季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

ひな祭りの歌詞の意味や替え歌が実は怖い!英語にすると?

誰もが知っているひな祭りの童謡

こどものころに口ずさんだ経験があるかもしれませんね。

 

この歌の歌詞が、「実は怖い意味だった」という説があるのをご存知でしょうか。歌詞には作者の秘められた思いや、悲しい歴史が込められていると言われています。

 

替え歌や、英語などの外国語でも歌われ、広く世の中に浸透しているひな祭りの歌。一見和やかで楽しいひな祭りの歌ですが、いったいどんな意味があるのでしょうか?

 

今日は、本当は怖い?ひな祭りの歌について迫ってみます。下記のテーマに沿って書いていきたいと思います。

 

・ひな祭りの歌はどんな歌?
・ひな祭りの歌詞とサトウ・ハチローの姉との関係について
・ひな祭りの歌詞でお内裏(だいり)さまの意味は?
・ひな祭りの歌詞はうっかりミスだった?
・ひな祭りの歌詞は身代わりの女の子の話?

 

Sponsored Link

ひな祭りってどんな歌?

 

まずは童謡のひな祭りについて説明しましょう。この歌はサトウ・ハチローが作詞を担当し、河村光陽が作曲をしました。正式な曲名はうれしいひな祭りです。

 

ひな祭りが来て嬉しいなというタイトルに思えますが、曲調は物悲しい童謡であり、どことなく哀愁が漂う印象がつきまといます。

 

一番の歌詞の最後、“今日は楽しいひな祭り”も、曲の部分を聞いてみるとその切ないメロディーが内容とかけはなれているように思えますね。 

 

この歌は、一般的にひな祭りが来た喜びや、お雛様の役割を説明するような意味があります。ですが、実は悲しい事情が歌詞に隠されていたのです。

 


Sponsored Link

ひな祭りの歌詞とサトウ・ハチローの姉との関係について

雛人形

 

うれしいひな祭りを作詞したサトウ・ハチローが、娘に雛人形を贈った際に作ったと言われるこの童謡ですが、こどもに贈るだけではなく、彼の家族事情も歌詞には込められていました。

 

彼には姉がいましたが、18才頃結核で亡くなっています。

 

うれしいひな祭りの歌詞の、二番のこのフレーズに注目して下さい。 

お嫁にいらした姉様に、よく似た官女の白い顔

 そう、お嫁にいらした姉様とは彼の姉のことなのです。

 

三人官女

 

彼の姉は、結婚が決まってすぐに結核にかかり亡くなってしまっています。お嫁にいらした姉様とは、まさに彼の姉のことなのですね。 

 

そう考えると、なぜその姉様に似た官女の顔が白いのか、怖い想像がめぐります。白い顔は、果たしてなぜ白なのでしょうか。

 

おしろいを目一杯はたいていたからなのか、それともこの世のものではないために真っ白だったのかもしれません。 

 

サトウ氏はこの歌に姉を登場させることにより、姉に手向けるレクイエムにしたのだとも言われています。自らの気持ちを整理する上でも、歌に登場させることは自然なことだったのかもしれませんね。

 


Sponsored Link

ひな祭りの歌詞でお内裏(だいり)さまの意味は?

お内裏さま
1935年に作られた曲ということもあり、うれしいひな祭りの歌詞の中には、現代ではほとんど使われないものもたくさんあります。

 

たとえばこのお内裏さまがそうでしょう。現在ではお雛さまの話をするときにしか使いません。

 

お内裏さまの本当の意味とは?

多くの人が男雛を思い浮かべるかもしれませんが、実はそれは違います。お内裏さまとは男雛と女雛のペアの事をさして呼ぶ名称です。

 

出典:matome.naver.jp

出典:matome.naver.jp

 

つまり、「お内裏さまを出さないと」、といった場合は、“二体の人形を出さないと”、という意味になるわけですね。

 

ここで、何かおかしいという事に気が付かれましたでしょうか?そうです、歌の中にちぐはぐなところがでてきてしまうのです。

 

少し歌詞を読んでみましょう。 二番の歌詞に注目して下さい。

 

お内裏さまとお雛さま

二人ならんですまし顔

嫁にいらした姉様に

よく似た官女の白い顔

 

おかしいですよね。お内裏様とお雛さまがいるというのに、“二人”と明記されているんです。どうして“三人ではなく二人”と言われたのか。

 

 

それは、お嫁にいく前に結核で亡くなってしまったお姉さんが、結婚するはずだった旦那さんの結婚式に一緒にきていたのでしょう。亡くなっているのですから、一人とは数えられません。

 

幽霊の姿が見えない新郎新婦は、結婚式ですからすまし顔でいたことでしょう。一方のお姉さんもすまし顔で二人の横に座っていたとしたら…。 

 

また、いるはずがない姉そっくりの白い顔をした官女が、その祝の宴席にいたのかもしれません。

 

ひな祭りの歌詞はうっかりミスだった?

