季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

雛人形はいつまで(期間・年齢)飾るの?片付け方は?

3月3日は桃の節句、ひな祭り。女の子のお祝いの日として親しまれていますね。そして、ひな祭りと言えばやっぱり雛人形

 

年に一度の催し物ということもあり、せっかく飾るならできるだけ長い期間楽しみたい!!だけどどのくらいの期間飾っておいていいものなの?という疑問をもったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

また、雛人形自体それなりに高価なものなので大切に扱いたい、傷まないようにきちんと片付けたい、と思う方も多いはず。

 

今回はそんなお悩みを解消するため、雛人形を飾る期間はいつからいつまでがいいのか、どのように片付けたら良いのかをまとめてみました。

 

・雛人形を飾る期間はいつから?
・雛人形はいつまで(何歳まで)飾るの?
・雛人形はいつまでに片付ける?片付け方のポイントは?
・雛人形が不用になったときの処分方法したらいい?

 

上記のテーマに沿って書いていきたいと思います。

 

Sponsored Link

雛人形を飾る期間はいつから?

ひなあられ

 

女の子がいるご家庭では3月3日が近付くにつれて、ひな祭りに向けて様々な準備がはじまると思います。

 

そんなとき気になるのが、雛人形を飾るタイミング。いつごろから飾るのが良いのでしょうか?

 

答えは、立春(2月4日)頃から2月24日頃まで。

 

雛人形

 

2月3日の節分で豆まきをして、厄を払い清めたところで雛人形を飾るということのようです。確かに縁起が良いですね。

 

でも「え!立春(2月4日)ってちょっと早すぎない?もうちょっとゆっくりがいいな…。」という方もいらっしゃいますよね?

 

そんな方におすすめなのが「雨水の日」。雨水の日は「雪が雨になり氷が水に変わり春を迎えますよ」という節目の日なのです。

 

この日に雛人形を飾ると「良縁に恵まれる」と言われています。こちらも縁起が良いですね。

 

 

とはいえ、お仕事などの都合もあるかと思います。

 

遅くとも3月3日のひな祭りの1週間前(2月24日)までに飾るのが良いと言われていますので、ご家庭の都合に合わせて楽しみながら準備するのが一番ですね。

 

しかし、ここで1つだけ注意点があります。地域によって旧暦でお祝いするなど時期が異なることがあるので、地域の習慣は確認しておくようにしてくださいね。

関西のひな祭り常識をチェック!雛人形の扱いはどうしてる?

関西でひな人形を飾る時期と並び(配置)について!処分や供養は?

 


Sponsored Link

雛人形はいつまで(何歳まで)飾るの?

 

子どもが小さいうちは、子どもが雛人形に興味を持つということもあり、毎年きちんと飾ることが多いです。

 

しかし、子どもが大きくなるにつれて、いつの間にか飾らなくなった。なんていうご家庭も多いのではないでしょうか?

 

実際のところ、雛人形はいつまで(何歳まで)飾るのが良いのでしょうか?

 

その答えはなんと「何歳まででも飾る」です。いつまででもいいんですね!

 

 

雛人形には、厄災を人に代わって引き受ける人形(ひとがた)の役割があります。子どもの厄払いとして身代わりになってくれる人形なのです。

 

そのためいつまで何歳までというより、何歳まででも飾るのが良いということのようですね。

 


Sponsored Link

雛人形はいつまでに片付ける?片付け方のポイントは?

梅

 

3月3日のひな祭りを無事に終えると、今度は気になるのが雛人形を片付けるタイミング。いつごろ片付けるのが良いのでしょうか?

 

目安がだいたい2週間で、3月中旬頃までに片付けるのが良いようです。しかしこちらも飾るとき同様、旧暦でお祝いする地方は時期が異なることがあるので、注意してくださいね。

 

 

また、雛人形を出したままにしておくと婚期が遅れるという言い伝えを耳にすることもありますが、これは子どもに「後片付けは早くするもの」という習慣を教えるためという説もあります。

 

実際に婚期が遅れる明確な根拠はないようですので、片付けられるときに片付けるということでいいでしょう。

 

そして、片付けるときに注意したいのが「天気のいい日」を選ぶということです。その理由は、晴れている日は湿度が低いから。

 

絹の使用量が多い雛人形にとって湿気は大敵なのです。湿気によって人形が傷んでしまわないよう、天気が悪い日は避けたほうが無難ですね。

 

雛人形

 

片付けるときのポイントはこちら。

 

・ほぐれた筆や毛ばたきを使って埃をしっかり払う

・お人形の顔と手に素手で直接触らない

・ティッシュペーパーや和紙などの柔らかい紙でやさしく包む

 

デリケートな素材で作られていて小物もたくさんあるので、失くしたり壊れたりしないよう丁寧に収納しましょう。防虫剤を入れる際は、お人形用の防虫剤を使用するといいでしょう。

 

また、収納場所も、直射日光が当たらず風通しが良く、寒暖差の少ない場所を選ぶようにしたいですね。

 

雛人形が不用になったときの処分方法したらいい?

ひな壇

 

様々な事情で雛人形が不用になることもあるかと思います。縁起物ですし、人形には魂が宿るとも言われていますので、ゴミとして捨てるのはなんとなく気が引けてしまいますよね。

 

そんな時はどのように処分したら良いのでしょうか?

 

お人形を手放す方法はいくつかあります。

 

・人形供養をする

・施設や園に寄付をする

・親戚や友人に譲る

・ネットオークションで売る

・不用品回収業者に依頼する

 

一般的には人形供養で処分することが多いようです。

 

人形供養を行っている神社やお寺に直接持ち込んだり、日本人形協会と日本郵政が提携して行っている人形供養代行サービスを使ったり、ビッグひな祭りなどのイベントに出したり、という方法があるようです。

 

子どもが生まれた時から身代わりとなってくれた雛人形。「さようなら」ではなく「ありがとう」という感謝の気持ちを持って、気持ちよく手放すのが一番ですね。

 

桃の花

 

【関連記事】

雛人形の処分と供養について!時期や方法は?

ひな人形を飾る時期や場所の方角は?上手な飾り方や片付け方

関西でひな人形を飾る時期と並び(配置)について!処分や供養は?

 

いかがでしたでしょうか?雛人形はいつまで飾るのか迷っていた方も多いと思います。

 

飾る期間にもきちんと意味があったのですね。

 

またそれを知ることで、より一層ひな祭りを楽しく過ごすことができそうですね。片付け方のポイントを押さえて、ぜひ毎年綺麗な状態で楽しみたいものです。

 

子どもの幸せを願ってお祝いしながら、子どもの世代にも伝えていけたらいいですね。どうぞ今年も素敵なひな祭りをお過ごしください♪


Sponsored Link