか。

 

準備や片付けで手間取らないように事前に確認しておきましょう。

 

・雛人形を飾る期間は?
・雛人形を飾るのは何歳まで?
・雛人形の片付け方は?
・雛人形の処分方法は?

 

Sponsored Link

雛人形を飾る期間は?

雛人形 3月3日
雛人形を3月3日を過ぎていつまでも飾ると婚期が遅れる、なんてよく聞きますよね。

 

ところが実際はそんなことは全く関係ありません。

なぜ、いつまでも飾ると婚期が遅くなると言われるようになったのかというと、子供に出したものはすぐしまう、という躾(しつけ)の一環でそのように言われてきたようです。

 

いつまでも飾っておいてきちんと片付けができないと、お嫁さんには行けませんよ、という親からのメッセージですね。

 

他にも早く片付く、ということで早くお嫁に行く、という掛詞であったとも言われています。

では、雛人形は3日のお祭りが終わったらすぐに片づけなければいけないのか?

というところですが、決まりはありません。

 

いつまでも飾ると婚期が遅れるなど、そういわれていることに対して気にする人は早いうちに片づけた方がすっきりするかもしれませんね。

 

ですが、そもそも雛祭りは旧暦に直すと3月30日前後になります。

 

地域によって4月まで雛人形を飾っているところもあり、必ずいつまでにしまわなければならないというわけではありません。

 

雛人形を飾るのは何歳まで?

雛人形 女児
雛祭りは女児のすこやかな成長を祈る行事であり、厄除けとして雛人形を飾るようになったものです。

 

なので、こちらも何歳までは飾る、と決められていません。

 

人形だからいつまでも飾っておくと子供っぽいのかな?

と思われる方もいるかもしれませんが、お子さんが嫌がらない限り飾ってあげるとよいかもしれませんね。

 

やはり親としてはいつまでも子のためには何かしてあげたいものですよね。

 


Sponsored Link

雛人形の片付け方は?

雛祭り 雛人形
さて、雛人形の片づけ方ですが、まずはれた日に片づけた方が湿気が無くてよいでしょう。

 

雨の日などの湿気が多い日に片づけてしまうと、雛人形に使われている布地に湿気を含ませたまま片付けることになってしまい、カビやシミができてしまう原因になります。

 

片付けの際には埃も払っておきましょうね。

 

顔や手足は直接触れると皮脂がついてシミになってしまう可能性がるあるため、必ず手袋を着用して作業をしましょう。

 

羽根バタキで優しく埃を払い、細かいところは筆などを使って掃除した方が作業しやすいでしょう。

 

また、虫よけに防虫剤を一緒に保管する場合は量は少なめにした方が良いでしょう。

 

量が多い方が防虫できる!

と思って大量に入れてしまうと、防虫剤に使用されている薬剤が気化した時に、雛人形の衣類に付着し固化して布地を痛めてしまう事になりかねません。

 

また、手や顔の材質がプラスチックが使われていたり、胴体に発泡スチロールが使われている場合は薬剤が雛人形を溶かして変形させてしまったり、腐食させてしまうので防虫剤の使用は避けましょう。

 

雛人形の処分方法は?

ひなまつり 雛人形
もう飾らなくなったから、と雛人形を処分しようと思っても、普通に粗大ごみで処分するのや不用品業者で処分してもらうのは気が引けますよね。

 

また、人形には魂が宿るといわれていますし、厄除けとして飾っておいた人形を不用品という意形で処分するのはなんだか落ち着かないですよね。

 

一番気兼ねなくできる方法は、親せきや友人など、身近に譲れる人がいないか声をかけてみるのがよいでしょう。

 

もし身近に見当たらなければ、地域の広報チラシやジモティーなどのサイトを使って譲渡を募集してみるのもおすすめです。

 

譲り渡す人もいなく、売却するのも気が引ける、わざわざ探すのが面倒くさいという場合は神社やお寺で供養してもらいましょう。

 

相場は3,000~10,000円とサイズによって異なるようですが、郵送や随時受付しているところもあるのでなかなか時間が取れない人でも処分しやすいですね。

 

ただ、中には雛人形はサイズが大きいから受け付けていない、ということ頃もあるので事前の電話ではしっかりと確認しましょう。

 

雛人形の種類

お雛様 お内裏様

 

【関連記事】

雛人形の処分と供養について!時期や方法は?

ひな人形を飾る時期や場所の方角は?上手な飾り方や片付け方

関西でひな人形を飾る時期と並び(配置)について!処分や供養は?

桃の節句の意味と由来。食べ物や飾りは?英語で言うと?

 

パッとイメージする雛人形の形って、お雛様とお内裏様がいて、その下に三人寛女、五人囃子いて…と、なかなか大きなサイズになります。

 

人数や飾りが多く立派に見えるかもしれませんが、実際に置くとなるとスペースをとってしまいますよね。

 

最近では小さなサイズの雛人形も人気があり、卓上サイズのものもあります。

 

価格は20,000~40,000円程度でも可愛らしいものがあるので、まだ雛人形を買っていない、という方はぜひそちらも調べてみてはいかがでしょうか。