 

そんな怖い歌だったのか!と思う方もいると思いますが、少し聞いて欲しい話があります。

 

実は、サトウ氏はこの歌を聞くのがあまり好きではありませんでした。

 

彼が作詞をした曲の中で最も売れた歌であり、国民に広く浸透し愛された歌であるにもかかわらず、彼はこの歌を聞きたがらなかったというのです。 

 

その理由と言われているのが言葉の間違いです。彼はこの歌の中で二つのうっかりミスをしてしまっていました。その二つのミスとは?

 

右大臣

歌詞の三番には“あかいお顔の右大臣”とあります。ここで、お雛さまセットをよくみてみましょう。

 

左大臣と右大臣を並べてみてください。どちらが赤ら顔に見えるでしょうか?

 

右大臣 左大臣

出典:http://blog.map.yahoo.co.jp/

 

とっさに聞かれた時に、これ!と指差すのは誰もが左大臣の方です。そう、赤ら顔に見えるように作られているのは左大臣の方なのです。

 

なぜこういう間違いになったかというと、自分から見て右側が右大臣だと思ったからともいわれています。自分から見て右側は“左大臣”になります。 

 

これが第一の間違い。ではもう一つはなんでしょうか?

 

お内裏さま

お内裏様

 

二つ目の間違いはお内裏さまです。

 

お内裏さまは男雛の方を指した呼び名であると、作詞当時は勘違いをしてしまったのでしょう。結局この間違いは訂正されぬまま世に浸透し、現在へと至ります。

 

国民的な歌なので、行事と関連付けられており、毎年時期が来るとテレビなどで流れます。そのたびにうっかりミスが日本中から聞こえてくるというのは、確かに恥ずかしく感じるかもしれませんね。

 

ひな祭りの歌詞は身代わりの女の子の話?

怖い歌じゃないんだと思うかもしれませんが、実はもうひとつ、恐ろしい解釈の仕方があるのです。

 

現在でも日本各地で行われている伝統的行事の一つに“流し雛”というものがあります。そして、これこそがひな祭りの原型となった行事といわれています。

 

出典:matome.naver.jp

出典:matome.naver.jp

 

使われる人形の種類や乗せる船などに違いはありますが、概ね一緒であるのが人形を船に乗せて川や海に流すという事です。

 

自分や子供についた厄を流し雛に持って行ってもらう、という意味のある行事のようです。 

 

縁起の良いお祭りのように思えますが、実際はそんなにニコニコ笑いながらできるようなものではありませんでした。その昔はお人形ではなく、実際に人を使っていたというのです。 

 

身代わりの人間を流して、無病息災を祈願していたのです。もちろん流す際には美しい着物を着させられます。

 

出典:www.ichiyomi.co.jp

出典:www.ichiyomi.co.jp

 

それをふまえて、うれしいひな祭りの最後のフレーズを聞いてみましょう。

 

着物を着替えて帯締めて

今日は私も晴れ姿

春の弥生のこのよき日

何よりうれしいひな祭り

 

これから身代わりとなる女の子が、準備をしている姿が頭に浮かんできますね。なんとも物悲しいイメージが伝わってきます。

 

海外でも歌われていたうれしいひな祭り

 

海外で歌われている有名なものをひとつ紹介しましょう。メキシコで大ヒットした歌『悲しいみなしごです。

 

この曲は、うれしいひな祭りのカバーソングとして作られたという背景があります。その為、メロディーはまったく同じです。 

 

歌詞は英語ではなく全編スペイン語で歌われています。どこか聞き覚えがあるようなないような、不思議な気持ちになるでしょう。ぜひ一度聞いてみてください。

 

 

悲しいみなしごは、悲壮なタイトルですが歌詞の内容はクリスマスソングです。みなしごが恵んでもらったクリスマスプレゼントを喜ぶ、という意味の歌になっています。英語での替え歌のようなものでしょう。

 

日本のひな祭りと違って、直接的な悲しさが感じられますね。曲調の切なさも相まって、さらに悲壮感がアップしているような気もします。

 

雛人形

 

【関連記事】

ひな祭りの意味や由来は?食べ物・歌詞・ひな人形について

雛人形の飾り方が関東と関西で違う理由は?関東雛・京雛並べ方

 

誰もが知る童謡として知られていたうれしいひな祭りでしたが、思った以上に色々な事が隠されていました。

 

子供の頃は、物騒な歌詞の替え歌にして歌ったり、慣れ親しんできたことと思います。この記事で書いたことを踏まえた上で、もう一度口ずさんでみると、子供の頃とはまた違う気持ちになることでしょう。

 

ひな祭りの歌詞の意味については諸説あるので、本当のところは分かりません。

 

しかし、そのしんみりとしたメロディーと、どことなく悲しさを感じる歌詞は、ひな祭りという行事にはさまざまな“思いや意味合い”が込められていると、改めて感じることができますね。


Sponsored Link